憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

満蒙開拓の実相”負の歴史”伝え続ける<先週、天皇、皇后両陛下が満蒙開拓平和祈念館を訪問された>

 11月26日付東京新聞社説に、満蒙開拓の実相が載った。今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「長野県の阿智村の満蒙開拓平和記念館を先週、天皇、皇后両陛下が訪問された。戦中、戦後と苦難を強いられた開拓民の記憶を語りつぐ場だ。”負の歴史“の実相をさらに多くの人に伝え続けたい。
記念館は、2013年4月にオープンした。
 1932年、現中国東北部に建国された旧満州国へ渡った開拓民の苦難を伝えようと、その証言や資料を集めた全国で唯一の民間施設でもある。
 今回の訪問は両陛下の希望で実現したといい、体験を語り継ぐ3人の引揚者と懇談もした。
 その語り部の一人、豊岡村の久保田諌さん(86)の葛藤をたどるだけでも筆舌に尽くしがたい。」と切り出した。
 つづけて社説は、「約27万人とされる開拓民のうち、長野県からはもっとも多い3万3千人が送りだされた。
 だが、終戦間際のソ連軍侵攻と敗走中の惨劇の数々によって、帰国できたのは同県でわずか1万7千人にすぎなかった。
 敗戦直後、久保田さんの村の開拓団は、ほぼ女性と子どもだけ。
 逃げ切れずに集団自決に走った。
 母が子をあやめ、親同士だ「今度は私を」と続いた。まだ15歳だった彼も、いやいやそれを手伝う。
 70余人が息絶えた。
 彼ともう一人、男二人が残された。一緒に死のうと石を手に、気が遠くなるまで額をなぐり合ったが、結局、死にきれなかった。
 懇談の後、天皇陛下は「こういう歴史があったことを経験のない人にしっかり伝えることは、とても大事なこと」と話した。
 これまでも書いてきたが、何度でも書かねばならぬ。」と指摘した。
 最後に社説は、「開拓民は国策で渡ったが、開拓とは名ばかり、その多くは現地の人から取り上げた土地や家をあてがわれ、意識せずとも侵略の加担者になっていたことを。
 今も残留孤児の支援さえおぼつかないのに、70余年前と同じように前のめりになっている国のありようや、それに無頓着な空気の危うさが漂っていることも。
 偽りの国策に踊らされた過ちを繰り返すまいという地元の熱意が実った記念館だ。
 今月、修学旅行なども含めた来館者は10万人をを超えたが、知名度は低かった。
それが、両陛下の来訪でひときわ脚光を浴びた。何より遠目に見ていた地元の人々の関心が高まった。
いわば“負の遺産”ともいえる当時の実相を、揺るがぬ資料や証言でもっと伝えていきたい。」として締めくくった。
 読んで愕然とした。終戦直後の村の開拓団の集団自決だ。
 「長野県阿智村の満蒙開拓平和記念館(2013年4月オープン)を先週天皇皇后両陛下が訪問された」とのこと、初めて知った。
「敗戦直後、久保田さんの村の開拓団は、ほぼ女性と子供たちだけ、現地の住民の略奪に怯え、逃げ切れずに集団自決に走った。母が子をあやめ、親同士が「今度は私を」と続いた。まだ15歳だった彼も、いやいやそれを手伝う。 70余人が息絶えた。
 彼ともう一人、男二人が残された。一緒に死のうと石を手に、気が遠くなるまで額をなぐり合ったが結局、死にきれなかった」とのこと、70余年日本に生きて来て、初めて見聞きした。むごすぎる。これも戦争の惨禍の一つだ。戦争は絶対してはいけないと、あらためて思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23676545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-11-28 17:31 | 東京新聞を読んで | Trackback