憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

<   2013年 09月 ( 74 )   > この月の画像一覧

軍や外圧は危うい誘惑

 9月26日付朝日新聞15面論壇時評に、「あすを探る 外交」という署名入りの囲み記事がある。「軍や外圧は危うい誘惑」という見出しで、中東情勢を分析している。筆者は、千葉大教授・中東政治研究の酒井啓子氏だ。
 今日は、この記事に学ぶことにした。
 筆者は、「9.11の再来を防ぐために、と行われたアフガニスタン戦争、イラク戦争は、従来国際社会がタブーとしたことを人道と世界の安全を名目として既成事実化した。それは、「外国軍が介入して、一国の政権を転覆する。」ことである。換言すれば、外圧と軍事力だ。今中東で起きていることの底流には、その規制事実がある。「外国軍の介入で政権転覆」は介入する側とされる側で、持つ意味が違う。」、
 「介入する側にとっては、あくまでもそれはリスクとコストの問題である。自国や同盟国の安全に脅威となる事態に対して、その原因となる政権を取り除きたいと考えるかどうか。そのことに費やす理念と労力が、介入国にあるかどうか。」、
 「一方介入される側にとって「外国軍の介入で政権転覆」は、意味が異なる。それは「内政不干渉」国家主権」に矛盾し、植民地支配の延長とみなされる。」、「だが、全く反対のメッセージもまた、イラク戦争後の中東に残された。それは、「政権を転覆するには外圧と軍の介入が有効」である。イラクとアフガニスタンの戦争は反政府勢力が微力でも、外国が軍事力をもって圧力をかければ政権打倒が可能だ。という実例になった。」、 「外圧によらず自らの尊厳を取り戻す、としたのが2011年エジプト革命だった。だが、それも「外圧と軍隊の有効性」の罠から自由ではない。なぜならエジプト市民がこの7月選んだのは、自国の軍を巻き込みクーデターをおこさせることだったからだ。選挙によって選ばれた政権に我慢できない場合、それを既存の制度によって変えられない場合、軍が倒す。外圧も軍事力も無用だった2年半前の非暴力抵抗路線から、自軍とはいえ軍依存へというエジプトの転向は「逆行」に見えると。」、と指摘した。
 筆者の分析と指摘によって、不可解極まりない「中東」の」現状認識に「正確さ」が一つ増したような気がしました。
 さらに筆者は、「西欧近代知識人の左派が貧困層を母体とする右派と対立して、軍が文民支配に終焉を告げる例は、世界の各地にみられる。」、
 「このように見れば、民主政治の外部要因なのに軍や外圧を切り札として期待する短絡性と性急さは、9.11の遺産以上の問題である。むしろ、民主主義の歴史の中で普遍的な課題だろう。」
 「知の前衛を謳って知識人が軍依存に陥るのは、日本を含めて、多くの非西欧諸国がかってたどった道に他ならないからだ。」、とも指摘した。
 このような視点で、日本の歴史をみると、少なくとも敗戦前までの歴史に当てはまりそうな気がしました。」
 最後に、筆者は、「では、日本はその課題を乗り越えたのか。外圧と暴力に政治の行き先を委ねる誘惑に本当に打ち勝ったのか。」という友人の問いに答えられない自分がいると、締めくくっている。
 筆者には、今の「日本国憲法」下、「外圧と暴力」に政治の行き先をゆだねることなく、平和で民主的で豊かな「日本」でいられるように、「新しい哲学」を「世界へ発信」してほしいと思いました。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-30 17:52 | 朝日新聞を読んで | Trackback
 9月26日付東京新聞社説に、「復興法人税問題 出発点が間違っている」の見出しで、政府の消費税増税策についての記事が載った。今日は、この社説に、学ぶことにした。
 社説は、「法人税に上乗せした復興特別税は昨年度から三年間の時限処置だが、首相は本年度末で廃止する意向を示し。「(法人税減税で)企業収益を図り、賃金増や雇用増につながる景気の好循環を生み出す」と説明した。廃止による減税規模は9000億円程度。公共事業の積み増しや企業向けの投資減税と合わせ、総額5兆円に上る経済対策の柱という位置づけだそうだ。ー中略ーそもそも五兆円もの経済対策が必要になるなら、それは消費増税法の景気条項で定めた、引き上げ条件である「景気の好転」とまでは言えないはずだ。腰折れの懸念がある状況で増税すべきでないのではないか。安倍首相はデフレからの脱却を掲げるならば、消費税を先送りすべきだろう。」と主張する。
 さらに社説は、「この「出発点」で誤った方向に向かっているから、泥縄式に数字合わせのような対策づくりに追われている。-中略ー中身も、右手で消費増税しながら、左手で公共事業でバラマクという最悪の財政政策である。増税の趣旨と異なり財政再建にも逆行する。-中略ー仮に消費増税が避けられないというならば、真っ先に行うべきは消費の落ち込みを抑える所得減税のはずだ。復興法人税の前倒しは、国民の連帯よりも企業利益の方が大事という発想である。たとえ代替え財源があっても国民の理解は到底得られまい。ー中略ーこんな経済対策をしてまでも消費増税すべきなのか。」と疑問を提起して、締めくくった。
 社説の論旨は明快である。丸ごと賛成です。
 そして、所得税の復興税はそのままにして、復興法人税を廃止する。
 そのことに、企業経営者は「恥ずかしさ」を感じないのだろうか?
 まさに、社説の言う通り経団連会長の「非常に喜ばしい」発言は、志の低さを「恥ず」べき事象ではないでしょうか?
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-30 13:54 | 東京新聞を読んで | Trackback

秋は、野鳥が元気だ

 9月30日(月)。快晴。雲なし。日の出5時37分。風あり。草の露あり。人少なし。
 毎朝の手賀沼散歩。柏公園はケタタマシイ鳥の声。キイキイキーンと鳴く鳥。
 公園を出ると、大堀川河口、野鳥が群れる。ハクチョウ2羽、シラサギ・コサギ16羽、アオサギ1羽、カモ20羽、今日は、にぎやかだ。
 柏下の水路沿いを歩く、コイが音を立てて逃げる、目先から茶色いサギが飛び立つ。対岸の休耕「畑」の草むらから虫の声。昨日の夕方、防護柵の綱にアキアカネがたくさん止まっていたが、朝はなし。
 機場の林で、肩回し、手を挙げて、空を見上げれば、鉄塔に掛かる電線の合間に、上弦の三日月白く浮かぶ。東に真っ赤な太陽。
 戸張下の水路沿いを、虫の声を聴きながら、水晶のように光る「つゆ」を踏みしめながら、歩く。最後に刈り取られた水田に、落穂ひろいのカモ28羽。
 ヒドリ橋近くの田んぼ、田んぼのみどりの稲の中に、雉の頭、手を振る、頭を引っ込め姿を隠した。
 帰路、朝日の光を宿し、一瞬、光輝く草の露を楽しみながら、歩く。鋭いモズの鳴き声、柏下の水路の土手に、雉のオスたつ。近づいて相手も気づく。手を挙げてバイバイ。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-30 07:32 | 手賀沼を楽しむ | Trackback
 9月26日付朝日新聞社説下に、「社説 余滴」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、経済社説担当田中雄一郎氏だ。今日は、この記事に学ぶことにした。
 筆者は、暴論であることは分かっているとことわったうえで、「企業がため込んだおカネ、いわゆる内部留保に税金をかけられないか。会社全体の経常利益は増えており、リーマン・ショック前の水準にほぼ回復した。日銀によると、金融を除く企業の内部留保は、現金と預金だけで220兆円に達する。」、「お金を吐き出させることを狙った税制の実例はあるのか。京都大学の諸富徹教授によると、世界大恐慌後の1930年代、米国のルーズベルト政権が導入した留保利潤税が当てはまる。-中略ーだが、企業の猛反発に加え、実施後景気が悪くなったこともあり、わずか数年で姿を消した・。-中略ー経営者の責任感に訴えたり、圧力をかけたりするのではなく、政策を通じて賃金を増やす。内部留保課税に賃金支払いへの誘導策を組み合わせるのだ。」と大胆な提案を下した。
 さらに筆者は、「2000年以降の年平均で見ると、米欧の主要国では消費者物価指数の上昇以上に賃金が増えている。日本は、デフレ化で物価が下がった以上に賃金を下げてきた。-中略ー政労使協議が始まった。抽象論の応酬はむなしい。内部留保課税も題材に、利益をため込んでいる代表的な企業のトップを呼んで、何故使わないのか、いつ使うのか、徹底討論してはどうか。」と、ユニークな提案をした。
 読んで、勉強になったし、よいヒントを得たような気がする。
 個人が貯蓄できるのは生活費に余裕があり、努力があったからだ。社会保障制度の現状で、その貯蓄はどの程度あれば老後の「安心」か、は人それぞれだ。
 企業も、内部留保は「余裕と努力」の結果である。世界情勢の現状で、企業が継続できるために、内部留保がどれだけ必要か。それは会社それぞれだろう。知人の会社社長には、尋ねられた時、一年間、収入ゼロでも、社員の給料を払えるだけの「社内留保」があれば、まず会社は続くだろう。世界の変化のスピードは、今は早いので、最悪の事態も1年は持たなかろうからと。
 個人も会社も、将来の備えとしての、「貯蓄」であり、内部留保だから、それらを限りなくゼロにするのは、社会・国家・世界の安定が不可欠のような気がするが?だから、筆者の提案は時宜を得たもののような気がしました。




稀に貯蓄が「趣味」の人がいるかもしれないが、最低限生きていくための「支出」は削るわけにはいかないはずだ。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-29 09:18 | 朝日新聞を読んで | Trackback
 9月29日(日)。曇り。雲にお日様の赤い色、あちこち。風あり。草のつゆ無し。人少なし。
 毎朝の手賀沼散歩。柏公園は、桜並木の下、落ち葉が。歩く度にかさこそ。何か月ぶりか、公園の芝生の立ち入り禁止の、縄が、無くなっていた。さっそく芝生を直進。
 柏下の水路沿い、草原を歩く。対岸の雌日芝の茂みから、チーチーチー、時々コロコロコロリーン、コロコロリーン。ツバメシジミ一匹、うす紫んで飛んで、止まって白に黄、の変身。
 機場の林で、体操。戸張下の水路沿いを歩く。虫の音しきり。農道の一本に、力芝が数株。黒くしっかりした穂が目立つ。水路の後ろから、カワセミ一羽、先の葦にとまった。遠回りして、近づいたのだが、飛び立った。
何時もの、鳥のようだ。
 ヒドリ橋からの帰路。戸張下の水路で、カモの争うような鳴き声。ゆっくり離れた位置で観察。カモが2羽、くちばしをかみ合って、胸と首で押し合っている、周りの数羽のカモは手も口も出さない様子。水路壁に押し込まれた方が、逃げる。残った方は、誇らしげに羽ばたいた。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-29 07:19 | 手賀沼を楽しむ | Trackback
 9月28日(土)。晴天。風寒し。
 今日は、孫の運動会のため、早出。ために手賀沼散歩は中止。
 この日のために、先生と生徒が積み重ねてきた「練習」の成果がいかんなく発揮されていた。
 なかでも、1年生の親子参加のプログラムは、入場門で、親子で待つ様子は、実にほほえましく、子供は皆が皆、親に甘えていた。会場では、入学前の子供たちが、沢山いて、実に活気があった。いつも見ている、爺婆の姿が、目に入らないぐらい、活気のある、小学校の運動会であった。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-28 19:04 | 今日の出会い | Trackback
 9月25日付朝日新聞社説に、「反差別デモ ふつうの感覚を大切に」の見出しで、特定の人種や民族への憎悪をあおりたてる差別的表現「ヘイトスピーチ」についての記事が載った。
 今日はこの社説で、勉強するすることにした。
 社説は、「3連休の中日の東京・新宿周辺。在日韓国人らを罵倒する街頭行動が繰り広げられてきた新大久保などで、差別撤廃を求めるデモ行進があった。 ー中略ー沿道からの飛び入りも加わり、参加者は約1200人に上った。-中略ー日本は人種差別撤廃条約に加盟しており、条約はヘイトスピーチを禁じる法整備を求める。ー中略ー処罰法のあるなしにかかわらず、市民の側から自主的に、外国人排斥の主張に反対する動きが出てきた。」と報じ、「それは健全なことであり支持する。」としている。
 一方、社説は、「先週末、「日韓交流おまつり」の開会式に安倍首相の妻の昭惠さんが出席し、フェイスブックに投稿したところ、首相夫人としての行動を疑問視するような批判が相次いだ。開会式ではビビンバが混ぜ合わされ鏡割りが披露されただけ。市民中心の交流会だった。-中略ー冷え切った政治の関係が、市民同士の感情に影響し始め、ふつうだったことが、ふつうでなくなりつつある。」と心配している。
 社説にあるように、「昭惠さんは「色々なご意見がおありだと思いますが、お隣の国ですので仲良くしていきたい」とフェイスブックに書き加えたとのこと。これが、指導者の処すべき道だと思いました。
 日韓双方の指導者は、国民が仲良くする「外交努力」が足りないのではないか、と思いました。総理夫人の努力を多としながら。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-28 18:53 | 朝日新聞を読んで | Trackback

誰のための政府か

 9月24日付東京新聞27面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は鎌田慧氏だ。
 今日は、この記事に学ぶことにした。
 筆者は、「企業減税が検討されている。その代りのように、消費税が8%に増税される。バラマキと批判された「復興増税」は撤廃されるが、法人税への上乗せ分だけで、われわれの所得税はそのままだ。」、「財界人らのつくる政府の「産業競争力会議」は労働時間規制の適用除外(ホワイトカラーエグゼンプション)や非正規労働者のなけなしの保護政策(五年働けば無期契約にする)を廃止しようとしている。ほかにも解雇事由の「限定社員」制度とか、とにかく戦後労働者保護政策の破壊に腐心している。さらに企業の農地保有の緩和(小作制度の復活)、大企業の漁業権の取得、国民総背番号制度の導入、秘密保護法の準備など、安倍首相の取り戻したい「日本」とは、戦時中の人権と言論の自由が剥奪されていた時代への回帰でしかない。」と厳しく批判した。
 言われてみると、筆者の指摘の通りだ。どう見ても、労働者を痛めつける政策は、私も変だと思うが?そんな首相を選挙で当選させる同じ国民がいる、支えるスタッフもかなりいそうだし、また迎合する人もいるだろう。だから、どのような戦略戦術で、少なくとも労働者の側に立たない代表を減らし、労働者の味方になってくれる代表をふやすか、だが。妙案は、ないか?昔、民百姓が命がけで一揆をしたように、今は労働者・被支配者が、ストライキをして、「この理不尽」を、支配者・権力者に気づかせるしかないか?
 また、ネットをつかって、支配者の「嘘」を、徹底的に暴き、同じ被支配者にわかってもらい、変革のうねりをつくる。それで何とか、世の中の回る基礎「労働者」がしいたげられる「流れ」をとめることができるか?
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-27 20:49 | 東京新聞を読んで | Trackback

国境を超える市民連帯

 9月24日付東京新聞朝刊11面に、「メディア観望」という署名入り囲み記事がある。筆者は、編集委員の土田修氏だ。今日はこの記事に学ぶことにした。
 筆者は、「先月、台湾北部の基隆を訪れた。台北の東30キロ、首都の玄関といわれる港町は国内外の観光客で賑わっていた。だが、この付近は、”原発銀座”として知られる。中でも完成間近の第四発電所(核四、135万キロワット級二基)は日立製作所と東芝が原子炉を、三菱重工がタービンを製造しており、地元では「日の丸原発」と呼ばれている。」、「核四建設は米GEが受注したが、実際の製造は日本企業に丸投げした。スリーマイル島事故以降、採算の合わない原子炉部門は閉鎖され、日本企業に頼らざるを得なくなっていたからだ。」、と指摘。
 そして、筆者は、「福島第一原発事故によって核四建設に待ったがかかった。首都から目と鼻の先にある原発の安全性に疑問符が付き、大規模な反対運動が起きた。現在核四建設の是非を問う住民投票について与野党の攻防が続いているが、核脱(脱原発)を求める市民の声は高まる一方だ。」、と指摘。
 さらに筆者は、「今月末、台湾と韓国の市民活動家が来日し、日本の原発立地住民らと交流する。東京の市民団体「NNAA-J(アジア非核行動ジャパン)が呼び掛けた。」、「十一月にはNNAAーJなどが結成した「原発メーカー訴訟」の会が原子炉建設メーカー三社に損害賠償を求める訴訟を起こす。メイカーに対する免責条項を定めた原子力損害賠償法を違憲とし、製造者責任を明らかにするのが目的だ。この訴訟には世界中の市民が原告に名乗りを上げた。十月末に釜山で約170か国5千人が参加して開催される「世界教会協議会(WCC)」総会で、核四廃炉や原発メーカー訴訟への賛同アピールが出される。」と、東アジアでの国境を越えた「連帯」が生まれていることを教えている。
 最後に筆者は、「世界の目は常に福島に向けられている。「風刺」に噛みつき、「嘘」を糊塗する政治は国際的に孤立するしかない。一方、国際的な市民運動は国境を超えることが可能だ。」、「メディアは内向きな政治に変革を求め、東アジア市民連帯の胎動にもっと目を向けるべきだ。」と結んでいる。
 読んで、大変勉強になった。
 地球規模の事件が起きているのに、内向きの「議論」だけしている「政治、経済、労働等」は、世界的な市民運動で変えていくしかないし、できるかもしれないと思った。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-27 08:12 | 東京新聞を読んで | Trackback
 9月27日(金)。快晴。雲一つなし。お日様の光が恋しい、風の冷たさ。人少なし。
 毎朝の手賀沼散歩。寒いせいか、柏公園に虫の音ほとんどなし。彼岸花、二か所で41本満開。銀杏の実数個。
 柏下の水路沿い、対岸の草藪に虫の声。
 機場の滝の音、水しぶき、真っ白いアワ。エネルギーを感じる。機場の林で、体操。肩回しで、空を見上げれば、中天に白い半月。東の空に、5時35分ご来光。
 お日様に向かって、柏下の水路沿いを歩く。寒さのせいか。虫の音も、ところどころ。
 ヒドリ橋からの帰路、お日様の暖かい光を背に浴びて、歩く。鉄塔敷地にくっつく休耕田約3000平方の葦原に、スズメの寄合。騒音にちかいさえずり。近づくと、ぴたりとやむ。
 水路に、最近カモが多い。一か所に24羽を見たのは初めて。なかの13羽が飛び立ち、11羽は警戒しながら残った。この違いはなんだろう。
 カモが飛び立ったのを見ていると、中にカワセミが一羽、沼側の葦原に飛んでいった。
[PR]
by sasakitosio | 2013-09-27 07:24 | 手賀沼を楽しむ | Trackback