憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

民進党という問題 <新しい代表を選ぶ際には、安倍政治と対決する決意が本物かどうか見極めねばなるまい!中途半端な対案を用意して、相手の土俵に乗るなどもっての外!?>

7月30日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という欄がある。

 筆者は、法政大教授・山口二郎氏だ。

 今日はこの筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「安倍政権の支持率急落で、ようやく一強政治打破ができるという兆しが見えてきたところで、民進党は蓮舫代表が辞任し、体制を一から作り直すことになった。

 この党のだめなところはすでに明らかである。

 安倍政治を変えたいと本気で思っているかどうか、国民に疑われている。」と切り出した。

 続けて筆者は、「5年前の安倍晋三氏が自民党総裁に選ばれた日、私はたまたま岡田克也代表にインタビューをした。

 安倍総裁の印象を訪ねたところ、岡田氏は民主党にとってはやりやすいといった。

 そう、安倍手的な右派ナショナリズムとは、取るべき道筋がはっきりしているという意味で、本来容易なはずである。

 しかし、あれから五年、安倍政権のやりたい放題を許したのはなぜか。

 民進党の議員においては、安倍政治に対する怒りが心ある有権者よりもはるかに小さいのだと思う。

 同党のホームページをみると、憲法擁護、人に対する投資など、安倍政権に対抗する政策が掲げられている。

 そうした理想と政治家の行動の落差があまりに大きい。国会や地方選挙の戦いを通して、ひたむきさを示さなければ信頼されない。」と指摘した。

 最後に筆者は、「新しい代表を選ぶ際には、重要な争点に関して安倍政治と対決する決意が本物かどうかを見極めなければならない。

 中途半端な対案を用意して、相手の土俵に乗るなどもっての外である。」として締めくくった。

 読んで、筆者の民進党への期待の大きさがひしひしと伝わってきた。

 「安倍政権変えたいと本気で思っているかどうか、国民に疑われている」との指摘、

 「民進党の議員においては安倍政治に対する怒りが心ある有権者よりもはるかに小さいのだと思う」との指摘、

 「そうした理想と政治家の行動があまりにも大きい」との指摘、

 「新しい代表を選ぶ際には、重要な争点に関して安倍政権と対決する決意が本物かどうかを見極めなければならない」との指摘、等々の筆者の指摘は当たっていると思った。

 そして、民進党の大勢の議員の中には筆者の指摘を理解し、実践している人もいると思うが?そういう有為の士が指導者になれていないところが、問題かもしれない? 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/25124168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-07-31 06:35 | 東京新聞を読んで | Trackback