憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

泥船内閣<トランプ米政権のシリアへのミサイル攻撃まで支持した安倍首相!?渡米中は、リゾート地でゴルフ三昧とか??しかし、支持率は急落して26.7%(NNN調べ)!?まだ、そんなにあるの??>

 4月17日付東京新聞朝刊25面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、ルポライター・鎌田慧氏だ。

 今日は、この筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「トランプ米政権のシリアへのミサイル攻撃まで支持した安倍首相。渡米中は、リゾート地でゴルフ三昧とか。

 しかし、支持率は急落している26.7%(NNN調べ)。尻に火がついている状態で、命運尽きようとしている。」と切り出した。

 続けて筆者は、「加計問題。「首相の説明に信憑性がない」が66%。ウソつき、改竄首相として歴史に記憶されよう。

 共同通信の世論調査でも、女性の回答は「首相が信頼できない」が61.7%。泥船内閣である。

 自浄能力を欠いた政権党の危機は深まっている。

 妻が名誉校長を務めていた小学校が、ただ同然で国有地を入手。「腹心の友」が経営する大学が1校だけ、50年ぶりに認可された獣医学部の受け皿になった。それらに関する公文書は、改竄隠蔽。安倍首相は「ウミを出し切る」と官僚に責任を押し付けて、まるで他人ごとだが、ウミの発生源は本人自身なのだ。」と指摘した。

 最後に筆者は、「この驚天動地の二つの不祥事件は、安倍首相が首相でなかったら、発生していなかったのは自明の理である。

 まったく自省の足りない首相は取り巻きを引き立て、韓国の大統領のように行政をねじ曲げた。

 この汚れた両手で、世界に誇れる平和憲法が絞殺されるのは、あまりにも不幸だ。

 防衛予算は過去最高、増額した分は押し付けられた米製兵器の輸入に回される。

 この国はどこへ向かうのか、私たちの理知と怒りがまだ足りない。」として締めくくった。

 「加計問題。「首相説明に信憑性がない」が66%」とのこと、

 「共同通信の世論調査でも、女性の回答は「首相が信頼できない」が61.7%」とのこと、

 「安倍首相は「ウミを出し切る」と官僚に責任を押し付けて、まるで他人ごとだが、ウミの発生源は本人自身なのだ」との指摘、

 「まったく自省のたりない首相は取り巻きを引き立て、韓国の大統領のように行政をねじ曲げた」との指摘、

 「防衛費は過去最高、増額した分は押し付けられた米製兵器の輸入に回される」との指摘、等々はよく理解でき納得した。

 筆者は「私たちの理知と怒りがまだ足りない」と指摘する。たしかに、内閣や官僚の「居直り」を厳しくただす「システム作りの理知」が足りないかもしれないし、内閣や官僚の「居直りに対する怒り」が足りないのかもしれない。これも、社会の老化現象の表れか?
 今日の東京新聞朝刊25面で、16日夜、三等空佐が小西参議院議員に「お前は国民の敵だ」罵声を浴びせたとの記事を見て、驚いた。またその記事中で、陸自中央の左官の発言として「日報の探索の指示が不明確だったり、時間がない中で探索に追われている。隠蔽と言われ続けることに怒りをずっと感じている」が報じられた。
 自衛隊内で「怒り」がたまっていることを初めて知った。  しかもその矛先が「安倍内閣」でなく「野党の国会議員」に向かったことに違和感を感じた。  

 


[PR]
トラックバックURL : https://sasakitosi.exblog.jp/tb/26672022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2018-04-18 07:04 | 東京新聞を読んで | Trackback