憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

思いやりない証明書 <「地毛証明書」??都立高校の半数以上が入学時に、天然パーマや毛色が真っ黒でない生徒対象に提出求めたいた!?なぜ???天然パーマ、かわいいじゃん!!!>>

5月15日付東京新聞朝刊23面に、「本音のコラム」という欄がある。

 筆者は、看護師・宮古あずさ氏だ。

 今日はこの筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「都立高校の半数以上が入学時に、天然パーマや毛色が真っ黒でない生徒を対象に「地毛証明書」なる書類の提出を求めていたという。

 私も天然パーマではいろいろ苦労した。報道を目にするたび、胸を痛めている。」と切り出した。

 続けて筆者は、「こうした話は、私が中学生だった約40年前にもあった。私以上に髪が縮れていた友人は、受験する学校から、天然パーマを証明するよう求められ、苦労していた。

 私は友人の様子を見て、そんな学校は絶対に受けたくないと思った。

 不幸中の幸いだったのは、そうした学校がごく一部の私立高校のみだったこと。都立高校は元々自由な校風の学校が多く、私立高校受験をあきらめれば、天然パーマ問題は完全に回避できた。

 私と友人は、天然パーマで苦労を分かち合った仲。小遣いをためてはいろいろ施術や整髪料を試した。ある時私は強烈なパーマ剤で円形脱毛に・・・・。以来、天然パーマを受け入れ、彼女とたもとを分かったのだった。」と教えてくれる。

 最後に筆者は、「今思うと、なぜあんなに思い詰めたものか分からない。自分なりのスタイルが決まれば、天然パーマも悪くない。一方で、さらさらの長い髪への幼いあこがれは、今も思い出せる。

 地毛証明書は天然パーマに生まれた子どもを傷つける。思いやりのない制度。

 これを公立高校の多数が採用しては、逃れようがない。即廃止を求めたい。」として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 筆者が「天然パーマ」であること、

 「自分なりのスタイルが決まれば、天然パーマも悪くない」とのこと、

 「地毛証明書は天パーマに生まれた子どもを傷つけうる、思いやりのない制度」とのこと、等を知ることができた。

 天然パーマの孫には、「天然パーマ」も可愛いよとほめ、息子二人には「茶髪は禿のもと」でも、「選ぶのは自分で自由にどうぞ」と言って放任にしていたら、二人とも中高時代はやらなかった。

 だから、筆者が天然パーマに悩んどことを知って、女心の複雑さを教えてもらった気がした。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/24178688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-05-16 06:08 | 東京新聞を読んで | Trackback