憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

<   2013年 08月 ( 69 )   > この月の画像一覧

 8月29日付東京新聞社説、「シリア情勢 外交手段は尽きたのか 」との見出しで、アメリカ軍の軍事介入に関する記事が載った。読んで、勉強になり、いくつか考えることができた。
 社説は、「ダマスカス近郊で多数の子供を含む千数百人の市民が化学兵器により殺害されたとの反政府勢力の訴えを受け、ケリー国務長官が「アサド政権の責任」を明言したのに続き、ヘーゲル国防長官は、軍事行動の準備を整えたことを明らかにしている。、、、念頭に置かれているのは、1999年のコソボ紛争型介入とされる。、、コソボはその後、国際司法裁判所での独立合法判断を得て、欧州連合(EU)へ加盟交渉への道を開いた。欧米社会では介入の正しさを示す成功例とされている。しかし、欧州のコソボと中東のシリアは全く事情が異なる。」としている。
 そして、社説は、「出口戦略なき武力介入の悲惨は米国が経験したばかりだ。60%が介入反対という米世論調査もそれを裏付けている。曲がりなりにも、国連調査団が現地入りするところまで外交努力は進んでいる。米側は明らかな証拠があるとしているが、イラク戦争での大量破壊兵器をめぐる教訓もある。まず調査団の報告を待つのが筋ではないか。」と、現時点での、米軍の軍事介入に反対している。
 思うに、国が乱れた時に、いつの時代も、争う双方にそれぞれ外国の応援が付く。応援が武器の売買・供与から始まる。外国からの武器の支援で、同類の殺し合いが始まる。応援した方は「自分の応援した側」が不利になると、「直接武力介入」の誘惑に駆られる。これを断つのは、世界中の国が、武器を他国に輸出しないこと。一国内の争いに、他国は一切干渉しないこと。たとえ人道問題を口実としても。完全なる「内政不干渉」に徹する。ことではないでしょうか?かならずや、いかなる残虐行為も、しいたげられた者たちによって、例外なく、処断されるでしょうから?
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-31 16:49 | 東京新聞を読んで | Trackback

戦略特区と例外権力

 8月29日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、法政大学教授竹田茂夫氏だ。筆者によれば、「成長戦略の要は戦略特区になるという。「世界で一番ビジネスをしやすい環境」というのは耳に快いが、特区は強烈な毒を含む政策なのだ。」とのこと。また、筆者は、「市場原理の席巻する現代の例外権力は、特区で税や労働、環境の国内法停止し外国企業を誘致する。、、、、現代の特区のモデルは、先端企業を呼び寄せ世界の特区を目指すシンガポールである。安全な社会、高い所得のこの都市国家には裏面がある。差別と格差と抑圧だ。専門家は厚遇されるが出稼ぎ労働者は差別される。所得格差は香港に次いで世界第二位だ。昨年のバス運転手のスト処分で分かったように、出稼ぎ労働者が少しでも不平を漏らせば直ちに逮捕や本国送還の憂き目にあう。」と教えてくれた。
 最後に筆者は、「日本の特区の詳細は今後明らかになるはずだが、特区における労働の規制緩和や環太平洋連携協定のISDS条項(投資家国家紛争解決条項)なども、例外権力の行使、裏口からの法制度停止ではないか。」と疑念を隠さない。筆者の「筆の切れ味」には、感心しながら、いくつか考えさせられた。
 立憲国家で、「憲法」をかいくぐり、法治国家で「法」をかいくぐる、これは魔法だ、マジックだ。
 しかも、人類の歴史で磨かれてきた、基本的人権(労働者の権利等)の規制、や環境保全の法に例外を設けた「地域」が、同じ国内に存在していいのだろうか?「特区」は労働者の幸せのため、より良い環境づくりのための「特区」でなければ、現在の日本には「不要」なのではないでしょうか?
 国民・人類を、世界一幸せにする「特区」を目指せないものでしょうか?
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-31 16:09 | 東京新聞を読んで | Trackback
 8月31日(土)。晴天、快晴。雲なし。風あり、昨夜の熱帯夜がうそのような涼しさ。露あり。人多し。
 柏公園静か。水路沿いを歩く。シオカラトンボ多し。ハグロトンボ2匹。今日は愛想なし。赤とんぼ一匹。虫の声あり。機場の越水、澄んで綺麗なり。機場の林はミンミンゼミ。次の水路沿いを歩く。草の葉に結ぶ玉の露、お日様に輝く。お日様に向かう時、葉の露は銀一色。帰路、お日様を背にするときは、しろ、銀、青、ダイダイ、瑠璃、歩きながら輝きを楽しむ。ヒドリ橋近くの萩の植え込みは、満開だ。中にアオドウコガネ2匹。
 広い草原に、一個大きく輝くモノあり、しばし立ち止まり、変化を観察、近づいたら5ミリほどの露が玉に。はじめの水路の土手の斜面に、ところどころ、コマチヨイグサの群れいくつか、発見。
 
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-31 07:35 | 手賀沼 | Trackback

壊れたトイレ

 8月28日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は文芸評論家斉藤美奈子氏だ。筆者によれば「「原発はトイレのないマンション」という言葉がある。使用済みの核燃料の最終処分場も決まらないのに稼働する原発を皮肉ったけれど「トイレがない」は実感に欠ける。怖いのは壊れたトイレだ。」とし、さらに筆者は「レベル3(重大な異常事象)の認定が検討中の今の福島原発は壊れたトイレに近い。汚水が便器から溢れだし、バケツを集めて次々ためるもバケツも損傷。汚水は床にたまり、トイレの外に浸出し、このままだと家中の床はおろか玄関から外に出て隣家にも影響しかねぬ状況だ。」と極めて分かりやすく、解説してくれる。最後に筆者は「汚染水漏れは「五輪に直接関係しない」と語った猪瀬直樹東京都知事。同じく「影響ないと」と述べた官義偉官房長官。このセンスが事態を悪化させる。私は五輪を歓迎しない。「お手上げなんだ。助けてほしい」と首相は他国に頭を下げるべきだ。」と厳しい。
 筆者の論調にほとんど共鳴します。ただ、五輪誘致については。首相はじめ日本の責任ある立場にいる人は、日本で起こした「原発事故」・「汚染水漏れ」ですから、日本で自前で解決し、オリンピックを誘致しますと、世界に向かって「啖呵を切って」ほしいとおもいました。ここまでくると、どれだけ、政府の発言が信用されるか未知数ですが?
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-30 19:11 | 東京新聞を読んで | Trackback
 8月28日付朝日新聞社説に、「全国学力調査 ランキングから卒業を 」の見出しで、全国学力調査の扱いについての記事が載った。
 社説は、「そろそろ順位に一喜一憂するのは卒業したい。」と切り出した。続いて社説は、「毎度ランキングが注目を集めるが、実は都道府県の成績に大差はない、とのこと。、、、、成績が市町村や学校の努力を反映しているとは限らない、とのこと。、、、県から市、さらに学区と単位を細かく切るほど、豊かな家庭の集まる地域かどうかの影響は色濃くでる、とのこと。」を指摘し、結びとして社説は、「子どもたちの苦手を知り、わかる教え方を工夫するためのテストだ。過去の自分たちと比べてどれだけ伸びたか。ほかの地域や学校との比較より、そこにこだわった方がいい。」としている。社説の「ランキングから卒業を」の考え、「過去の自分たちと比べてどれだけ伸びたか、」の評価の視点には共感を覚えます。
 また、社説は、「学校ごとの公表には、慎重に考えようと」している。
 しかし、この点について、少し、違和感がのこった。というのは、それぞれの成長のタイミングで、ポジションで、地域で、自分のランキングは自分で知っている方が、自分で対策がたてられるのではないでしょうか?ランキングは、瞬間風速みたいなものです。人間、一人ひとり、質も環境も違いますから、どんなテストの結果も、絶対的評価はだせないでしょうから ?
 そして、結果は将来への「参考」や「励み」にするものであって、「呪縛」にしてはいけないような気がしますが?
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-30 07:59 | 朝日新聞を読んで | Trackback
 8月30日(金)。晴れ、時々曇り。お日様、薄雲の中。上弦の月、空の青、白く中天にあり。風なし。草の露あり。朝の手賀沼散歩。いつもの、水路沿いを歩く。今日は、シオカラトンボ、多し、数え切れず。アオハダトンボ一匹、一瞬目の前を過ぎ、20メートル先の手賀沼の葦原へ飛ぶ。ハグロトンボ2匹。目の前で、一匹は2回、一匹は4回、真黒な幅広の羽根2枚、開いては閉じた。小さく感謝の拍手。パチパチ。
 機場の林は、ミンミンゼミの声。下草がすっかりかられ、乾燥状態。虫の音なし。金木犀の陰で、柔軟体操・肩回し・もも上げ。
 次の水路を歩く。チチチーチチチーの大合唱の中に、時々リリーン、リーンと鈴の響きあり。田んぼは、ほとんど黄金色。畔に降りて、稲穂に触る。まだ、実の入りが少ない。ためか、今日はスズメもほとんど、田んぼの中に、なし。ジョロウグモと遊ぶ。手賀沼側の土手に、刈のこされた、ブタナの小さな黄色い花が、ところどころに見える。帰路、緑道から、土手の斜面を見れば、雌日芝が今を盛りと、咲き誇っている。除染の深狩りのあと、真っ先に芽を出したのは、毎年この勢いで、繁茂していたからか?
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-30 07:25 | 手賀沼 | Trackback
 8月27日付東京新聞社説に、「消費増税の是非 民意は「反対」が大勢だ 」の見出しで、消費増税についての記事が載った。おりしも、8月28日の朝日川柳で、「ガス抜きと直(じか)には言わずヒアリング(神奈川県石彰)」が出ていた。
 社説は「政府は、来年四月から消費税を5%から8%に引き上げるかどうかを判断するため、有識者から意見聴取を始めた。報道各社の世論調査で「反対」が大勢を占めた民意こそ重視すべきだ」としている。その根拠に社説は、「明らかなのは、消費税を8%引き上げた場合に、増税分と厚生年金、国民年金保険料の引き上げをあわせ、国民負担は年九兆円も増えることだ。これは1997年に消費税3%から5%に引き上げた時の、増税と医療費負担が重なった負担増と同水準である。しかも、当時より経済規模(名目GDP)は9%縮小している。、、報道機関が意見聴取に合わせ実施した世論調査では「予定通りに消費増税を実施すべきか」に対し、共同通信社と全国紙三紙ともに反対が賛成を上回った。、、、そもそも消費増税は、社会保障との一体改革として決まったのであり、社会保障の抜本改革なしの増税は許されないはずだ。民意は消費税増税をする環境にないと判断しているのである。」を挙げている。
 社説にすっかり、説得されてしまいました。
 ちなみに、こんな川柳を思い出しました。「有識者 出た結論の 平凡さ 」。
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-29 14:04 | 東京新聞を読んで | Trackback
 8月25日付朝日新聞社説に、「秘密保全法案  権利の侵害は許されぬ 」との見出しを見た。
社説は「安倍政権は、秋の臨時国会に秘密保全法案を提出するとのこと。、、「防衛」「外交」「テロの防止」などの分野で、国の安全保障に重大な支障を与える恐れがある情報を「特定機密」に指定するとのこと。、、、しかし、この法案はあまりにも問題が多いとのこと。まず、特定機密の適用範囲があいまいなことである、とのこと。特定機密を指定するのは、所轄官庁の大臣など「行政機関の長}である、とのこと。、、、、見逃せないのは、特定機密を知ろうと働きかける行為も「漏洩の教唆」とみなされ、処罰の対象となりうることだ。報道機関の取材を制約し、国民の知る権利の侵害につながりかねない。」と指摘した。続いて社説は、「この法案では国の裁量が大きすぎて、歯止めが利かなくなる心配がある。現行の国家公務員法には守秘義務があり、防衛分野ではすでに一定の秘密保全制度が整備されている。まずは、これらを厳格に運用していくことが第一ではないか。」と提案している。
 社説の懸念・心配は、その通りだとおもいました。そして、ナチスの「全権委任法」を思い出しました。
 また、権力は国民の厳粛な信託によって存立し得ているもの、国民の知る権利をいささかも侵害してはならないのではないでしょうか?
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-29 08:01 | 朝日新聞を読んで | Trackback
  8月29日(木)。曇り時々晴れ。風少しあり、涼し。草の露多し。人少なし。日に日に秋の気配。
 行も帰りも、柏公園、静か。養生中の芝は、このところの夜の雨で、生き生き繁茂しているのに。芝の深刈りで、表土をはいだため、虫の卵も、剥いだのか?しだれ柳が、葉先を土に着くほど、成長した。
 最初の水路沿いを歩く。ハグロトンボ三匹、クロイトトンボ4匹、オオイトトンボ1匹、シオカラトンボ数匹、に出会う。ハグロトンボは、一匹は2回、一匹は3回、樹の葉先にとまり、体制を整いたのち、羽根を開いてくれた。
 機場の林は、ミンミンゼミ、刈られた下草の匂いがする。中で、柔軟体操。もも上げ20回。二番目の水路沿いを歩く。昨日はミミズをゲットできたので、目を皿のようにして、鵜目、鷹の目で、探したが、一匹もなし。
 戸張下の水路で、トンボの宝石「アオハダトンボ」に出会う。水路壁に止まって、羽根を二回開いて閉じた。
 月見草はまだ元気。虫の声を楽しみながらの散歩。お日様は、真っ赤な太陽から、白い太陽になり、それから雲間にお隠れに。ために、草も葉先に結んだ「玉の露」に光なし、輝きなし。お日様あってこその、玉の露か。
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-29 07:34 | 手賀沼 | Trackback
 8月27日付東京新聞朝刊24面「こちら特報部」の中に、「原発汚染水の報道 世界が注目 政府と温度差」との大見出し、の記事を読んだ。記事には、二人の記者(小島貞俊氏・林啓太氏)の名前が見える。
 記事は、「「日本国民の怒りを再び起こしたのみならず、海外諸国からも憂慮されている」、21日付英紙ガーデアン(電子版。以下の各紙なども同じ)は、汚染水問題についてこう記し、世界的に感心が高まっていることをつたえた。、、、、、英BBC放送は22日「二年前にメルトダウン(炉心溶融)が起て以来の深刻な状況」と表現。「複数の原子力専門家たちは東京電力や日本政府が認めたいと思っているレベルより、はるかに危ない状況と懸念している」と論じている。、、、、、英紙インデペンデントも20日付で「日本政府は原発閉鎖の費用や複雑さを過小評価し、東電も問題を組織的に隠してきた」という専門家の言葉を紹介した。、、、、、米紙ウォールストリート・ジャーナルは22日付で「汚染水漏えいの背景にはもっと深刻な問題がある。東電は原発内の冷却水を制御できなくなり、状況が悪化している」と指摘。事故以来、最悪の危機に直面しているとした。,、、、、米紙ネーションは19日付で「最初に問題を否定し、対応が遅れる。その末に事実を認めて謝罪する。こうした東電の対応はよくあることになってしまった。」と指摘。「汚染水漏れが続く福島原発が心配の種であることは容易に忘れ去られる。現場の映像がほとんど提供されないことなどが原因で、関連情報がほとんど注目されない」、、、、、、7日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネは、「東電は6月、外国人ジャーナリスト向けの現地説明会で「原発事故は管理下にあり、まったく危険はない」と言っていた。しかし、放射能に汚染された水が太平洋に流れ込んでいた。東電はこれまでもうそををついて暴かれた。一体、何を学んだか」と非難。「東電のうそが、原発政策を進めようとする安倍首相を窮地に立たせている」と論評した。、、、25日付の韓国紙の中央日報は「日本の食品恐怖に積極的に対応すべき」と題した社説を掲載。」を取り上げた。
 記事から、外国各紙の意見を読んで、抜粋してみた。記事にあるように、「海外メディアの強い懸念と諸課題のひとつと捉える政府の対応の温度差は拡大する一方だ。」との指摘は、当たっているような気がします。
 日本の将来に、さしあたって責任を持つ「政界、政府、経済界、大メディア」のみなさん、どうしますか?
 放っておいて、無視し続けて、いのでしょうか?
[PR]
by sasakitosio | 2013-08-28 12:36 | 東京新聞を読んで | Trackback