憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio
 9月21日朝日新聞朝刊17目面下に、「ジャン・ピサニフェリー教授のコラム@パリ」という署名入り囲み記事がある(論説記事を配信するプロジェクト・シンジケート経由で寄稿、抄訳)。筆者は、パリ大学第九大学(ドフィーヌ)経済学教授。仏首相の諮問機関である経済分析審議会メンバー。
 今日は、この記事に学ぶ事にした。
 筆者は、「米国の投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻が金融の大混乱や大不況を引き起こして5年過ぎた。混乱はまだ収まって居ないが、これまでの教訓と残された課題を三つのキーワードにまとめた。
 まず浮かぶキーワードは、「回復力」。二つ目のキーワードは「加速」。最後のキーワードは「是正」、」という。
 筆者は、「「「回復力」について。08年以降、世界生産は15%増え、貿易量は12%&以上拡大した。、、、、回復の背景には、主要20か国・地域(G20)による時宜を得た対応もあった。09年、新興国と途上国は初めて協調して、金融緩和による景気刺激策を実施した。先進国とともに、保護主義に対抗することを約束した。世界経済のエンジンはもはや一つではなくなった。」と指摘した。
 筆者は、「二つ目のキーワード「加速」について。基本的統計によれば、07年にはG20の国内総生産(GDP)全体のほぼ4分3を先進国が占めたが、12年、その割合は63%に減った。成長速度の違いと原料価格の高騰とあいまって、世界の所得分配に大きな変化がもたらされた。さらに、全ての先進国で国家財政が急速に、悪化した。10年前途上国を苦しめる病とみられていた政府債務危機は、いまや先進国の病となった。国際通貨基金(IMF)によれば、12年末時点での公的債務のGDPに対する平均比率は、先進国110%。新興国はわずか35%、低所得国は42%である。」と指摘した。
 筆者は、「最後のキーワードである「是正」について。グローバル化の第一段階は、米国の消費者と中国の生産者を中心につくられた。次の段階は、世界中の消費者と生産者を軸として築かれるべきだ。ブルッキングス研究所のホミ・カラス氏とジェフリー・ガーツ氏の推定によれば、1日の支出額が10ドル以上100ドル未満の人は03年より7億人多くなった。そして、両氏が「世界の中産階級」と呼ぶ人たちは今後10年で新たに13億人増えるという。新興国と途上国の双方で、消費主導型の成長に向けた是正がぐっと進む可能性ははっきりしている。
 グローバル化のこの新しい段階は世界経済に大きな利益をもたらすだろう。、、、、、、、、、、  
 途上国の家計がもっと豊かになり、先進国の生産の機会もいっそう膨らむ状態が到来するだろう。、、、、、
 グローバル化の新局面への移行はまだまだ途上であり、新興国家での最近の為替相場の混乱は、移行期は不安定になりがちなことを示している。世界経済が08年以降に見せた回復は喜んでいいし、経済や財政面で国際バランスの変化の加速については熟考せねばならない。だが、質の面でも量の面でも需要の是正を続けようとすることは、大きな課題のまま残されている。」と指摘した。
 読んで、大変勉強になった。グローバル化の経済面での、近い過去と近い将来の軌跡を、見せて頂いたような気がします。ただ、グローバル化は、経済面だけでなく、文化・社会・人間性も、グローバル化を余儀なくされと思いました。自分の文化力、自分の人間力を、残された時間で、自分で磨くことにしよう。、















 
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-24 20:40 | 朝日新聞を読んで | Trackback
 9月20日付朝日新聞社説下に、「記者有論」という署名いりの囲み記事がある。筆者は、編集委員の氏岡真弓氏だ。 今日はこれを勉強することにする。
 筆者によれば「「28日施行の「いじめ防止対策推進法」には、調査組織を設け、家族に情報提供することが盛り込まれている。文部科学省は有識者を集めて、運用の基本方針を検討中だ。」、「学校や教委が遺族の求めに応じないのはなぜか。取材した校長や教委はいう。「いじめた側の立場もある」「周りの子が動揺する」。そして、「訴訟になるかもしれず責任を認めるのは慎重になる」」、「遺族が望むのが、研究者や弁護士による調査委員会だが、形だけのものが目立つ。」、「大津市は中2生のいじめ事件で第三者委を設けた。遺族推薦の委員が半数を占め、段ボール何箱もの書類を読み、報告書を公開した。」、とのこと。
 筆者は、「事実と向き合う調査のガイドラインをつくることで法に命を吹き込み、新たな出発点としたい」、「どんな指針が必要か。ポイントは遺族らが文科省に提出した陳情書の中にある。なくなった直後に教委や学校が行う調査では、「いじめかどうか」などの評価挟まずに、事実確認を<子ども全員へのアンケートを3日以内に実施し、遺族に伝えて><第三者委などがいじめとしの関係を詳しく探る調査では、利害関係のある人を委員から除き、人選や運営で遺族の意向に配慮を><学校や教委が必ず調査委に資料を提供するように>----いずれも生かしたい。」と主張している。
 教育関係者の現状理解に、大いに役立った。
 いじめは、60年前もあった。いじわるされた経験もある。相撲も強かったし、かけっこも早かったので、相手をやっつけるのは簡単だったが、後で「親」が学校に呼び出されるのが「嫌」で、耐え忍んだ。いま堂々と胸を張って、小・中の同級会に出席できる。小・中・高・大のすべてにおいて学生時代に自殺した人は一人もいない。古き良き時代だったか?
 いじめのないエリア、いじめに負けないエリア、人間として相互に「尊敬・感謝」できるエリア、人間の優しさが「評価」されるエリアを、まず自分の周りから、そんな空間をを広げていくよう心がけましよう。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-24 17:15 | 朝日新聞を読んで | Trackback
 9月24日(火)。曇り。風あり、冷たい。草の露ほとんどなし。人少なし。
 毎朝の手賀沼散歩。柏公園は虫の声、けやきの林、木の根元に、彼岸花25本満開。
 虫の鳴き声をききながら、はじめの水路を歩く。
 機場の着水井からあふれ出る水、利根川の下流から、はるばる地下の導水管(直径3メートルが2本)を通って、毎秒80トンの一部。高さ2メートルほどの落差で、樋管の水路に、滝のように、ザアザアと音を立てて落ちる。その水、気温が低くなるほど、透明度はます。機場の林で体操。
 戸張下の水路沿いを歩く、虫の声。カワセミが一羽、水路壁の上に。遠回り。近くの田んぼに、シラサギ、コサギあわせて、10羽。水路にカモ三羽。驚かさないように、遠回り。ヒドリ橋近くで、また、カワセミ一羽。これは、飛び立って、鳴き声を聞いて、初めて分かった。
 帰路も、草原。柏下の水路沿いで、シマスズメヒエに白い花のように、ルリシジミが逆さにとまっている。
 気を付けて、歩けば、あちこちに。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-24 07:24 | 手賀沼を楽しむ | Trackback
 9月21日朝日新聞社説下、「「記者有論」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、経済部小此木潔氏だ。 今日は、この記事に学ぶことにした。
 筆者は、「安倍政権は消費税に伴う経済対策の検討を進めてきたが、増税で失敗したくないあまり、景気対策に目を奪われすぎていないか。」、「肝心なのは、成長の中身であり、こんごの社会の姿である。暮らしの安心につながる成長こそ大切だ。増税の目的である社会保障の強化、若者らが失業や貧困・格差み苦しむ現状の克服が求められる。」「東京五輪の開催決定は、日本経済に先行き明るい材料を付け加えてとしても、それで安心してはいけない。むしろ、五輪決定を契機に震災復興を加速し、再生エネルギーや効率の良いガス発電への転換で、脱原発エネルギー革命と新しい産業・雇用の創出を進めるべきだ。同時に重要なのは、賃金を増やし、消費と投資の好循環がつづく経済社会を実現することだ。さもないと国民は今後の増税と物価上昇に耐えきれず、消費低迷と経済停滞に陥ってしまう。」「非正規社員の増加に象徴される格差と貧困の拡大は、消費不況を招き、デフレの原因にもなってきた。国際通貨基金(IMF)も日本の労働市場での格差を「デェアル(二重)レーバーマーケット」と呼び、、問題視する。」と指摘した。
 さらに筆者は、「なすべきは、単なる景気対策や成長促進のための政策ではない。格差なき成長へ、市場でのより公平な分配に向けた制度改革を含めた対策が問われている。」と社会の根本改革を求めている。最後に筆者は、「「「デフレの長いトンネルを抜けたら、そこには不平等が広がる社会だった。」というのでは、その先はスタグフレーション(経済停滞とインフレの同時進行)が」心配だと締めくくった。
 筆者の指摘、提案、心配には、いちいち共鳴いたします。問題は、社会のすみずみの「支配者側」に、筆者の指摘や提案を深く理解し実践する「知力・決断力・無私・無欲・自信」があるのだろうか?皆無のような気がしますが、さりとて大政奉還の度胸もないのではないでしょうか?筆者の「心配」が現実になるような気がしてなりませんが?
  
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-23 10:03 | 朝日新聞を読んで | Trackback
 9月23日(月)。晴れ。雲あり。風冷たし。草の露ほとんどなし。人多し。
 毎朝の手賀沼散歩。柏公園、虫の声。大堀川河口の藪も、虫の音。水面は、ハクチョウ2羽。
 柏下の水路沿いを、虫の音の中を、歩く。昨日から、雨靴にしたので、草の露を全く気にせずにすむ。ただし今日は、草の露、ほとんどなし。
 機場の林で、体操。屈伸運動で、しゃがんで周りを見渡すと、樹の根元はズート遠くまで見通せるのに気付いた。
 次の水路沿いを歩く。稲のある田んぼ、田んぼの畔の草むら、虫の声。戸張下の、田んぼにシラサギ6羽。稲刈り機のタイヤ跡が、30センチ余の深さの田んぼだ。シラサギの誘致場所のようだ。
 ヒドリ橋からの帰路、雨靴なので帰路も「草原」。自転車を気にしないで済む。戸張下の水路に、クロイトトンボが5匹。水路で見かけるトンボの中で、一番小さい、しっぽの先が「青光り」していて、神秘的なトンボだ。
中に連枝が一組。柏下の、水路では、アカネ種のトンボ3匹。しゃがんで待っていたら、目の前に止まってくれた。水路に泳ぐカモ4羽。驚かさないように、とおまわり。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-23 08:10 | 手賀沼を楽しむ | Trackback
 9月20日付東京新聞社説に、「規制委発足1年 設置の原点を忘れるな」という見出しで、原子力規制委員会に関する記事が載った。今日は、この社説に学ぶことにした。
 社説は、「「原子力への確かな規制を通じ、人と環境を守ること」。規制委が高らかに掲げる使命である」、「前身の原子力安全・保安院は原発を推進する立場の経済産業省の下に置かれ、「専門性の欠如から規制する側が事業者の虜になった」(国会事故調査委員会報告)との反省から、規制委は独立性、専門性の高い組織を目指したはずだ7月に施行したげんぱつの新規制基準は、過酷事故対策を義務付け、地震や津波対策も大幅に強化し、運用次第では確かに世界で最も厳しいといえるかもしれない。」、「自民党や経済界の多くが原発再稼働に前のめりの中、国民が規制委に期待するのは、何ものにも揺るがない「安全にかける厳しさ」だ。」、と規制委に厳しく注文をつけた。
 さらに社説は、「現在稼働中はゼロだが、すでに四電力会社が六原発十二基について新規制基準の適合審査を申請中だ。もっとも危惧するのは、東電が柏崎刈羽原発(新潟県)を申請する構えを見せていることだ。東電は破綻回避のためには柏崎刈羽の再稼働による収益改善が欠かせないとする。規制委は申請があれば柏崎刈羽の適合性を審査する考えだが、これは理解できない。フクシマの原因究明も総括もないまま、しかも汚染水対策ができない東電に原発を稼働させる資格があるのか、とい問題である。」と東電の姿勢を厳しく糾弾している。
 最後に社説は、「汚染対策で、国費470億円が投入される。東電となんら関係のない国民に負担を強いるのである。19日に現地を訪れた安倍晋三首相は、あらためて国が前面に出る姿勢を示した。しかし、東電を破綻処理し、株主や金融機関、経営陣や行政の責任を問わなければ、国民の納得は到底得られまい。」と結んでいる。
 社説の主張に賛同します。
 問題は、どうやって、東電を破綻処理まで、持っていくか、その道筋ではないか。その現実を目の前にすれば、おそらく、電力各社も「脱原発」へ方向転換をせざるをえないような気がしますが?
 そのためには、その抵抗勢力を、抵抗原因と併せて、国民の前に「露出」させることではないでしょうか?それによって、国民世論の渦を巻き起こし、そのパワーで権力を動かす、民主主義の原点が、試されているような気がしますが?
 いま、被支配者の立場に立った、「マスコミの力」「報道力」もまた、「時代」に試されているような気がしてなりません。そして、 被支配者の立場に立った、「もの」だけが、最後は残ると信じて!!
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-22 15:10 | 東京新聞を読んで | Trackback

安倍首相の平和外交

 9月20日付東京新聞27面こちら特報部に、「本音のコラム}という署名入り囲み記事がある。筆者は、作家・元外務省主任分析官佐藤優氏だ。今日は、この記事で勉強することにする。
 筆者は、「スイスのジュネーブで十四日、米国とロシアがシリアの化学兵器を国際管理下に置く仕組みについて合意した。これで米国によるシリアに対する一方的攻撃は当面回避される。」、「今回、米国はシリアに対して化学兵器をの使用がレッドラインであると警告した。8月21日、シリアの首都ダマスカス近郊で化学兵器(報道によればサリン)が使用され多数の死傷者が発生した。米国はシリア政府軍が化学兵器を使用したと断定し、空爆を行おうとしたが、国際的反発を懸念して、妥協した。」「安倍首相はオバマ大統領から米国のシリア攻撃を支持するように要請されたが言質を与えなかった。また、10日午後の電話会談で安倍首相はプーチン露大統領にシリアの化学兵器を国際管理下に置くロシア提案を支持した。安倍首相の平和外交がジュネーブ合意を後押しした。」、と言っている。
 イギリスの首相が、議会に反対され、明確に「空爆」に反対し、オバマ大統領が「空爆」の同意を議会に求め、受け入れられなかったこと、アメリカの世論が「空爆」反対60%もあるとかの、報道は日本のマスコミに見られた。しかし、寡聞にして、安倍首相の活躍ぶりは、目に、耳に、できなかったことは極めて、残念でした。
 「言質」を与えなかったこと、ロシアの提案を支持したことによって、「米軍のシリア空爆」が 回避されたとなれば、それは、オリンピック誘致異常に「ビッグニュース」「日本外交の快挙」ではありませんか?
 アメリカのポチなどと、日本外交を揶揄した人がいましたが、この「本音のコラム」を読んだ後の感想を聞きたいと、思った。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-22 10:57 | 東京新聞を読んで | Trackback
 9月22日(日)。晴れ。雲すこし。風なし。草の露多し。人多し。
 毎日の手賀沼散歩。柏公園は虫の声。けやきの林の中、彼岸花61本、満開21本。
 大堀川河口は、ハクチョウ二羽。
 はじめの水路沿いを、虫の鳴き声を聞きながら、ゆっくり歩く。いつも革靴が、露でびしょびしょになる。そこで、昨日、防水用の革靴と、雨靴を買ってきた。今日は、雨靴で試すことに。靴底の違いで、多少の違和感があるが、靴の先で水滴を飛ばしながら、中は大丈夫。機場の林で、体操。山茶花の実がところどころに。金木犀も花芽を出し始めた。
 次の水路沿いを、虫の音をかみしめながらゆっくり。舗装の遊歩道を歩く人で、珍しそうに、見ている人もいる。きのう使った、虫網残っているかどうか?防護柵に挟んでいた、そこにはなかったが、近くに、一個は水の中、一個は草原に放ってあった。さっそく使って、エビ取りだ。
 雨靴なので、帰路も草原を歩く。水路の防護柵の杭や綱に、ところどころに、夜露に濡れた羽根を乾かす(?)アキアカネ、かぞえたら、トータル15匹も、近づいても逃げる様子がない。
 
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-22 08:12 | 手賀沼をたのしむ | Trackback

労働は商品でない

 9月19日付東京新聞朝刊25面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、法政大学教授竹田茂夫氏だ。今日は、この記事で、勉強することにした。
 筆者は、「第二次大戦終息の前年に国際労働機関(ILO)総会で、労働の尊厳、労働者の団結権、貧困解消のための連帯などをうたったフィラデルフイア宣言が採択された。このコラムの表題は、その第一条である。、、、、、、、、 欧州の社会法の泰斗アラン・シュピオ氏によれば、二十世紀に人間は総力戦や全体主義の原材料と化したが、今日の全面市場では人間は利潤を生む資本(ヒューマン・キャピタル)カ、必要に応じて調達するべき労働力商品となる。各国は、労働の規制緩和等で法制度まで売り物にして企業の歓心をを買おうとする。だが、全面市場のグローバル化は押しとどめられない歴史の歯車や自然現象ではない。市場とは本来、法によって規制すべきものだ。規制されない市場の結末はリーマン・ショックで明らかだ。」と指摘した。
 さらに、筆者は、「日本でも第一次安倍政権で雇用流動化のため労働ビックバンが提案されてから、事あるごとに正社員の既得権益や労働市場の硬直性が攻撃されてきた。最近、著名な経営者が雇用自由、つまり労働法の契約法への解消を提言した。再び、労働を市場取引の商品にしようというのだ。」と怒っている。
 記事中にあった「フィラデルフィア宣言を、ネットで探し、初めて読んだ。
 第一条に筆者の引用した(a)労働は商品でない、(b)表現及び結社の自由は、不断の進歩のために欠くことができない。(c)一部の貧困は、全体の繁栄にとって危険である(d)省略、があった。69年前の世界の知恵が、こんにちの日本社会の理解に役立ちそうだ。
 たとえば、(b)は、秘密保護法の理解にかかわり、(a)と(c)は労働の規制改革、格差社会の理解にかかわるようような気がする。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-21 19:51 | 東京新聞を読んで | Trackback
 9月18日付東京新聞26面に、「こちら特報部」という欄がある。その中で、「政治的発言のタブー破るか」、の縦大見出し、「藤原紀香さん秘密保護法案懸念」の横大見出しで、女優の藤原紀香さんのブログを取り上げた。今日は、この記事を勉強することにした。
  記事によれば、「「放射能汚染、被爆などのことや、他に、もし国に都合よく隠したい問題があって、それが適用されれば、私たちは知るすべもなく、しかも、真実をネットなどに書いた人は罰せられてしまう・・・なんて恐ろしいことになる可能性も考えられるというので、とても不安です。」と、藤原さんは十三日付のブログで、同法案への思いをこんな調子でつづった」とのこと。
 また、記事によれば、藤原さんはブログで、「政府が十七日までの二週間、法案概要に対する意見を募ったパブリックコメントについては「(短期間で)法案きめてしまうの?」と疑問を投げかける一方、「賛成、反対などの意見を書きましょう」と、訴えたとのこと。
 さらに、記事によれば、「日米芸能事情に詳しい放送プロデューサーデープ・スペクター氏は「欧米の芸能人は自己責任で発言し、仕事を干されることはない。日本は異様だ」と指摘した。
 また、記事によれば、「山本太郎さん(38)は、福島第一原発事故後、脱原発活動が問題視され、出演予定だったドラマを下され、参議院議員に当選したものの、芸能界の仕事は干された状態が続いている」とのこと。
 山本太郎さんや、藤原紀香さんのように、政治問題について、自分の考えを持つことは、主権者の国民の一人として当然・当たり前のことであって、かえって貴重な「芸能人」というべきではないでしょうか?
 それで、仕事上で「差別」を受けること自体、異常なことではないでしょうか?特に、「秘密保護法案」は、賛否はともかく、報道に携わる人「番組・新聞を作る人、出演する人、記事を書く人、ドラマを書く人、読む人・見る人」すべてが、無関心でいていい問題ではないと思います。
 芸能人が、原発問題や秘密保護法案に関する発言で、仕事上の「差別」をうけるのは、社会的差別です。
国家による差別を、心配して、権力に忖度して、民間人が「社会的差別」を認め、助長することは、憲法の「基本的人権尊重」の精神に、反するのではないでしょうか?
 日本国民は、権力による「人権侵害」を「不断の努力によって」許さないのと同じように、「社会的差別」もなくしていく「不断の努力」が必要なのではないでしょうか?
 マスコミ界は、山本太郎さんや、藤原紀香さんを、「活用・採用」する事業家を励ます形で、記事・ニュースで取り上げ、応援できないものでしょうか?私も、そんな事業家の「商品」を選んで買い、貧者の一灯をささげたい。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-09-21 16:38 | 東京新聞を読んで | Trackback