憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

完璧な論理の論理破綻 <ある国のお山の大将って、トランプ大統領のこと?ある国のわがまま王子って、安倍晋三総理のこと?熟慮が得意そうでない!出発点がご都合主義でありすぎる!なるほど、たしかに!>

64日付東京新聞朝刊社説横に、「時代を読む」という欄がある。

 筆者は、同志社大教授・浜矩子氏だ。

 今日は、この筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「猫は4本足である。私の犬も4本足である。したがって、私の犬は猫である。この論理は完璧だ。そして、完璧に破たんしている。

 この完璧にして、完璧に破たんしている論理を政策責任者が採用すると、次のようになる。

 自分は今、何かをやらなければいけない。

 ここに今、自分がやれることがある。

 したがって。これが今、自分がやるべきことだ。」と切り出した。

 続けて筆者は、「ある国のお山の大将の場合がこれだ。自分は今、我が身を守らなければいけない。

 自分には今、あいつを首にすることができる。

 だから今、自分が今やるべきことは、あいつを首にすることだ。

 ちょうどあいつは嫌いだったし。

 自分は今、G7とかいう集まりで見栄を切らなければいけない。自分には今、地球温暖化対策に関するパリ協定から脱退することができる。

 だから今、自分がやるべきことは、パリ協定から脱退することだ。

 どうせ、地球温暖化なんてでっち上げだし。

 わが国は今、対外赤字が膨らみ過ぎている。何とかしなければいけない。

 自分には今、この対外赤字を他人のせいにすることができる。

 だから今、自分がやるべきことは、この対外赤字を手当たり次第他人のせいにすることだ。

なんせ、わが国に対する黒字国はたくさんあるし。

 ある国のわがまま王子もまた同じだ。

 ぼくちゃん今、強大国の土台となる効率経済づくりを急ぎたい。

 ぼくちゃんには今、会議をつくることができる。

 だから今、ぼくちゃんがやるべきことは会議をたくさん作ることだ。

 未来投資会議、総合科学技術・イノベーション会議。

 生産性構造国民運動推進協議会。

 もう実行計画ができたから一応解散しちゃったけど、働き方改革実現会議もよかったなあ。

 ぼくちゃん、「国会」という名前の議会は大嫌い。

 だけど会議は楽しい。

 ぼくちゃん会儀好きの議会嫌い。

 ぼくちゃん今、憲法を早く改正したい。

 ぼくちゃんには今、2020年新しい憲法が施行される年にしたいって言えちゃうことだ。

 どうせ、どこからも文句が出るわけないし。

出たってどうってことはないし。」と指摘した。

 最後に筆者は、「完璧な論理の完璧な破綻は、なぜ生じるか。二つの問題がある。第一に、視野が狭い。第二に想定が手前勝手過ぎる。

 確かに犬も猫も4本足だ。

 だが、それが犬と猫の総てではない。

 両者を比べる基準は他にも多々ある。足の数のみしか見ない視野狭窄が、とんでもない短絡をもたらす。

 政策選択の範囲も広い。すべてのオプションを検討したのちでなければ、良心的な意思決定はできない。

 自分の犬を猫だと結論づけた人は、まあ、まだいい。単にそそっかしいだけだ。お山の大将とわがまま王子の場合もそそっかしそうである。

 熟慮が得意そうでない。

 だが、彼らの場合には、さらに別の問題がある。つまりは上記の問題その二だ。

 出発点がご都合主義でありすぎる。

 自分にとっていいか悪いかが全て、自分が何をやりたいかが全て。

 自分が全てで。

 ここからすべてが始まる。

 政策責任者の選択は、自分のための選択ではない。その論理は自己正当化のために論理であってはならない。我欲の論理は、どうせ完璧を記しても、必ず完璧に破たんする。」として締めくくった。

 読んで面白くためになった。

 「ある国のお山の大将」と「ある国のわがまま坊ちゃん」の喩は、ピッタシと思えて面白かった。

 また、「完璧な論理の完璧な破綻は、なぜ生じるか。二つ問題がある。第一に、視野が狭い。第二に、想定が手前勝手過ぎる」との指摘、

 「お山の大将とわがまま王子の場合も、そそっかしそうである。熟慮が得意そうではない」との指摘、

 「出発点がご都合主義でありすぎる。自分にとっていいか悪いかが全て。自分が全て。ここからすべてが始まる。」との指摘、等々教えてもらった。

 そして、筆者は「我欲の論理は、どう完璧を期しても、必ず破綻する」と教えてくれる。

 が、論理が破たんしているのに居直っている「わがまま王子」には困ったもんだ、と思った。

 

 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/24397012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-06-10 06:22 | 東京新聞を読んで | Trackback