憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

テロを封じる 宗教の寛容さ<宗教が根にある大矛盾!宗教ってなんだ!宗派ってなんだ!>

 1月14日朝日新聞朝刊15面に、「風」という欄がある。筆者は、中東アフリカ総局長・翁長忠雄氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「いつも行くカイロのスーパーには年が明けてもクリスマスの装飾があった。
 エジプトのコブト教(キリスト教の一派)のクリスマスは1月7日。
 古代エジプト歴を起源とするコブト歴は、私たちが使い慣れているグレゴリオ暦と少しづれる。
 信徒がキリスト降誕を盛大に祝うはずのこの日、コブト教会の周囲では例年にも増して厳戒態勢が敷かれていた。
 昨年12月11日、カイロ中心部になるコブト教会で自爆テロが起き、28人が死亡した。
 当局の発表によると、実行犯は22歳にの男。
 過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。
 コブト信徒は人口9千万の1割程度の少数派。
 コブト教会を狙った大規模テロは2011年1月アレキサンドリアで20人余が死亡した爆破事件以来だ。
 この時、ISの前身組織が犯行を予告していた。
 15年2月にはリビアで出稼ぎ労働者のコブト信徒20人余りがISに斬首された。」と教えてくれる。
 続けて筆者は、「エジプトでは13年にムルシ大統領が軍に解任され、拘束された。
 政権崩壊へと導いた軍の司令官は現在、大統領に就いているシーン氏。
 ムルシ氏の出身母体「ムスリム同胞団」は政権崩壊後にテロ組織に指定され、多数の幹部や団員が死刑判決を受けた。
 イスラム主義者に対する厳しい締め付けは、過激思想をまき散らすISやその信奉者を刺激。
 矛先となったのがコブト信徒だった。
 ISは彼らを現政権支持者であり、かってイスラム教徒の掃討を目的にキリスト教徒でつくった「十字軍」の仲間とみなしているのだろう。
 テロ現場に駆けつけ、惨状を目撃したラファエル・サルワット司教は「標的となったのは教会だけでなくエジプトなのだ」と憤る。
 「我々(コブト信徒とイスラム教徒)は融和の重要さを分かっている」と語った。
 一方イスラム教徒でありながら娘をコブト系の学校に通わせている国会議員のムハンマド・シャパンさんは「宗教の違いを強調するのは国民の一部に過ぎない。そうした人たちの声が大きいのが問題だ」と指摘する。」と指摘した。
 さらに筆者は、「宗教対立を放置すれば治安がさらに悪化しかねない。
 その対策はシーン大統領に取って重要課題だ。
 昨年9月、多数派であるイスラム教徒に対するキリスト教徒の不満を和らげるため、新しい教会を建てる際の規制を緩和するための教会建築法を制定。
 今月6日のクリスマスエブには「新しい会とムスク(イスラム教の礼拝所)を1年以内に建て、エジプトから愛と寛容のメッセージを世界に届ける」と発表した。
 だだ、対立の芽を摘むのは容易ではない。
 エジプトの通貨ポンドは下落し、物価は高騰。
 庶民は苦しい生活を強いられている。
 イスラム教スンニ派の最高権威機関アズハルの元指導者ガマル・クトゥブさんは言う。
 「貧困と飢えに耐えられない人は容易にテロ組織に感化され、社会へ報復しようとする」
 政権がモを規制し、人々の声を抑え込もうとすればするほど不満が蓄積する。
 テロを封じ込めるには、経済危機からの脱却と宗教の寛容さを取り戻す対策が必要だ。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
「昨年12月11日、カイロ中心部にあるコブト教会で自爆テロが起き、28人が死亡した。」とのこと、
「コブト信徒は人口9千万人の1割程度の少数派」とのこと、
「コブト教会を狙った大規模テロは2011年1月にアレキサンドリアで20人余が死亡した爆破事件以来だ」とのこと、
 「15年2月にリビアで出稼ぎ労働者のコブト信徒20人余りがISに斬首された」とのこと、等等を知ることができた。過日、年末年始の外国一人歩きでカイロを訪れた際、カイロから電車を使って現地へ行き、壁に囲まれた迷路のなか「コブト教会」にたどり着き、中に入って見学した。1月7日のクリスマスの準備に追われている信徒の人々を見た。ところが、日本に帰ったら、その教会で銃の乱射があり多数の人々は死傷したとのニュースをメディアで知った。
 「テロ現場に駆けつけ、惨状を目撃したラファエル・サルワット司教は「標的となったのは教会だけではなくエジプトなのだ」と憤る」とのこと。
 なぜ、こんなことが起きるのだろう。
「経済的危機からの脱却と宗教の寛容さを取り戻す対策が必要だ」と筆者の指摘は、その通りだと思った。
 が、それがいまだに出来ていないことに、なにか根本的なことが見落とされているではないか?
 人間社会の気づきの限界、人間そのものにある限界、宗教そのものにある限界、今そこに我々はたどり着いたのだろうか? 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23788686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-01-19 07:21 | 東京新聞を読んで | Trackback