憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

幻の辞任ツイート < 本日はエープリルフール??トランプ大統領辞任表明!?実はハッカーの仕業だった!?世界を包んだ歓喜のさざ波、波乗りできず残念!!??>

4月1日付東京新聞朝刊25面に、「本音コラム」という欄がある。筆者は、アナウンサー・師岡カリーマ氏だ。

 今日はこの筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「世界を包んだ歓喜のさざ波は、数時間後には一気に引いてしまった。

 米国大統領が昨晩、ツイッターで発したとみられた辞任表明は、実はハッカーの仕業だった。

 「この国を再び偉大にしてやろうってのに、負け犬議員だの、自称判事だのに邪魔されてうんざりだ。辞めてやる」

 大統領からこんなツイートが発信されれば、すぐアカウントが乗っ取られたとわかりそうなものだが、大統領自身、非常識なツイートをさんざん発してきたため、他人が書いたものとはだれも疑わなかった。」と切り出した。

 続けて筆者は、「タイミングも手伝った。医療保険をめぐる議会での惨敗や外交の醜態など、早くも政権のほころびが露呈されているだけではない。

 問題のツイートの発信は午前3時だった。大統領の妄言は、しばしばこの時間帯に発せられている。

 内部情報によれば、慌てた側近が寝室の扉をたたいたが返事がなかった。

 この日に限って、大統領は睡眠促進剤を大量に服用し、爆睡していた。

 突入しようにも、ご愛用のバスローブがはだけた寝姿を目の当たりにするのが怖すぎて、誰も踏み込めない。

 そうこうしているうちに、ツイッター情報が世界中に報道されてしまった。」とのことを教えてもらった。

 最後に筆者は、「ハッカーのいたずらと見分けがつかない発言を繰り返すこの人物が、核兵器の発射コードを握る架空の世界で起きた話。」として締めくくった。

 読んで面白かった。

 「この国を再び偉大にしてやろってのに、

負け犬議員だの、事情判事だのに邪魔されてうんざりだ。辞めてやる」とツイート。

 トランプ大統領の行状からして、確かにありそうなツイートだ。逆に、ハッカーの仕業だったことが残念だ。

 そして、オバマケア問題やメキシコ国境の壁問題で、議会がブレーキになっていることが、アメリカの民主主義に対する世界からの信頼が高まるような気がしている。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/24045625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-04-02 09:24 | 東京新聞を読んで | Trackback