憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

ネット依存症 <中国での話ですが?問題は私人間での「治療と称する」人権侵害だ!?>

 10月15日付東京新聞朝刊25面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、作家・楊逸氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「1980年代後半、留学のため、東京に来た私を、毎日のように感心させル風景があった。
 身動きができない程の満員電車の中で、新聞を開く人や本を読む人、はたまたれんがのような漫画に没頭する人・・・。乗客の多くは眠たそうな顔をしながらも「長い通勤時間を無駄には過ごせない」というように、何かを読んでいた。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「あれから30年がすぎた。
 いまの電車内は、スマートフォンとにらめっこする人が随分と増えている。
 新聞や漫画はスマートフォンで読めるようになったし、インターネットの時代、スマホ一つさえ持っていれば、音楽が聴け、ゲームもでき、ラインを使って友だちと声を出さずに言葉を交わせる。
 近年、ネット依存症という現代病にかかって社会生活ができなくなった若者は、どの国でも急増している。
 中国ではそんな我が子とネットを断絶し、社会復帰させるために「更生施設」に送る親たちが少なくない。」と教えてくれる。
 最後に筆者は、「だが「監獄よりもひどい仕打ち」と、こうした経験者がネット上で訴えた。
 これをきっかけに、体罰や電気ショックを与え、罵声を浴びせるなどという「治療」の実態が次々と暴かれた。
 ネット依存は病気である。
 しかし、それに虐待という「治療」を加えれば、症状は悪化するほかない。なんの効果があるというのか。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「中国ではそんな我が子とネットを断絶し、社会復帰させるために「更生施設」に送る親たちが少なくない」とのこと、
 「施設での「体罰や電気ショックを与え、罵声を浴びせるなどという「治療」の実態が次々暴かれた」とのこと、ことを初めて知った。
 国家権力が人権無視・侵害が日常化していると、私人間での人権無視・侵害を止められないということか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23554947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-10-16 07:03 | 東京新聞を読んで | Trackback