憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

新潟新知事 国民的不信の代弁だ<泉田雄彦知事のみごとな頑固さ!基本姿勢引き継ぐ米山隆一氏、いいね!>

 10月18日付東京新聞社説に、新潟新知事のことが載った。今日は、この社説を学習することにした。
 まず社説は、「原発慎重派が勝利した新潟県知事選。地元柏崎刈羽原発再稼働への賛否にとどまらず、3.11後、多くの国民の中に芽生え、膨らみ、臨界に達しつつある感情を代弁した結果ではないだろうか。
 「県民の命と暮らしを守れない現状で、再稼働は認められない」
 当選した米山隆一氏は、繰り返す。
 泉田裕彦知事が、かたくなといわれながらも貫き通した基本姿勢を継承するということだ。
 泉田知事は、原発再稼働をただ拒絶してきたわけでは無い。
 東京電力福島第一原発事故を県として独自に検証し、避難計画を審査しない原子力規制委員会にも疑問を投げかけた。
 世界最大級の東電柏崎刈羽原発を抱える自治体の長として、当たり前のことをしてきただけだ。」と切り出した。
 つづけて社説は、「柏崎刈羽原発の運転開始は1985年。新潟県は福島県同様、首都圏の明かりをともし続けてきた。
 県民には、日本のエネルギーを支える自負もあっただろう。電源立地に伴う交付金は、確かに地域を潤した。
 しかし、3.11がすべてを変えたのだ。同じ立場の福島で、多くの県民が故郷を追われ、仕事をなくし、後からやって来るかもしれない放射線障害への怯えを抱いて暮らしている。
 十分な補償はされず、科学の粋を尽くしても完全な除染は不可能、原発のむくろの中に流れ込む汚染水ひとつ止められない。不安を感じて当然だ。
 一方、当の東電は、電気が足りているにもかかわらず、命より、暮らしより補償より、自社の収益改善を最優先するかのように、柏崎刈羽の再稼働を急ぐ。
 政府はと言えば、廃炉費用や福島の補償費を過去にさかのぼって電力消費者に“つけ回し”することを企てているようだ。
 規制委は、再稼働に向けて柏崎刈羽を優先審査するという。どこもかしこも、安全は二の次だ。」と指摘した。
 最後に社説は、「知事選の結果は、県民の不安や不信というよりも、怒りに近い感情の表われなのではあるまいか。
 それはもはや、新潟や、7月の知事選で川内原発にノーを突きつけた鹿児島のような原発立地県だけにとどまらない。
 地震国日本に暮らす、多くの都道府県民に、そして”国策“による不祥事のつけ回しにさらされる電力消費者に、共通する思いでもあるだろう。
 新潟県民は、「国民」の代弁をしたのである。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「「県民の命と暮らしを守れない現状で、再稼働は認められない」当選した米山隆一氏は繰り返す」とのこと、
 泉田知事は「東京電力福島第一原発事故を、県として独自に調査し、避難計画を審査しない原子力規制委員会に疑問を投げかけた」とのこと」、等等を知った。
 そして、わが故郷が、再稼働推進派の知事にならなかったことに、心の底から好かったと思っている。
 政権と、新潟県内の保守の総結集と連合まで味方し、野党第一党の民進党は自主投票。これでは、今までの常識で測れば、保守圧勝、原発再稼働にゴー、と思うのが当然の情勢だった。マスコミの前評判も保守余裕であった。だから、余計に米山隆一知事の誕生はうれしかった。
 そして、当選した米山隆一氏は、「県民の命と暮らしを守れない現状で、再稼働は認められない」と繰り返している。頑張ってほしいと、思っている。
 社説は、「新潟県民は、「国民」の代弁をしたのである」と指摘している。
 この指摘を、現実に国会議員の数で、再稼動ノーの議員を多数誕生させるよう、新たな「国民運動」と「議員候補者」づくりを、ただいまから始めよう!!
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23565343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-10-21 05:58 | 東京新聞を読んで | Trackback