憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

流言飛語 <日常に隠されている差別と抑圧が生々しく恐怖心に反転し、瞬くうちに伝播?怖いね!?>

 1月26日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、法政大教授・竹田茂夫氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「西崎雅夫氏の労作「関東大震災 朝鮮人虐殺の記録」は暗澹たる証言集だ。
 未曾有の天災に追い打ちをかけるように流言飛語が避難民の間を駆け抜けるーーー大津波や富士山爆発、「主義者」の破壊活動、朝鮮人襲来、等等。
 日常に隠されていた異民族への差別と抑圧が生々しい恐怖感に反転し、瞬く間に伝播する。
 和辻哲郎の証言に在るように知識人でさえこの反転を免れない。民衆は町ごとに自警団を組織し、時には警察の抑止を振り切って集団的殺人に及ぶ。
 社会の奥底に潜む暴力性が劇的な形で現われたのだ。抜身の集団に遭遇した折口信夫は「平らかな生を楽しむ国びと」の実相を知る。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「米国大統領選中の偽ニュースやカスケード(周囲の真似をする行動の連鎖)は、その始点に明確な政治的意図があったにせよ、ラジオのない時代の流言飛語と構造は同じで、他の先進国にも広がる構えを見せる。
 新自由主義とグローバル化に痛めつけられた怒りを内向させた白人労働者層は、トランプ氏の現実を捏造してでも押し通す差別と排除の価値観に取り込まれていく。
 H・アーレント「全体主義の起源」が言うように、独裁支持の民衆が求めるのは事実ではなく単純明快な解釈図式なのだ。
 朝鮮人襲来の噂はすぐに消えたが、トランプ政政権嘘は苦痛に満ちた幻滅の末に明らかになるはずだ。として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「日常に隠されていた異民族へお差別と抑圧が生々し恐怖感に反転し、瞬く間に伝播する」とのこと、
 「和辻哲郎の証言に在るように知識人でさえこの反転を免れない。」とのこと、
 「抜き身の集団に遭遇した折口信夫は「平らかな生を楽しむ国びと」の実相を知る」とのこと、等を知ることができた。
「新自由主義とクローバル化に痛めつけられた白人労働者は、トランプ氏の現実を捏造してでも押し通す差別と排除の価値観に取り込まれていく」とのこと、
 「H・アーレント「全体主義の起源」が言うように、独裁支持の民衆が求めるのは事実ではなく単純明快な解釈図式なのだ」とのこと、等を教えてくれる。
 最後に筆者は、「トランプ政権の嘘は苦痛に満ちた幻滅の末に明らかになるはずだ」と予言する。この予言は当たっているような気がするが、その結果のアメリカと、日本と、世界の様子が想像できない。創造のための破壊なのか?破壊のための破壊なのか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23810201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-01-30 06:13 | 東京新聞を読んで | Trackback