憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

「日米同盟」考える時 <日米安保、10年の条件はクリア、終了してでなおそう、トランプさんと一緒に!>

11月18日東京新聞社説横に、「ミラー」という欄がある。今日の投稿者は、国立市在住の通訳・谷 美穂(55)さんだ。今日は、谷さんに学ぶことにした。
 まず谷さんは、「米大統領選が終わった今も、メディアはドナルド・トランプ氏の言動と米国内の「反トランプ」デモなど大々的に報じる。
 「あんな人が大統領になるなんて」と心配する日本人のコメントも聞くがよく足元を見た方がいい。暴言を男らしさと勘違いする政治家は日本にはウヨウヨいる。
 わざわざ「第三国人」と言った元知事に学ばなくとも、先日は沖縄県人を「土人」というのは歴史的に「差別だと断じることは到底できない」といった担当大臣がいた。トランプ氏どころの人権感覚ではない。人のふり見てわがふり直せではないか。」と切り出した。
 つづけて谷さんは、「私たちが米大統領選に振り回されている間に、国内の重要課題は政府や官僚に都合よく置き去られてしまっている。
 過労死問題、そして改憲や沖縄の辺野古基地、高江のヘリパット建設問題は?
 今日も沖縄では大きな人権蹂躙が行われているはずなのに・・・・・。
 日米同盟が壊れる、米国は日本を守ってくれなくなると慌てる声がある。
 だが、米国は自国に火の粉は降りかからない限り行動を起こしはしない。トランプ氏が日米同盟をどうするか顔色をうかがう前に、私たち自身がどうしたいかを考えなければならない。」と指摘した。
 最後に筆者は、「沖縄に見るように、日米地位協定は完全に日本の施政権を損なっている。それが実質的に改定できないのであれば、日米安保条約をいったん終了させるべきだ。締結から10年の条件はクリアした。いつでも白紙にし得る。
 何の同盟がいるのか、どの国とどういう形で同盟を結ぶのか、基地は本当にいるのか、まず国内で論議を煮詰めければならない。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「沖縄に見るように、日米地位協定は日本の施政権を損なっている。それが実質的に改定できないのであれば、日米安保条約をいったん終了させるべきだ。締結から10年の条件はクリアした。いつでも条約を白紙にし得る」との指摘、
 「何の同盟がいるのか、どの国とどういう形で同盟を結ぶのか、基地は本当にいるのか、まず国内で論議を詰めなけれ場ならない」との指摘、目からうろこの指摘だった。
 沖縄の基地問題は、日米安保の終了から考えなければならなかったこと、締結から10年の条件はとっくにクリアしていること。
 学者文化人マスメディア、誰も言いださないのはなぜか、考えて見たくなった。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23630533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-11-21 06:27 | 東京新聞を読んで | Trackback