憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

反プーチンデモ <3月26日の日曜日、モスクワのプーシキン広場、、無届デモ参加者1万人超!!「プーチンいないロシア」等のシュプレヒコールがかかげられ、数百人拘束??????>

3月31日付東京新聞朝刊29面に、「本音のコラム」という欄がある。

 筆者は、作家で元外務省主任分析官・佐藤優氏だ。

今日はこの筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「3月26日の日曜日にモスクワのプーシキン広場で大規模な無届けデモがあった。

 参加者は1万人を超え「プーチンのいないロシア」「プーチンに反対する」というシュプレヒコールが掲げられ、数百人が拘束された。

 今回のデモを呼びかけた反体制派のアレクセイ・ナバリヌイ氏は、最近、メドベージェフ首相が他人名義で豪邸やヨットなどを保有しているとする動画を公表し、これが今回のデモの引き金となった。」と切り出した。

 続けて筆者は、「確かに26日のデモは反プーチンをスローガンに掲げていたが、この混乱の背景にはもう少し複雑な事情が隠れているように思えてならない。

 現下ロシアの警察力を考慮するならば、ナバリヌイ氏を予防拘禁し、当日、デモに参加した人々も大人数になる前に拘束などして、大規模抗議集会を阻止することは可能なはずだ。

 さらにメドベージェフ首相が他人名義で豪邸やヨットなど所有しているという情報は、捜査当局がリークしない限り表には出ない。」と指摘した。

 最後に筆者は、「ロシアでは、来年3月に大統領選挙が行われる。

 前大統領であったメドベージェフ首相の方がプーチン氏よりもリベラルなので、次期大統領として望ましいと考える人もいる。

 欧米でもメドベージェフ首相の評判は悪くない。首相の信用失墜を狙った陰謀が展開されているかもしれない。」として締めくくった。

 読んで勉強になったし、作家である筆者の深読みにまた感心した。

 「3月26日の日曜日モスクワのプーシキン広場で大規模な無届デモがあった」とのこと。

 「参加者は1万人を超え、「プーチンのいないロシア」「プーチンに反対する」のシュプレヒコールが掲げられ、数百人が拘束された」とのこと。

 等々は筆者の「現下のロシアの警察力を考慮するならば、ナバリヌイ氏を予防拘禁し、当日、デモに参加した人々大人数になる前に拘束するなどして、大規模集会を阻止することは可能なはずだ」指摘のように、不思議な光景だ。

 筆者は、大統領選がらみだとの深読みだ。そういう視点も加えて、これからのロシアウオッチをしなければ、と思った。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/24042850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-04-01 07:06 | 東京新聞を読んで | Trackback