憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

あなたは議員に代表されているか<だれも他人を代表できない!時代は直接・具体・単純の時代じゃん?>

 1月8日付朝日新聞朝刊3面に、「日曜に想う」という欄がある。筆者は、編集委員・大野博人氏だ。
 今日は、この筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、」「アイルランドの首都ダブリンで2002年に会った中年男性の毅然とした表情を思い出す。
 「我々国民は、赤点をとった学生なのか」
 その年に会った国民投票の取材でのことだ。
 欧州連合(EU)の新しい取り決め、ニース条約の批准を問う投票だった。実はその前の年にも、ほぼ同じ内容の国民投票があった。ところが、最初のときの答えは「否」だった。
 条約の発効には全加盟国が批准しなければならない。議会で決めればよいほかの国と違って、アイルランドは国民投票が必要。議会なら162対4で可決できたはずだが、国民は別の答えを出した。EUの動きに急ブレーキがかかった。
 アイルランド政府は、条約の重要性を訴えるキャンペーンを繰り広げ、1年後に再投票に賭けた。今度はゴーサインが出た。中年男性は批准に反対する市民団体のメンバーだった。
「国民は(政府と同じ)答えを出すまで追試を受けさせられるみたいだ」
 自分たちが議会に送り込み代表を委ねた政治家たちは民意を尊重しないどころか、EUや政権と一緒になって民意はまちがっているといわんばかりだーー。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「自分たちは代表されていない。
 同じような気分を長年強いられて、うんざりした人たちの反乱が、昨年の政治的「事件」の頻発となったのではないか。
 代表制、議会制のはずなのに、自分たちが選んだ政治家や議会は自分たちを見ていない。自分たちの声に耳を傾けていないーー。
 英国のEU離脱を決めた国民投票は議会の大勢とは逆の結論だった。
 米国大統領選擧のトランプ氏の勝利とサンダース氏の健闘は、2大政党の思惑をなぎ倒す出来事だった。
 イタリアでも国民投票で政府の憲法改正案が否決され、首相が辞任を余儀なくされ、オーストリアの大統領選擧でも、右翼候補こそ落選したものの、当選したのは2大政党の候補ではなかった。
 「事件」は、議会やそれを支える政党という従来の代表制民主主義の枠組みを踏み出して起きた。人々は議会選挙よりもっと直接的な政治へのチャンネル、国民投票や大統領選に殺到して思いのたけをぶつける。それが、爆発的な「事件」となる。
 浮き彫りになっているのは、「代表制」の危機にほかならない。」と指摘した。
 最後に筆者は「流れは当分続くと見るのは、政治理論が専門の山﨑望・駒沢大学准教授」(42)。
 新年にはオランダ総選挙やフランス大統領選挙、ドイツ連邦議会選挙などが予定されているが「ポピュリスト政党が大惨敗を喫するとは思えない」
 「代表制の危機」が根にあるという点で、11年のニューヨーク・ウォール街でのオキュパイ運動や日本の脱原発デモ、あるいは韓国で昨年、大統領を追い詰めた大規模デモなど、各地の異議申し立て運動につながる現象だという。
 さらに「代表」の集まりとしての立法府が権威と影響力を失っていく一方、権力を強化しているのが首相や大統領など行政府側だとも山崎教授は指摘する。
 「ロシアや中国みたいに」
 けれども、相次ぐ「事件」を目の当たりにして、肝心の議員たちに、問われているのは自分たちで、代表制の立て直しが急務だという意識や動きがあるか。
 すくなくとも日本ではそう見えない。
 一票の不平等を根本的に解消しようとしない、何を問うのかさえ不明のまま、解散総選挙の時期を探り合う、議員自身が国会の論戦を「田舎のプロレス」と形容するーー。行政府の権力強化の動きに追随する頽廃した立法府の姿。
 議員たちが代表しているのは、もはや人々ではなく行政府の方だ、というフランスの歴史家、ロザンヴァロン氏が指摘する通りの事態が進行し続けている。
 立法府を従えて権力を強める行政府と、それに対しポピュリスト政治家への傾斜や街頭デモで不満や異議を表す人々。
 このままでは代表制はその政治的緊張のはざまで置き去りになるかもしれない。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 代表制、間接民主主義とは、どうゆう状況で成立し、効果を発揮できるのか、それの賞味期限、消費期限は切れていないのか、今検証しなければならない時ではないかと、思った。
 とりわけ、大衆の知的レベルが上がり、マスメデア、ネットの普及、等々で情報は氾濫しているし、情報の拡散範囲の拡大とスピードの速さは、時間と空間の制約のあった時代の民主主義(間接民主主義)の時代から直接民主主義への転換を促しているのではないだろうか。
 世界的規模で直接民主主義による「衆議」の道を探る契機にしたいものだが?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23773198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2017-01-11 06:42 | 朝日新聞を読んで | Trackback