憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

高齢者ドライバーの事故 統計と報道イメージの差<加害者の高齢者は少なく!実は被害者の高齢者は多い!>

12月16日付朝日新聞17面に、「月刊安心新聞」という欄がある。筆者は、千葉大教授・神里達博氏だ。
 まず筆者は、「最近、自動車事故に関する報道をよく目にする。特に高齢のドライバーが起こした事故のニュースへの関心は高く、すでに大きな社会問題として捉えられている感がある。
 報道の推移をみると、契機になったのは、10月末に起きた横浜での事故であろう。
 登校途中の小学生たちを87歳の男性が運転する車がはね、小学一年生の男子が死亡、児童を含む6人が重軽傷を負った。悲惨な事件の衝撃は非常に大きかった。
 加えて、誰もが個人的な経験として、高齢者の運転に不安を感じているというのも、この問題が注目を集めている原因ではないか。
 人間誰しも齢を重ねれば身体能力が衰え、とっさの判断のミスや遅れが出やすい。
 社会全体の高齢化がすすむなか、問題の拡大を人々は懸念しているのだろう。
 一方で日本には、公共交通機関が不足しているため、自動車がないと著しく生活に困難をきたす地域も少なくない。また自分で移動できる手段が確保されるということは、高齢者の精神衛生や幸福感に影響を与えるのも確かだろう。
 特に、現在の高齢者は、大衆化し誰もがマイカーで移動できるという楽しさを最初に享受した世代だ。
 対策は必要だろうが、権利を制限される側への配慮も忘れてはならない。
 このように、高齢ドライバー問題に対しては様々な論点があり、簡単に「正解」は見つからない。 
 しかしだからこそ、議論の前提となる客観的な事実について私たちは共有しておくも重要だろう。
 実は交通事故については、精密な統計が政府から魔年発行されており、インターネットで誰でも見ることができる。そこから読み取れることは多々あるが、一部を紹介しよう。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「そもそも、自動車事故による死者は過去20数年にわたって、ほぼ毎年減り続けている。又過去最多は1970年であり、16000人を超える犠牲者が出ていた。
 昨年は4117人であり、まだまだ多いとはいえ、ピークの4分の1にまで減少したことを確認しておきたい。
 ただ65歳以上の高齢者についてみれば、その減り方は鈍く、犠牲者に占める割合は増えている。
 昨年の交通事故死亡者のうち高齢者は54.6%であり、高齢者が人身事故に遭った際に死に至るリスクが、全世帯平均の6倍にもなることも影響しているだろう。しかも、犠牲者の約半分は歩行中に事故に遭っている。
 最近の報道では、「加害者としての高齢者」が強調される傾向が強いが、現実のデータをみると、依然として被害者としての高齢者が多いことが分かるだろう。
 とはいえ「高齢者ドライバーによる事故は増えているのでは」と思われた方も多いのではないか。
 この点、についても調べてみると、少し意外な姿が見えてくる。
 統計の一つに、「原付以上運転者(第一当事者)の年齢別免許保有者10万人あたり死亡事故件数の推移」という表がある。
 この「第一当事者」とは、当該事故において最も過失が多い者を指しており、それぞれの年齢層ににおける、事故の起こしやすさの違いがこの表から読み取れる。
 さて年齢層別で比較すると、最も死亡事故の率が高いのは、16歳から24歳の若者である。
 2015年は、全世帯平均が10万人当たり約4.4件なのに対し、若者は7.6件だ。
 一方65歳以上の高齢者は5.8件で、平均よりうえだが最も高いわけではない。
 また高齢者も含め、10万に当たり事故件数はおおむね減少傾向にある。
 従って、高齢者の事故が目立っている理由としては、おそらく高齢者全体の人数が増えていることの効果が大きく、高齢者層はやや事故を起こしやすい傾向はあるものの、他の年齢層と比べて著しく運転が危険であるとまでは言えないだろう。
 もっとも、年齢階層を細かく見ていくと、80~84歳で11.5件、85歳以上は18.2件と大きくなる。
 ただし16~19歳は14.4件とこちらも無視できない。
 又事故の実数でいえば、40~44歳の世代が最も多くの死亡事故を起こしており、85歳以上全体の3倍を超えている。」と指摘した。
 最後に筆者は、「以上のように、報道によってイメージされるリスクと、統計的な数値は、若干の乖離があるように思われる。
 なぜその差が生じたのだろうか。
 実は本コラムでは以前も、食品事件の報道を題材に同様の議論をしたことがあるが、メディアには議題(アジェンダ)設定機能というものがあり、「今どんなことが問題か」を指し示す役割がある。
 そしていったん、社会的なアジェンダになると、普段ならば優先順位が低いニュースでも、積極的に報じられるようになる。今回も、痛ましい事故が起こったことにより、アジェンダが「高齢ドライバー」設定され、それに適合する報道が増えたと推測できる。
 ジャーナリズムは、社会問題を議論する場を担う役割もあるし、高齢者が関わる事故が増えていることは事実だ。
 冒頭で挙げた事件など、悲惨な事故が続いているのも確かある。
 従って今後も、さまざまな安全対策を講じることは当然、重要である。
 ただ同時に私たちは、ときどき立ち止まって、別の角度から自らの思考を点検することも忘れるべきではないだろう。理性と感情のバランスをとり、社会全体にとって良い方向性を模索していきたいものだ。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「自動車事故による死者は過去20数年にわたって、ほぼ毎年減り続けている。」とのこと、
 「だが、65歳以上の高齢者についてみれば、その減り方は鈍く、犠牲者に占める割合はふえている」とのこと、
 「最近の報道では、「加害者としての高齢者」が強調される傾向が強いが、現実のデータを見ると,依然として被害者としての高齢者が多いことがわかるだろう」とのこと、
 「高齢者の事故が目立っている理由としては,おそらく高齢者全体の人数が増えていることの効果が大きく、高齢者層はやや事故を傾向があるものの、他の年齢層と比べて著しく運転が危険であるとまではいえないだろう。」とのこと、
 「メディアには議題(アジェンダ)設定機能というものがあり、「今どんなことが問題か」を示す役割がある、」」とのこと、
 「今回も、痛ましい事故が起こったことにより、アジェンダが「高齢者ドライバー」に設定され、それに適合する報道が増えたと推測できるのだ」とのこと、等等を教えてくれた。
 確かに、高齢者ドライバーが増えていると感じている。もたもた運転している車のフロントを覗くと、どう見てもシルバーマークの人が、マークなしで運転しているのをしばしば見かける。まずは、高齢者ドライバーはシルバーマークを車の前後に貼り、周囲に注意を喚起する所から始めたらどうだろうか。
 シルバーマークを見たら「危険物」と思え!!と!
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23726541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-12-18 14:29 | 朝日新聞を読んで | Trackback