憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

AIによる情報通信革命 安心な人の輪広がるか<仲間と分かち合う幸せな時間はAIにはつくれない!?それは身体に根ざしたものであり、効率化とは正反対なものだ!!>

 11月12日付朝日新聞朝刊15面に、「科学季評」という欄がある。

 筆者は、京都大学総長・山極寿一氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「けいはんな学研都市で先月「けいはんな情報通信フェア2017」が開かれた。

 会場には自動運転に備えるドライバーモニタリングシステムやスマートシティセンシング、カメラと人工知能(AI)を用いた商品識別技術など、多言語自動翻訳技術、災害情報分析技術など、新技術を紹介するブースが並び、超スマート社会の到来を予感させる催しだった。

 その初日、私は「AIにはできない人間の幸せ」と題する基調講演をした。一見、AIを用いた情報通信技術の発展に水を差すように思われるだろうが、水ではなく棹さすような発言をしたつもりだ。

 人間は700万年間の進化史のすべてにわたって情報通信革命を進めてきた。方向性は一貫していて、近年それが加速したに過ぎない。

 だが、残念ながらその変化の速度に人間がついていけない。そのため、近年増えている心臓病、脳卒中、アレルギー性疾患、糖尿病などの慢性疾患と同じように、情報通信技術と人間の身体はミスマッチを起こした弊害が発見し始めている。

 いまそれをきちんと見定めたうえで、賢く技術を開発し応用できれば、人間にとって、幸せなソサエティー15.0(新たな経済社会)を構築することにつながる、」と切り出した。

続けて筆者は、「そのためには、人類の歴史をさかのぼって、なぜ情報通信技術を拡大する必要が生じたかを理解しなければならない。

 多くの人は、言葉の発明が情報通信技術の始まりだったと考えているのではなかろうか。

 しかし、人類の脳が多きくなったのは200万年前から40万年前の間で、まだ言葉を話していなかった。

 言葉が登場したのは7万年前ごろと考えられている。言葉は脳の増大に貢献したのではなく、脳が大きくなった結果として現れたのである。

 脳が大きくなった理由を問えば、他の霊長類と同様に集団の規模が拡大したためだという「社会脳仮説」がある。

 霊長類ではそれぞれの種がつくる集団の構成人数が多いほど、脳に占める新皮質の割合が高く、脳容量が大きいという傾向がある。

 つまり、日常的に付き合う仲間の数が増えるに従って、脳は多きくなる必要があったということだ。

 現代人の脳容量は約1500ccでゴリラの3倍だ。これは150人程度の集団で暮らすのに適合する。

 面白いことに、現代に暮らす狩猟採集民の平均的な村の規模は150という。40万年前から人類は150人程度の集団で暮らし、脳はそれ以上大きくならなかった。

 だが、約1万2千年前に農耕や牧畜が始まり、自ら食料を生産し貯蔵するようになって、人口が急に増え始めた。

 農耕が始まったころの地球上の人口は500万人~800万人。

 産業革命の起こった18世紀に7億人を、電話が発明された19世紀に10億人を超え、今や70億人を突破している。」と教えてくれる。

 最後に筆者は、「情報通信技術の発展は、この人口規模の急速な拡大に伴うものである。

 時間と距離を無視して多くの人々と交信でき、膨大な量のデータを瞬時に解析して的確な情報を送り続ける技術があるからこそ、私たちは人と物があふれる現代社会に生きて行ける。

 だが、これらの技術は多くの人々をつなぐ役割を果たし切れているだろうか。

 言葉は見えないものを表し、別々のものを一つにまとめる。持ち運び可能で効率的なコミュニケーションである。

 言葉は人間が広く分散しながらも、情報を交換し合いながら信頼できるつながりを保つ仕組みだった。

 でも信頼関係は言葉だけでは紡げない。

 他の霊長類と同じように人間は五感を用いて他者とつながり合う。

 共有しやすい視覚や聴覚ではなく、嗅覚、味覚、触覚の方が信頼を高めることに役立つ。

 脳を大きくした人類は言葉によって視覚や聴覚を広げて情報世界を広げ、他の五感によって信頼関係を保持してきたのではないかと思う。

 近年、ネットやスマホで得られる視覚、聴覚情報は格段に増えた。センサー技術も進み、人間の五感を超える分析が可能になった。

 しかし、人間はまだこうした技術を使って、信頼する仲間を増やせないでいる。

 100万人を超える都市に暮らしながら、信頼できる仲間は150人を大きく上回ることがない。むしろ、スマホ、フェイスブック、LINEで頻繁に連絡を取り合う仲間の数は減っている。しかも、顔を合わさずに連絡を取り合うため、身体感覚でつながることが出来ず、強固な信頼関係を作れないでいる。

 これからAIを用いた情報通信技術は、あらゆる情報をデータにして物や人をネットワークを密にしていくだろう。

 それは安全な環境をつくるのに大いに役立つはずだ。だが、現代は安全イコール安心ではない。

 安心は信頼できる人の輪がもたらすものだからだ。

 いくら安全な場所にいても、仲間に裏切られたちまち危機に見舞われる。

 私たちは今豊かな情報に恵まれながら、個人が孤独で危険に向き合う不安な社会にいるのである。

仲間と分かち合う幸せな時間はAIには作れない。それは身体に根差したものであり、効率化とは正反対なものだ。

 それを賢く組み込むような超スマート社会を構成する必要があると私は思う。」として締めくくった。

読んで勉強になった。

 「けいはんな学研都市で先月「けいはんな情報通信フェア2017が開かれた」とのこと、

 「会場には自動運転に備えるドライバーモニタリングシステムやスマートシティセンシング、カメラと人工知能(AI)を用いた商品識別技術、多言語自動翻訳技術、災害情報分析技術など、新技術を紹介するブースが並び、超スマート社会到来を予感させる催しだった。」とのこと、

 「人類の脳が大きくなったのは200万年まえから40万年前の間で、まだ言葉を話していなかった。言語が登場したのは7万年前ごろと考えられている。」とのこと、

 「言葉は脳の増大に貢献したのではなく、脳が大きくなった結果として現れたのである。脳が大きくなった理由を問えば、他の霊長類と同様に集団の規模が拡大したためだという「社会脳仮説」がある。」とのこと、

 「現代人の脳容量は約1500ccでゴリラの脳の3倍だ。これは150人程度の集団で暮らすのに適合する。」とのこと、

 「約1万2千年前に農耕や牧畜が始まり、自ら食料をを生産し貯蔵するようになって人口が急に増え始めた。農耕が始まったころの地球上の人口は500万~800万人。産業革命の起こった18世紀に7億人を、電話が発明された19世紀に10億人を超え、今や70億人を突破している。」とのこと、

 「情報通信技術の発展は、この人口規模の急速な拡大に伴うものである」とのこと、

 「言葉は人間が広く分散しながらも、情報を交換し合いながら信頼できるつながりを保つ仕組みだった。」とのこと。

「信頼関係は言葉だけでは紡げない。他の霊長類と同じように、人間は五感を用いて他者とつながり合う。共有しやすい視覚や聴覚だけではなく、嗅覚、味覚、触覚の方が信頼を高めることに役立つ」とのこと、

 「現代は安全イコール安心ではない。安心は信頼できる人の輪がもたらすものだからだ。」とのこと、

 「仲間と分かち合う幸せな時間はAIにはつくれない。それは身体に根差したものであり、効率化とは正反対のものだ」とのこと、等々を教えてもらった。

 かねがね、世界から戦争を減らすには「言語の壁」をまず取り払い、疑心暗鬼から起こる「衝突」の回数を減らすことが必要だと思ってきた。

 だから、AIを用いた多言語自動翻訳技術の発展と「自動変換装置付き電話」の商品化を急いでほしいと思った。

 あわせて、世界の何処でも「居酒屋」「喫茶店」があって、五感を用いて他者とのつながりの持てる「空間」づくりが必要、と思った。

 それを日本で、東京オリンピック開催時に実現出来たら、文字通りオリンピックは「平和の祭典」になるような気がした。

 

 

 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/26153275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-11-18 07:34 | 朝日新聞を読んで | Trackback