憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio
 5月29日の東京新聞社説は、「政府の社会保障制度改革国民会議は、財政難にあえぐ市町村の国民健康保険(国保)の運営を都道府県に任せる案を出した事」に対し、もっと社会保障全体を見渡した改革を示してほしいと注文をつけている。
 私は、3520万人の一人だ。1973年から今日まで、自営業として毎年上限で保険料を払ってきた。医者には歯医者のほかは、ほとんどかからない。最近は、メタぽの検査に年一回、知り合いの診療所に行くだけだ。家族(妻)も医者にかかるには、歯医者ぐらいだ。
 保険料の徴収はここ5年ほどは9割をしたまわっているとのこと。わたしは、一回も滞ったことはない。
 しかも、保険料収入は全体の三割ほどでしかない、とのこと。この状態は「国民の相互扶助」といえるのだろうか。また、保険から支出される一人あたりの年間医療費は健保組合の倍以上30万円かかっていいるとのこと。
 社説は「国民会議が提案した「国保の都道府県単位化」の提案は、財布を大きくし財政力を強化することが狙いだ」とのこと。
 社説は「提案は不十分であること。そもそも国民会議は、社会保障の全体の改革像を示す責任がある。のにもかかわらず、その責任を果たしていない」との結論だ。私も同感です。全体会議の「議案」を誰がかいているのかしりたいものです。
 そうはいっても、国民皆保険の制度は、病気の時の「安全、担保」として、素晴らしい制度だとおもいます。この制度を維持継続するにあたって、その経済的恩恵を一番受けている「医学会、病院、医療機器のメーカー、薬のメーカー等々関係者の側」が、自腹を切り、身銭を切る、考えが、全く聞こえてこないのが、不思議でならない。費用を負担する国民がギブアップ状態ですから、医療の供給側のほうからの「持続可能な国民皆保険」について、提案がほしいところです。
 
 
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-29 20:27 | 東京新聞を読んで | Trackback
 毎朝の手賀沼の散歩。今日は仕事の関係で、散歩はいつもの半分。
 ツバメが三羽歩く前後を飛び回ってくれた、まるで露払いのように。
 ところどころに植栽された「さつきの赤の群れ」が実に鮮やかだ。花の名前は、昨日知り合いの「元高校の生物の先生」に教わった。つつじが終わった後の、旧暦の5月に咲くので「さつき」というとのこと。
 知らないことは、ひとに聞くにかぎる。70にして、また一つ物知りになった。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-29 07:42 | 手賀沼 | Trackback
 5月26日(日)朝刊27面、ーー本音のコラムで、「けんかを買うべし」の見出しで、おやと思った。
しかも、大学の教授が「けんか買うべし」とは、なにごとかと!!なかで、北海道大教授山口二郎氏は、「橋下大阪市長の暴言問題は、市長とメディアの対立という展開になった。ーーメディアの誤報と日本人の読解力不足と橋下氏が言うのだから、メディアはけんかを買って、新聞がうそをついたのかどうか徹底的に検証すべきである。また、メディアは文字の世界での戦いに持ち込んで、”この煽動政治家”の虚妄を暴かなければならない。」と叱咤激励している。そして、山口二郎教授は「政治家の劣化を嘆く議論は多い。しかし、新聞とテレビこそ、政治家の劣化を加速した張本人である。」決めつけた。
 最後に氏は「、言論の自由をフル活用していなければ、次第に牙を抜かれ、為政者に対する番犬としての役割を果たせなくなる。」と言っておられる。  私も、そのとおりだと思います。マスコミの中から、改革の火の手が上がることを期待したい。日本の民主主義のさらなる「進化」のために。
  また、こういうマスコミを叱咤する記事が、掲載される新聞は、為政者の番犬ではなく、為政者を「監視できる新聞」なんだろうなあ、と思いました。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-28 20:12 | 東京新聞を読んで | Trackback

カワラヒワが五羽

毎朝の手賀沼散歩。草原を散歩し始めたら、目の前にカワラヒワ、飛ぶときの黄緑色の羽がきれいだ。歩く先々に着地しては飛び立つ、歩く方向に、止まりては立つこと数回、横にとびたって、バイバイ。
キジが2羽、ケーーンと一声づつ、カモが水田で「田の草取り」、ツバメが数羽、空中で虫取り、ムクドリが黙々と草むらを歩きながらの「ミミズとり」、葦の原ではヨシキリがキョキョスキョキョスとにぎやかだ。
 農業用の排水路に一本「桑の木」がある。今日は紫に完熟した「桑の実」を手の平に余るほど、食べることができた。子供の頃は、競争相手が多くて、食べれなかった「桑の実み」ですが。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-28 08:05 | 手賀沼 | Trackback
 5月27日東京新聞朝刊一面「三人に一人の声ひらかれず 、、小平市住民投票不成立、、、、50%要件届かず、、」の見出しで、記者の気持ちが、よくわかります。残念でした。でもご苦労さんでした。
 解説(北爪三記)では、後出し50%条項は投じた人の意思を封じるものであり、住民投票の趣旨が損なわれたと、批判している。また、小平市議会内には「市西部にある道路について、市内全体に意思を問うのは適当でない」との声もあったとのこと。また、投票率50%の成立要件があるため「投票しないのも一つの選択肢」という声もあったとのこと。
 わが故郷、新潟県西蒲原郡巻町で、議会や町長の「後出し条項追加」があったが、1996年8月4日「原発建設の是非を問う住民投票が実施され、反対が有権者数の53.73%(投票率88.29%)、その結果、東北電力が原発断念せざるをえなかった。 里帰りするたびに、感謝しています。そして、誇りにさえ「今は」おもっています。
 今回のケーエスを反省し、粘り強く、運動を続けてほしい思います。まずこの条例に基づく「今回の処置、開票せず」が、憲法違反として「最高裁の判決」をださせるきっかけにできたら、すばらしいと思います。、
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-27 20:45 | 東京新聞を読んで | Trackback

手賀沼の葦原

 毎朝の手賀沼散歩。
 柏側の沼には広大な葦原があり湿原になっています。我孫子側はほんのちょびちょびだが。去年の葦の穂が枯れたまま、まだ頑張っていますが、今年の葦がぐんぐん伸びもう少しで、枯れた穂をしのぎそうです。
 なぜか、この葦原の葦は、私が散歩して13年目ですが、火事で少し焼けたことがありましたが、一回も刈り取られたことがありません。このままでは、沼は比較的早い期間で、湿地帯に変貌するかもしれません。葦の茎と葉が毎年たいせきするわけですから。まあ、山は崩れ、沼は埋まる、これが自然ですから、それもまたよろし。
 今日この頃は、葦のしげみのなかで、よく見ると「黄色い花びら」をあちこちで発見します。
 花ショウブだと思いますが、若緑の中で、黄色は美しい。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-27 08:08 | 手賀沼 | Trackback
 5月24日東京新聞刊は一面トップに、改憲・護憲派声揃え、「96条守らねば憲法破壊」とでた。
 25日は、東京新聞朝刊28面で、「ラップで憲法考えYO」記事。
 26日は、東京新聞8面で、「書く人」の欄で、「日本国憲法改正」の著作者を紹介している。
 24日の記事の中には、樋口陽一東大名誉教授が「憲法改正権(96条)によって、その条文自体を変えるのは、方法論理的に無理と指摘。あわせて、国民が決断するための材料として、国会で三分の二の数字を集めるのが国会議員の職責。それを軽視し、過半数で国民に丸投げするのはおかしい。」とのべ。世界的にも、改憲手続を緩和する改憲をした例は「知る限りない」とのことです。これらの指摘は、司法・法務を仕事としている者にとっても、憲法の理解が深まり、勇気づけられもします。
 25日の「ラップで憲法を考えYO]の記事は、音楽という文化の世界でも取り上げる、しかもそれを「新聞」が取り上げて、広く国民にしらせるという作業は、多くの国民の「憲法理解力」向上に寄与すること請け合いです。
 26日の「改憲派の学者の「考えやその著作」を紹介することも、国民的議論の深まりの中で、憲法が扱われることに、大いに役立つと思います。
 原発問題と憲法問題という、二つの大きなテーマを、多面的な取材を通し、継続して、報道される、東京新聞の編集は素晴らしいと、賛意を送ります。
 
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-26 15:41 | 東京新聞を読んで | Trackback

ウツギに花が

 毎日の手賀沼散歩。10センチ以下のミミズが何十匹も側溝のふたの上に、干物になっていた。昨日の朝から24時間にミミズが徘徊し、干物になったのだろう。目についたものは一匹残らず「草葉の陰に」放って、冥福をいのった。
 緑道の路肩ではウツギがこんもりとした若葉の中から「白とピンクと赤」の花をのぞかせ始めた。
 水田の水面すれすれにツバメ三羽が、右に左に上に下に飛び交っていた。
 走る人、歩く人、犬と散歩する人、陸に上がったハクチョウと記念撮影をする人、今日も手賀沼はにぎやかだった。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-26 07:58 | 手賀沼 | Trackback
 5月24日(金)、朝日新聞朝刊一面トップ記事中、囲み署名記事「アベノミクス危うさ露呈」の記事を読んだ。
一面、横一段トップ見出しが、「東証暴落1143円安」、縦見出しが「13年ぶりの下げ幅」とあった。この状況の中での編集委員・原真人氏の記事だ。タイミングを計ったような、満を持していたような、記事でした。
 アベノミクスの本質について、”ズバリ”人々をその気にさせようという「心理学」だと言い切った。
 そのシナリオは、--金融と財政を通じて思いきりお金をばらまく。その勢いで多くの人が「景気は良くなる」「物価が上がるから早めに買おう」と信じ込む。そうなれば本当に景気は良くなる。--と見抜いている。
そして、政府はお金を年間50兆円超も市場に流し、意図的に資産バブルを起こそうとしている、とのこと。問題は市場にお金を永久に投じ続け、株価を上げ続けることはできないことだ、とのこと。
 いまの日本経済政策、お金を増やせば景気が良くなるという、壮大な実験に身をゆだねているのだ、とのこと。
 そして、長期金利の上昇、株価の暴落、等のひずみが表面化しつつある、とのこと。
私もご指摘のとうりだと思います。その時に、自分で働いて生活をしている人々の、経済的被害としてはどのような事が、予測させるのか教えていただければ、ありがたい。その上、できれば、被害を最小に食い止める「策や術」を、朝日新聞の「叡智と見識」で、教えていただけると、さらにうれしくおもいます。
 終わりに、政治は結果責任です。その結果責任をちゃんと取らせる、マスコミとしての準備をしていただきたく思います。
 
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-25 20:56 | 朝日新聞を読んで | Trackback
毎朝の手賀沼散歩。今日の嬉しい発見は、手賀沼の湿地帯に生える篠竹のやぶのなかで、鶯がホーホケキョと何回もないてくれました。一声ごとに、拍手をして、称賛の挨拶をしてきました。何回でも鳴いてくれます。
また、すきすき、と山側の林の中から、朝一番のラブコールをききました。鶯と同じにすきすきの声の主も、声わすれども姿は見えずですが。今日一日が、いい一日になりそうです。
 散歩の途中に、息子から電話があり、末の孫の誕生日でした。テレビ電話で、元気をもらいました。
[PR]
# by sasakitosio | 2013-05-25 08:17 | 手賀沼 | Trackback