憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

豊中の学校用地 払下げは適正だったか<9億5千6百円の国有地を森友学園に1億3千4百万で売り、汚染土壌除去費として1億3千2百万弱払った?国が得たのは200万円?>

2月24日付東京新聞社説に、「豊中の学校用地」問題が載った。今日は、この社説を学習することにした。

 まず社説は、「国民の貴重な財産が不当な安値で売却されたら、到底許されるはずがない。学校法人「森友学園」への国有地払下げは適正だったのか。国会の場で徹底調査し、国民の疑惑を晴らすべきだ。

 問題の土地は大阪府豊中市にある8770平方メートルの国有地。

 森友学園が4月開校予定の小学校用地として1億4百万円で取得した。随意契約で、近隣国有地の10分の1程度だという。

 財務省近畿財務局が依頼した不動産鑑定士による評価額は9億5千6百万円だったが、「地下埋設物がある」との学園側からの連絡を受け、管理していた国土交通省大阪航空局がごみの撤去費用を約8億円と算定し、その分を差し引いた。
 評価額の約14%という安値だ。」と教えてくれる。

 続けて社説は、「ごみの撤去に実際に8億円以上要したのなら妥当だろうが、同学園の籠池泰典理事長はTBSラジオの電話インタビューで、撤去工事は校舎部分だけでのみ行い、運動場部分では行っていないと述べた。

 ごみの撤去とは別に、汚染土壌の除去費用として国は学園側に1億3千2百万円を支払った。

 国有地を手放す代わりに国が得たのは約2百万円と指摘される。」と教えてくれる。

 サラに社説は、「菅儀偉官房長官は「法令に基づき適正に処分した」と述べたが、実際にどのような工事が行われたのか、国は確認していない。国有地の扱いにしては厳格さを欠く。

 大阪府の松井一郎知事は「こみがなければ、土地を安くするための森友学園の詐欺行為になる」と指摘した。国会は国政調査権を駆使し、事実関係を明らかにする責務がある。

 学園が運営する既存の幼稚園は国に尽くすことなどを決めた「教育勅語」を園児に暗唱させることで知られる。

 昨年には「よこしまな考え方を在日韓国人や支邦人」と記した文書を保護者向けに配布し、差別表現にあたる恐れがあるとして大阪府が学園から事情を聴いた経緯がある。

 教育機関としての適格性も合わせて検証されるべきだろう。」と指摘した。

 最後に社説は、「学園は小学校の名誉校長を安倍晋三首相の夫人、昭恵さんとし、一時は「安倍晋三首相記念小学校」名目で寄付金を集めていた。

 首相は国有地払下げや小学校認可への関与を否定し、「関係しているということであれば、首相も国会議員も辞める」と述べた。

 首相の地位にも関わる重要な問題だからこそ、真相究明の手綱を緩めては決してならない。

与野党を問わず、国会の責任は重い。 」として締めくくった。

 読んで勉強になった。

 「大阪市豊中市にある8770平方メートルの国有地。」があったとのこと、

 「森友学園があ4月開校予定の小学校用地として134百万で取得した」とのこと、

「財務省近畿財務局が依頼した不動産鑑定士による価格は956百万円だった」とのこと、

 「「地下埋設物がある」との学園側からの連絡を受け、管理していた国土交通省航空局がごみの撤去費用約8億円と算定し、その分を差し引いた」とのこと、

 「気味撤去とは別に、汚染土壌の除去費用として国は学園側に132百万円弱を支払った。」とのこと、

 「大阪府の松井一郎知事は記者会見で「ごみがなければ、土地を安くするための森友学園の詐欺行為になる」と指摘した」とのこと、等々を知ることができた。

 森学園では「学園が運営する既存の幼稚園は国に尽くすことを定めた「教育勅語」を園児に暗唱させることで知られている」とのこと、教育勅語が泣いてる、と思った。

 結果的に、「国有地を手放す代わりに国が得たのは約2百万円」と指摘されても、当然だ。

 東の豊洲市場問題、西の森友学園問題、なにか政治的なきな臭さが匂ってきた。メデイアも国会もここは踏ん張ってもらわないと、国民が浮かばれない!!

 

 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23879979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-02-25 10:42 | 東京新聞を読んで | Trackback