憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

リチウム電池の裏側 <コンゴ民主共和国=危険な手掘り採掘や胎児にまで及ぶ環境汚染!中国黒竜江省=寒村の黒鉛被害!!南米チリ国境=水質悪化や詐欺的採掘権取得!!!>

413日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という欄がある。

 筆者は、法政大教授・竹田茂氏だ。

 今日はこの筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「スマートフォンには約3グラムのリチウム化合物が使われる。ハイブリッド車には約20キログラム、電気自動車(EV)のテラスには約50キログラムが必要だ。

 今後一層の需要拡大が見込まれるリチウム電池にはその他に黒鉛やコバルトが必要だが、だれがどんな状況の下で鉱物資源を採掘しているのか。」と切り出した。

 続けて筆者は、「昨年、米国紙が一連の調査報道でグローバル供給網を解きほぐして、コンゴ民主共和国の危険な手掘り採掘や胎児にまで及ぶ環境強汚染、中国黒龍江省の寒村の黒鉛被害、南米チリ国境の「リチウム三角地帯」の水質悪化や詐欺的な採掘権取得を明るみに出した。

 調査の障害は供給網始点の実態を知られたくない大企業の秘密主義で、豊田通商や日本カーボン等の日本企業名も挙がる。

 現地の貧困層の中には明日の糧のために労働搾取や環境汚染を耐えるしかない人々がいるが、彼らは声を上げられない。」と指摘した。

 最後に筆者は、「時代の先端の世界商品が地球の裏側でどんな惨事を引き起こすか、歴史上の事例に事欠かない。

 コーヒーや砂糖といった西欧近代の嗜好品は新大陸の奴隷労働で供給されたのだ(原著が版を重ねるポメランツ他「グローバル経済の誕生」の改訳を期待したい)。

 市場原理は情報のグローバル化の中で消費者はいつまで無関心を装い続けられるのか。}として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 「スマートフォンには約3グラムのリチウム化合物がつかわれる」とのこと、

 「ハイブリッド車には約20キログラム、電気自動車(EV)のテスラ車には約50キログラムが必要だ」とのこと、

 米国紙が、「コンゴ民主共和国の危険な手掘り採掘や胎児にまで及ぶ環境汚染、中国黒龍江省の寒村の黒鉛被害、南米チリ国境の「リチウム三角地帯」の水質悪化や詐欺的採掘権取得を明るみにだした」とのこと、

 「コーヒーや砂糖といった西欧近代化の嗜好品は新大陸の奴隷労働で供給された」とのこと、等々を知ることができた。

 電気自動車は排気ガスを出さないから、いいなあとおもっていた。がリチウム化合物が約50キログラムも使われていて、その生産がひどい労働条件で行われていることを気付かされた。

 労働も人権も福祉も教育もみんなみんなグローバルな視点が必要だ、と思った。

 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/24087628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-04-14 06:22 | 東京新聞を読んで | Trackback