憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

金正男氏「毒殺」 国家犯罪を立証せねば < 北朝鮮の国家犯罪を立証したら、大量の化学兵器保有が判明したら、その後はどうなるの!アメリカ軍の攻撃?・・!!>

225日付東京新聞社説に、「金正男氏「毒殺」」のことが載った。今日はこの社説を学習することにした。

 まず社説は、「北朝鮮最高指導者の異母兄は毒殺されたことが確実になった。

 猛毒の神経剤VX。戦場でも禁止される化学兵器の素材を、混雑する空港ターミナルで使うとは。常識が通じない卑劣な行為だ。

 マレーシアの警察署長は金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の遺体からVXが検出されたとの暫定結果を発表した。

 VXは新経剤の中でサリンなどと並び、非常に殺傷能力が高い。

 オウム真理教による殺人事件でも使われた。

 液体で揮発性が低く、今回は巻き添えがなかったのはガスとして拡散しなかったためとみられるが、不幸中の幸いだったとしか言いようがない。」と切り出した。

 続けて社説は、「VXのような化学兵器の製造には、専門知識と厳重な管理された施設が必要になる。

 しかも北朝鮮は化学兵器禁止条約に加盟していない。国家の工作機関が金正男氏殺害に関与した疑いは強まるばかりだ。

 警察当局は北朝鮮の在マレーシア大使館の2等書記官が関与したとみて出頭を求めているが、応じる気配はない。また犯行を主導したとみられる北朝鮮籍の男4人の手配を国際刑事警察機構(ICPO)に

申請した。

 凶行に加わったのは北朝鮮からの派遣組、マレーシアに居住する北朝鮮の外交官や企業職員、さらに空港で正男氏に毒物をかけた2人の女はベトナム人とインドネシア人で、関係先が広範にわたっている。

 北朝鮮側は一貫して、同国民がショック状態に陥りその後死亡したと主張し、遺体引き渡しをもとめている。殺害というのは、韓国による謀略だと非難する。」と指摘した。

最後に社説は、「しかし、国家犯罪であることを立証しなくてはならない。マレーシア警察に粘り強い捜査を望む。

 犯行準備は周辺国で行われた可能性があり、東南アジア各国の協力も不可欠だ。

 マレーシアは駐北朝鮮大使を一時帰国させた。

 両国は貿易や人の往来も比較的活発だが、今回の事件は、マレーシアにとって重大な主権の侵害の恐れがあり、関係見直しの動きが出ている。

 北朝鮮はインドネシアなど友好的な東南アジア諸国との溝も深まり、一層孤立するだろう。

 北朝鮮は1983年、ビルマ(現ミャンマー)で韓国政府代表団を狙った爆弾テロを起こして60人以上を殺傷し、友好国だったビルマと24年間」、国交が断絶した。

 歴史に学び、教訓とする考えがないようだ。」として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 「北朝鮮は化学兵器禁止条約に加盟していない」とのこと、

 「今回の事件はマレーシアにとって重大な主権侵害の恐れがあり、関係見直しの動きが出ている」とのこと、

 「1983年、ビルマ(現ミャンマー)で韓国政府代表を狙った爆弾テロを起こして60人以上を殺傷し、友好国だったビルマと24年間、国交が断絶した」とのこと、等々を知ることができた。

 北朝鮮をめぐる一連の流れを見ていると、北朝鮮は中国からも近隣アジア諸国からも信頼を失い、世界中を敵に回した「太平洋戦争直前の日本」を見るようで、怖い気がした。燃えているのは、正確な事情を知らされていない「北朝鮮国民」だけという、状況も似ているのではないか。

 ただ、朝鮮半島有事は、日本列島有事・集団的自衛権行使への道が待っている。だから、日本政府は命を懸けて、絶対に間違っても、朝鮮半島でアメリカ軍が戦争(衝突?)しないようにしてほしいと、思った。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23883464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-02-27 06:39 | 東京新聞を読んで | Trackback