憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

カテゴリ:地球のひとり言( 7 )

10月11日付東京新聞朝刊29面に、「本音のコラム」という欄がある。 筆者は、文芸評論家・斉藤美奈子氏だ。

 今日は、この筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「「おらおらでひとりいぐも」。ときいて、お、宮澤賢治?と思った人はなかなかの文学通。そう、おらおらで・・は「あめゆじゅとてちてけんじゃ」で知られる詩「永訣の朝」の一説だ(ただし原文はローマ字)。

 でもね、じつはこれ、今年の文芸賞受賞作の表題でもあるんです、」と切り出した。

 続けて筆者は、「<あいやぁ、おらの頭このごろ、なんぼかおがしくなってきたんでねべが/どうすっぺぇ、この先ひとりで、何如にすべがぁ/何如にもかじょにもしかたがながっぺぇ>

 どうです、東北岩手の言葉が躍動する、この見事な書き出しは。

 作者の若竹千佐子さんは1954年生まれの63歳。

 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏と同じ年生まれである。

 遅いデビューとは言えるけど、相応の人生経験を積まないと書けない小説ってあるよね。」と指摘した。

 最後に筆者は、「物語は高度成長期に上京し、二人の子供を産み育て、夫を送って「おひとりさまの老後」を迎えた70代の女性「桃子さん」のモノローグを中心に進行する。

 夫をなくした悲しみと、この人生でよかったのかという揺らぎの果てに訪れる自由の境地。 

 遠野の口承文芸にも通じる語り口。

 東北の石牟礼道子か森崎和江か、と私は思った。

 11月に単行本が発行される予定だけれど、もっと早く読みたい方は発売中の「文藝」冬号でどうぞ。」として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 「おらおらでひとりいぐも」が今年の文藝賞受賞作で、作者は岩手県遠野市生まれ63歳の若竹千佐子さんであることを、教えてもらった。

 「物語は高度成長期に上京し、二人の子どもを産み育て、夫を送って「おひとり様の老後」を迎えた70代の女性「桃子さん」のモノローグを中心に進行する」とのこと。ちょうど同じ時代に生きてきた「70代」として、共感できるところが沢山ありそうだ、と思った。

 同年代と何時も話すのは、いい時代に生まれ育ち、子育てもできた、と言うことだ。

 なかでも、戦争の不安は待ったくなく、高度成長の恩恵を受けながら子育てをできたことが何より幸せだった、と同感し合う。

 


[PR]
by sasakitosio | 2017-10-12 06:43 | 地球のひとり言 | Trackback
12月29日(木)これから、年末年始恒例の、外国一人旅に出発だ。エルミタージュ美術館を見たいとかねがね思っていた。レオナルド・ダビンチの作品が楽しみ。
 ところが調べているうちに、千島樺太交換条約がサンクトぺテルブルグで榎本武揚が調印したことを知り、そこは是非見たいと思っている。旅行会社や外務省に尋ねたが、具体的な場所は不明だった。 まあ、未知との遭遇、きょろきょろ歩き回ってくる。このブログは、帰ってくる1月3日まで、お休みだ。帰ってきたら、サンクトペテルブルグの思いでを日記に書きたい。
[PR]
by sasakitosio | 2016-12-29 06:02 | 地球のひとり言 | Trackback
 2月10日(月)。晴れ。残雪あり、路面に光りあり、雪解け水が凍ったようだ。ために車出さず。今日も朝の手賀沼散歩は休止。
 この数年間、雪の朝は、歩道に残雪、水たまりに氷、足元が不安であった。
 土曜の夜の吹雪で、雪だまりができていた。砂丘のように波のように、カーブを描き、高さ1メートルもありそうなところが、所どころにあった。ために、日曜日は家の前の「雪かき」に専念。街に出なかった。
 しかし、今日は天王台の銀行で、不動産取引の決済がある。何時もは車で、ちょいとのところだが、幹線道路沿いとはいっても、道路の両端に残雪がつまれてあるので、車で行くのは、のっけから断念。電車で行くとしても、駅までの道が、雪が、氷がどうなっているか気がかりで、早めに家を出た。
 土曜日に地吹雪の中に見た、、驚異の雪の吹き溜まりは、ものの見事に、綺麗に除雪されてあった。放っておいたら、根雪となって、かなり長い間、通行できなかったはずだ。
 新潟で、子どもの頃、根雪が、3月4月まで残り、根雪を割って、地面を見たときは感動したものだ。そんな悪夢も、すっかり消えた。
 2日続きの雪、間に日曜日があった。そんな条件の中で、人は進化したのか?知恵がつえたのか?自然との付き合い方を会得しのか?
[PR]
by sasakitosio | 2014-02-10 17:28 | 地球のひとり言 | Trackback

街は、おお盃の花盛り

 毎朝の手賀沼散歩。手賀沼の緑道にはいろいろの花木の植え込みがある。春先から梅、桜、雪柳、ヤマブキ、つつじ、卯の花・下野、アジサイ、と続き、今日この頃は「朱い、さつき、おお盃」が手賀沼で自己主張。気が付くと、手賀沼だけでなく隣近所の戸建ての「玄関」、マンションの「植え込み」と、まさにいたるところで満開だ。桜の季節に、花が桜の存在を世にアピールしているように、今の季節は、「おおさかづき」の花が、多くの人に愛され育まれていることを、人に知らせてくれているのもしれない。
[PR]
by sasakitosio | 2013-06-03 18:05 | 地球のひとり言 | Trackback
 昨日、東北新幹線で、白石蔵王駅におりた。宇都宮あたりまでは、窓の外は「ビル、ビル、瓦屋根、また屋根」でしたが、郡山・福島・では、時々、木々の緑が目に入り、なぜか「ホット」する感じがした。毎日朝の手賀沼散歩で見る、水、草木、鳥のさえずり、当たり前と思っていたことが、本当に有難く貴重な「朝」なのだと改めて感じた一日であった。 夜走れば、瓦屋根の下の灯、ビルの窓の明かり、に和やかさを感じたのかもしれませんが。
[PR]
by sasakitosio | 2013-05-31 07:57 | 地球のひとり言 | Trackback
d0049909_19122114.jpg

[PR]
by sasakitosio | 2007-07-18 19:14 | 地球のひとり言 | Trackback
原水爆を持っている国は、どの国も廃絶しようといない、また、北朝鮮を筆頭に原爆をもちたがる国はなくならない。古くなった原潜の解体、原水爆の廃棄処分に莫大な費用がかるが、その費用は、その国の国民に無駄な負担をかけ、しかも処分地の国民を長期にわたって危険にさらすことになる。その上、近隣諸国の国民にも海洋汚染・大気汚染という損害を与えることになる。
 こんなことをやり続ける人類って、こんなことが止められない人類って、地球の進化とか延命にとって、有害な動物なのではないだろうか。
[PR]
by sasakitosio | 2005-05-18 16:46 | 地球のひとり言 | Trackback(1)