憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

沖縄侵攻作戦 <沖縄の人々の「心と体の痛み」!!同じ日本人として、共有しよう!!>

 11月22日付東京新聞朝刊27面に、「本年のコラム」という欄がある。筆者は、ルポライター・鎌田慧氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「北方4島のうち最も小さな、歯舞色丹2島ぐらいは返してくれるのではとの期待が鳴り物入りのプーチン安倍会談にかかっているが、どうも難しそうだ。
 そのかわりと言うべきか、政府は20年前に決まっていた、沖縄の米軍北部訓練場「一部返還」(4千ヘクタール)を大々的に宣伝しそうだ。
 来月20日に返還式が予定されているため、沖縄県東村高江地区は異常事態だ。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「高江地区では、その南側に建設が予定されている辺野古米軍新基地付属のオスプレイバッド(着陸帯)の工事が強行されている。この湿潤の森は国の天然記念物ノグチゲラをはじめとして、ヤンバルクイナなど貴重な絶滅危惧種の宝庫なのだが、惜しげもなく樹木が切り倒され、大量の砂利が運び込まれている。
 その見返りに使用価値のない訓練場の一部を返す、基地負担の軽減、と米軍と政府は恩着せがましい。
 常駐する500人の機動隊員が県道を封鎖して市民の通行を遮断、運動の指導者を逮捕、長期拘留し、起訴した。」と指摘した。
 最後に筆者は、「まるで戒厳令下だ。ダンプ4台一組、その前後をパトカーで固める護送作戦。
 政府・業者が一体化した突貫工事を目撃して私は目を疑った。
 そればかりか、工事用重機を陸上自衛隊のヘリが、空輸し、警察車両が作業員を運び、工事用車両に機動隊員が同乗する。
 沖縄侵攻策戦は、今日も続いている。」として締めくくった。 
 読んで勉強になった。
 高江地区の、「湿潤の森は国の特別天然記念物ノグチゲラをはじめとしてヤンバルクイナなど貴重な絶滅危惧種の宝庫なのだが、惜しげもなく樹木が切り倒され、大量の砂が運び込まれている」との指摘、
「 常駐する5百人の機動隊員が県道を封鎖して市民の通行を遮断、運動の指導者を逮捕、長期拘留し、起訴した」との指摘、
 「工事用重機を陸上自衛隊のヘリが空輸し、警察車両が作業員を運び、工事車両に機動隊員が同乗する」との指摘、等等をあらためて知らされた気がした。
 沖縄の人たちにとって、本土全体が抑圧者に見えるだろうなあと、心が痛んだ。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23649330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-11-25 06:55 | 東京新聞を読んで | Trackback