憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

花の直径12センチ余の大輪 草薮に月見草

 5月24日(土)晴れ。風なし、草に露あり、人あり。
 毎朝の手賀沼散歩、入りの柏公園5時20分。小鳥の囀りあり。公園の中からも、沼の葦原で鳴く、ヨシキリの声が聞こえる。
公園をまっすぐに抜け、大堀川河口の川岸に降りる。右に斜面の藪を見て、左に川の水を見て、すすむ。すぐに草薮の中に大輪の黄色い花が見えた。斜面を登り、近づいてみれば月見草だ。他の雑草の茎で、花の直径を図り、かえってからメジャーで計測したら、12センチ余あった。写真一枚。今朝は、この一輪との出会いだけでも、いい一日だ。
 柏下の水路沿いの草原を歩く。芝に花(穂?)が咲き、芝生が厚くなったような気がする。厚いジュウタンの上を歩く感じだ。その芝生の中に、庭セキショウの花がところどころに咲き始めた。
 機場の林・草薮に入り、草の先に止まる薄いピンクの「シジミチョウ」一匹。動くな、動くな、逃げるな、逃げるな、と念じながら、写真2枚。今日もユリノキの芽を覗く。
 戸張側の機場の林で、小鳥の声を聞きながら、体操。
 戸張下の水路沿いの草原を歩く。シモツケの花が開き始めた。シモツケの開花前の真っ赤な蕾が、今年はなぜか見当たらない。
 昨日は、田植え前の田んぼで、カエルのカスタネット状の鳴き声に、感動した。その田んぼに今朝は稲の苗が植わっていた。カエルはどうしているだろうか、心配になった。行きにはカエルの鳴き声なし。帰路で、三度、カエルの声が聞こえてきて、拍手拍手!!
 ひどり橋、横の柵を使って、腕立て伏せ、スクワット。
 眼下には、ひどり橋下の水面に、ハクチョウの親子4羽が遊ぶ。わずか一日で、大きく、活発になったような気がした。
 今日は、熟した桑の実を発見できず、食せず。
[PR]
トラックバックURL : https://sasakitosi.exblog.jp/tb/20738131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-05-24 07:26 | 手賀沼をたのしむ | Trackback