憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

検索サイト 情報の流通、重い価値<社会インフラとして評価し、検索結果の削除に高いハードルを課す!!>

 2月3日付朝日新聞社説に、「検索サイトの削除を求めた仮処分事件での最高裁の決定」のことが載った。
 今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「人々の間で情報が円滑にやりとりされることの価値を重く見た判断というべきだろう。
 検索サイトに約5年前の逮捕歴が表示される男性が、その削除を求めた仮処分事件では、最高裁は訴えを退ける決定をした。
 容疑は児童買春という強く非難される行いで、今なお公共の利害にかかわる。最高裁はそう指摘したうえで、このケースでは、削除してプライバシーを守る利益が、検索結果が提供される必要性を明らかに上回るとはいえないと結論付けた。」と指摘した。
 つづけて社説は、「注目すべきは、決定が検索サイトを「情報流通の基盤」と位置づけ。「検索結果の提供は事業者自身による表現行為の側面を持つ」と述べたことだ。
 社会インフラとしての同サイトの意義を評価し、検索結果の削除に高いハードルを課した。
 この判断は一方で、事業者に大きな責務を負わせるものということもできる。
 検索結果を提供する行為も、憲法が認める表現の一つの形態として、一定の保障を受けることがはっきりした。そうであれば、正当な削除要請には、これまでにも増して誠実に対応しなければならない。
 グーグルやヤフーなどの事業者は、決定が持つ意味をよく理解し、公共財として、より適切な運営を心掛けてほしい。
 今回の事件は、さいたま地裁が15年に「人は「忘れられる権利」をもつ」との判断を示し、削除を命じて話題になった。
 だが最高裁は言及しなかった。
 忘れられる権利は欧州で生まれたが、国内での議論は深まっていない。公人の犯罪歴や不適切な言動をはじめ、たとえ本人の望みに反しても、社会で共有すべきものは少なくない。
 権利として認めた場合、どんなメリット・デメリットがあり、世の中にいかなる影響が及ぶか。
 具体例の蓄積を見ながら、慎重に考えを固めていくべき事柄だろう。」と指摘した。
 最後に社説は、「名誉やプライバシーの保護と表現の自由との調整は、長年の難しい課題だ。ネット時代に入り、悩みはますます深い。
 忘れてならないのは、民主社会の維持・発展には人々が自由に情報を発信し、アクセスできる環境が欠かせないということだ。今回の最高裁決定が改めて示すところでもある。
 このおおもとを抑えたうえで、ウソのニュースやヘイトスピーチのような民主主義の土台をゆるがしかねない情報や、他人の人格を不当に傷つける表現行為は、市民が主体的にチェックし、取り除いてゆく。その地道な積み重ねを大切にしたい。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「検索サイトに約5年前の逮捕歴が表示される男性が、その削除を求めた仮処分事件で、最高裁は訴えを退ける決定をした」とのこと、
 「注目すべきは、決定が検索サイトを「情報流通の基盤」と位置づけ、「検索結果の提供は事業者自身による」表現行為の側面をもつ」と述べたことだ。
 社会インフラとしての同サイトの意義を評価し、検索結果の削除に高いハードルを課した」とのこと、
 「忘れてならないことは、民主社会の維持・発展には人々が自由に情報を発信し、アクセスできる環境が欠かせないということだ。今回の最高裁決定が改めて示すどころである」とのこと、等々を知ることができた。
 ネットの情報が不可欠となった日常生活を振り返れば、当を得た最高裁の決定なのかもしれない。
 そして、「さいたま地裁が15年に「人は「忘れらる権利」をもつ」との判断を示し、削除を命じて話題になった」とのことであるが、情報の消滅時効も考えなければならない、と思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23822440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2017-02-07 07:56
タイトル : フランス革命を舞台とした「ヴェリズモ・オペラ」の最高傑作
ジョルダーノ 「アンドレア・シェニエ」Umberto Giordano " Andrea Chénier " 19世紀に入り、現実をそのまま表現する写実主義の流れが西洋の美術や文学で現れます。絵画ではクールベ、文学ではフランスのフローベール、バルザック、イギリスのディケンズが写実主義の芸術を展開します。オペラの世界でもこの影響を受け、それまでの神話や英雄伝などの歴史物を題材としたロマン主義と異なり、同時代の人間の日常生活を写実的に捉える「ヴェリズモ・オペラ」という新しい性格のオペラが19世紀末に制...... more
by sasakitosio | 2017-02-05 13:37 | 朝日新聞を読んで | Trackback(1)