憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

言葉の重さ<「原発事故はアンダーコントロールにある!平和の為の集団的自衛権行使、日米同盟強化!妻や自分が森友問題に関係していたら総理も国会議員も止める!」・・安倍首相の歴史的迷言????>

4月24日付東京新聞朝刊25面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、ルポライター・鎌田慧氏だ。

 今日は、この筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「「原発はアンダーコントロールにある」「平和の為の集団的自衛権の行使、日米同盟の強化」「妻や自分が森友問題に関係していたら総理も国会議員も辞める」

 この三つは、安倍首相の歴史的発言である。

 将来「平成の三大迷言」として、安倍首相の記憶とともに思い起こされるだろう。」と切り出した。

 続けて筆者は、「最初の原発に関する発言は、本人の原発に関する無知が側近の経産省出身官僚たちに利用されたと同情できないこともない。東京オリンピック開会式に首相でいたい欲望の表れだったとしても逃げ遅れた被災者の今後の健康を考えれば罪が深い。

 二つ目、安倍内閣が独善的に決めた集団的自衛権の行使容認は、「専守防衛」で厳しく規制されている自衛隊を、アメリカ政府の圧力に屈服して、「自衛隊」から「米衛隊」に転換させた。

 安倍首相はことあるごとに「日米同盟一体化」を唱え、日本を米軍需産業の巨大な消費市場にした。米資系首相と言っても過言ではない。

 三つ目。これは夫婦の事情だが、取り巻きの学校を立てさせた便宜供与の疑いは、公務員の公文書改ざんまで引き起こした。「行政の責任者」の道義的責任は大きい。」と指摘した。

 最後に筆者は、「「李下に冠を正さず」権力者の節制である。

 「腹心の友・加計氏」や「ドナルド/シンゾウ」と呼び交わしてゴルフに興じながら,なにを頼まれたか。証人喚問に値しよう。」として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 「原発事故はアンダーコントロールにある」との安倍総理の発言は、映像と共にはっきり思い出せる。真っ赤なうそを世界に向かって発信出来る「無恥厚顔」ぶりに驚いた!強烈な印象だった。

 「妻や自分が森友問題に関与していたら総理も国会議員も辞める」と発言しておきながら、便宜供与の疑い、公務員の公文書改ざん問題まで起きている「現実」を前にして、全く責任を感じていない風な「安倍総理」って、なんだ!という気がしてならない。


[PR]
トラックバックURL : https://sasakitosi.exblog.jp/tb/26705163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2018-04-25 06:42 | 東京新聞を読んで | Trackback