憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

ソーラーシェアリング脚光< 「全農地導入なら原発1840基分に」!田畑に太陽光パネル設置!売電収入+収穫増収=収益UP!!農業復興、地方復興、エネルギー革命!素晴らしい!!>

64日付東京新聞朝刊3面に、「再生可能エネルギー・フォーラム」のことが載った。

 今日はこの記事を学習することにした。

 まず記事は、「太陽光発電などの可能性を話し合う「再生可能エネルギー・フォーラム」が3日、東京都内で開かれた。

 社会科学の研究者らが参加する「関東政治社会学会」が主催し、田畑に太陽光パネルを設置して農業と発電を両立するソーラーシェアリングの実践例などが報告され、約30人が熱心に耳を傾けた。

 会合で城南信用金庫の吉原毅相談役(62)が基調講演し、「日本の農地460万ヘクタールすべてでソーラーシェアリングを導入すれば、原発1840基分の電力をまかなえる計算だ」と訴えた。

 太陽光発電の買い取り価格は年々下がっているが、吉原氏は「太陽光パネルや工事の費用が下がっており、十分採算がとれる」と語った。

 ソーラーシェアリングは農林水産省の規制緩和で2013年から可能になった。

 作物の収穫量や品質の維持などが許可の条件。

 許可件数は増加傾向にあり、15年度には類型775件になった。」と教えてくれる。

 続けて記事は、「農業と発電の両方に太陽光を活用する取組「ソーラーシェアリング」が少しずつ広がっている。

 電気を売った収入が得られることに加え、太陽光パネルの設置で農地に適度に日影ができて農作物の収穫量が増えるケースもある。農家の収益向上に貢献している。

 千葉県市原市の民家が点在する田園風景の一角。計750平方メートルの畑に高さ3メートルの支柱を組んだ台に太陽光パネル(縦54センチ、幅120センチ)が384枚設置されている。25度の傾きで固定されたパネルの間から日光が降り注ぎ、その下でサツマイモやサトイモなどの葉が伸びる。

 「サトイモは収穫量が10%アップした」。

 両親の農地をこの先、継ごうと考えている会社員の高沢真さん(54)は笑顔で語った。

 パネルを設置したのは2013年。固定価格買い取り制度に沿って東京電力に20年間、1キロ時あたり42円で売却する契約を結んだ。

 年間の発電量は4万キロワット時で、東電に電気を売った収入は年160万~170万円になる。設備にかけた1300万は10年足らずで回収できる見込みだ。

 高沢さんの試みは、収入面などからの実家を引き継ぐかどうか悩んでいる人たちの関心が高いという。高沢さんは「ソーラーシェアリングは農業に挑戦することを躊躇している人を後押しする仕組み」だと話している。」として締めくくった。

 読んで勉強になった・

 「「太陽光発電などの可能性を話し合う「再生可能エネルギー・フォーラム」が3日、東京都内で開かれた」とのこと、

 「社会科学の研究者らが参加する「関東政治社会学会」が主催」とのこと、

 「会合で城南信用金庫の吉原毅相談役(62)が基調講演し、「日本の農地460万ヘクタールすべてでソーラーシェアリングを導入すれば、原発1840基分の電力をまかなえる計算だ」と訴えた」とのこと、

 「ソーラーシェアリングは農林水産省の規制緩和で2013年度から可能になった」とのこと、

「許可件数は増加傾向にあり、15年度には累計775件になった」とのこと、等々を初めて知ることができた。

 知って、明るい気分になった。

 とくに、「日本の農地460万ヘクタールすべてでソーラーシェアリングを導入すれば、原発1840基分の電力をまかなる計算」との話は、農業の復興・農村の復興・地方の活性化を図りながら、エネルギー転換・脱原発が出来そうだ、と思った。

 仮に私が、国政政党の役員なら次期国政選挙は、政策の大きな柱の一つとして「農業復興とエネルギー革命」を掲げて、国民の信を問いたいと思った。その時、原子力ムラの抵抗に、政権与党がどんな態度にでるか、見ものだ、と思った。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/24355519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-06-06 17:43 | 東京新聞を読んで | Trackback