憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

ミラノ&ベニス一人旅③<写真は上は「ェマニエーレ2世のガッレリア」、中は「ホテルの窓からの「ドゥオモの尖塔の金箔のマドンニーナ像」下はドゥオモ美術館のオリジナルの「マドンニーナ像」

d0049909_19120063.jpg
d0049909_19094828.jpg
d0049909_19145726.jpg
ミラノ&ヴェネツィア一人旅③< ドゥオモを中から、外から、屋根の上から、じっくり見てきました!地下鉄のドゥオモ駅から、ミラノ中央駅へ行き、ヴェネツィア・サンタルチア駅までの往復切符を買った!>

2018年12月31日、6時起床。

6時30分から朝食。

7時から、ガイド(古田由美さん)が迎えに来てくれる9時まで、ドゥオモとホテルの回るを歩く。

 ホテルのすぐ前には、トラムの駅があり、2路線走っていた。時間があれば、是非乗りたいと思ったのだが、今回のメーンの目的は、ヴェネツィアを探索することに合った。

 8時前から、ドゥオモの入場口は人が長蛇の列を作っていた。昨日も7時からの朝の散歩でみた光景が、今日も同じく光景だ。

 今日はガイドさんと一緒に、ドゥオモの中に入り、それからエレベーターで屋上に上がり、屋根の上からミラノ市内を一望する予定だが、入るまでに時間がかかりそうだ、と心配になった。

 とりあえず、9時の迎えが来るまでの時間、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアに入った。いろいろな店があったが、ミラノへ来た自分お記念に、財布とネクタイを買っていきたかった。財布の店は有っても、気に入ったものがなかったが、ネクタイは濃い黄色の斜め縞の入ったものが気に入ったので、40ユーロで一本買ってきた。そのガッレリアの突き当りに、スカラ座の広場があり、その中央にレオナルド・ダ・ヴィンチのバカでかい銅像があった。

 ホテルへ帰って、ややあって、古田由美さんと車とドライバーが来た。

 急ぎ、ドゥオモへ。

 入場の為に早朝から待つ、長蛇の列をを後目に、ガイドさんが整理・案内係に声をかけると、別の入り口に案内され、そのまますぐにドゥオモの大聖堂の中へ入れた。ほとんど貸切状態で、柱、天井、窓、下がる絵、十分に見て退場。そして、屋上行きのエレベーターの入れぐちへ。ここも、先に並んでいる人を後目に、ガイドさんの顔というか、旅行会社の力といおうか、すぐにエレベーターに乗って「ドゥオモの屋根へ」。

 陸屋根でなく、瓦の代わりに1メートル四方もある大理石が敷いてあった。高い所からは、教会のステンドガラスが見て取れた。

 また、屋の根一番高い所から、金箔のマリア像をいることができた。ガイドさんに金箔のマリア像の大きさを尋ねられ、当てずっぽうに4Mと言ったら、ほぼ正解だった。

 ドゥオモの屋根をおりて、ドゥオモ美術館へ。そこでマドリーナ像の金箔のオリジナルを見た。記念写真を金箔のマリア像といっしょにパチリ。

ドゥオモの感動を持ったまま、地下鉄でミラノ中央駅へ。明日一日の自由時間を使って、ミラノ中央駅からヴェネツイアのサンタルチア駅までの往復切符をガイドさんに買ってもらい、まったくのヴェネツィア一人旅を決行することにした。ために、駅の切符売り場で切符を買ってもらう時、普通とエグゼクテブどちらにするかと問われて、思い切ってエグゼクテブにすることにした。片道114ユーロ。現金で自動販売機では買えない、クレジットカードでないとだめとのこと。日本ではクレジットカードは仕事上の銀行支払だけにしかつかっていなかった。暗唱番号を聞かれて、たぶんの数字を打ちこんだらOKだった。

 そして、電車の発車ボードの見方をガイドに教えてもらい。明日の準備を整えて、ホテルまで同行してもらい。本日の日程は終了。


トラックバックURL : https://sasakitosi.exblog.jp/tb/27396333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2019-01-14 19:28 | ミラノ&ベニス一人旅 | Trackback