憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

汝 内心に立ち入るべからず <話し合い、合意したことが犯罪に問われれば、戦前の思想弾圧の反省から現憲法で絶対的に保障されている”内心の自由”が侵されかねない!!!>

417日付朝日新聞朝刊4面に、「政治断簡」と言う欄がある。筆者は、編集委員・国分高史氏だ。

 今日はこの筆者に、学ぶことにした。

まず筆者は、「一連の「森友学園」の問題ではっきりしたのは、安倍政権は教育勅語を決して全否定はしないということだ。

 国有地売却にからむ疑惑発覚当初、夫人から伝え聞いたという安倍晋三首相は、幼稚園の朝礼で教育勅語を暗唱させる籠池泰典理事長を「教育に対する熱意は芝らしい」と評価していた。

 そして、教育勅語を教材に使うことを否定しない政府答弁書と、朝礼での暗唱を「教育基本法に反しない限りは問題のない行為」という義家弘介・文部科学副大臣の国会答弁が、勅語に対する政権の姿勢を鮮明にした。」と切り出した。

 続けて筆者は、「明治憲法下の教育勅語の本質は、「父母に孝に」「兄弟に友に」「夫婦相和し」といった徳目を「汝臣民」に守らせたうえで、いざとなれば「一身を捧げて皇室国家のために尽くせ」と滅私奉公を求めている点だ。

 国民主権に反することは明らかなのに、政権中枢の政治家たちは、この徳目を切り取りとって「日本が道義国家を目指すというその精神は、取り戻すべきだ」(稲田朋美防衛相)という。

 だが、その部分だけと取り上げて評価するのは、意味がないばかりか、問題の本質を覆い隠す。

 教育勅語の時代は、家制度のもと家族の中にも戸主を筆頭に厳然たる序列があった。

 現代の私たちが当然だと思っている男女間の平等も個人の尊重もなかった。

 この背景を抜きに、内心に働きかける徳目の当否は語れない。

 西原博史・早稲田大学教授(憲法)は「教育勅語が言うのは、天皇を頂点とする国家とそれを構成する家族内の秩序維持のため、つまり天皇のために親孝行せよということだ。そこを切り離して「いいところもある」と評価するのは、まず無知であると言うしかない」と話す。

 天皇を元首とする。

 国民はそれぞれ異なる個性を持つ「個人」としてではなく、単に「人」として尊重される。

 そして家族は互いに助け合えーーー。自民党が2012年にまとめた憲法改正草案が描く国の姿は、教育勅語がめざした国家像と重なり合う。

 政権中枢が勅語を否定しないどころか、心情的には擁護する理由がよくわかる。」と指摘した。

 最後に筆者は、「その政権が今、テロ対策を理由に「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ新たな法の制定に向けひた走っている。

 共謀罪は、犯罪を実行に移した段階から処罰する日本の刑事法の原則を覆す。

 野党が危惧するように、犯罪を話し合い、合意したことが罪に問われるとなれば、戦前の思想弾圧の反省から現憲法で絶対的に保障されている内心の自由が侵されかねない。

 「教育委勅語にいいことも書いてある」

 「テロ対策がなければオリンピックが開けない」。

 うっかりしていると「そうだね」と答えてしまいそうな言葉とともに、権力は私たちの内心にづかづかと踏み込んでこようとする。

 ここははっきりと、「汝、立ち入るべからず」の意思表示をしておかなければ。」として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 「一連の「森友学園」の問題ではっきりしたのは、安倍政権は教育勅語を決して全否定はしないということだ」とのこと、

 「教育勅語の時代は、家制度のもと家族の中にも戸主を筆頭に厳然たる序列があった。現代の私たちが当然だと思っている男女平等も、個人の尊重もなかった」とのこと、

 「西原博史・早稲田大学教授(憲法学)は「教育勅語がいうのは、天皇を頂点とする国家とそれを構成する家族内の秩序維持のため、つまり天皇の為に親孝行せよということだ。そこを切り離して「いいところもある」と評価するのは、まず無知であると言うしかない」とはなす」とのこと、

 「野党が危惧するように、犯罪を話し合い、合意をしたことが罪に問われるとなれば、戦前の思想弾圧の反省から現憲法で絶対的に保障されている内心の自由が侵されかねない」とのこと、

 等々を知ることができた。

 森友学園問題がマスメデイアや国会で取り上げられたおかげで、教育勅語の中身を知り、それをいまだに心情的に擁護する人がいて、しかも安倍内閣が全体として教育勅語を擁護する人たちであることが、わかった。

 となれば、安倍内閣は、改憲内閣と言うよりは、今の憲法に合わない内閣ではないか?

 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/24101712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-04-19 06:15 | 朝日新聞を読んで | Trackback