憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

同じ日本人 <杉原千畝氏も、サーロー節子氏も、斉藤美奈子氏も、みんなみんな私たち「日本人」の誇りです!>

 1月17日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という欄がある。

 筆者は、文芸評論家・斉藤美奈子氏だ。

 今日は、この筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「14日、杉浦千畝を顕彰するリトアニアの「杉原記念館」を訪れた安倍首相は「杉原氏の勇気ある人道的な行動は世界中から高く評価されている。同じ日本人として誇りに思う」と語った。」と切り出した。

 続けて筆者は、「なんだかなあ。杉原は「日本人」の立場を超えた国際人として行動した点が評価されているわけでしょ。それを自国の手柄みたいにいう?

 一方、政府は来日中の「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のベアトリス・フィン事務局長と首相との面会を断った。

 これまた、なんだかなあ、である。

 昨年、ICANがノーベル平和賞を受賞した際にも無視した安倍首相。

 そんなに「日本人」が好きなら、平和賞の演説を行ったサーロー節子氏や核廃絶運動を闘ってきた被爆者も「同じ日本人として誇りに思う」とコメントすればよかったのに。

 ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏には「長崎市のご出身で」「日本にもたくさんのファンがいます」と祝辞を嬉々として出したくせに。」と指摘した。

 最後に筆者は、「自分に好都合な人物や事象は「民族の誇り」に矮小化し、不都合な人物や事象はあからさまに退ける。

 中華思想っていうんですか。

 どちらも国際的な評価に耳を塞いでいる点では変わらない。

 そのうえ、慰安婦問題でこじれていることを理由に平昌五輪への出席を見送る?

 この人とは「同じ日本人」でいたくないよ。」として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 「14日、杉浦千畝を顕彰するリトアニアの「杉原記念館」を訪れた安倍首相は「杉原氏の勇気ある人道的な行動は世界中で高く評価されている。同じ日本人として誇りに思う」と語った」とのこと、 

 「一方、政府は来日中の「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のベアトリス・フィン事務局長と首相との面会を断った。」とのこと、等等に筆者は「なんだかなあ」と嘆いている。

 「自分に好都合な人物や事象は「民族の誇り」に矮小化し、不都合な人物や事象はあからさまに退ける。中華思想っていうんですか。」と指摘した。確かに、中華思想って気楽かもしれないが、社会的に高い地位にある人が自己中心の中華思想であることは、「日本人」の一人として、恥ずかしい気がする。


[PR]
トラックバックURL : https://sasakitosi.exblog.jp/tb/26361393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2018-01-18 06:31 | 東京新聞を読んで | Trackback