憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

虚構のサイクル <推進してきた政治家はじめすべての関係者に、何らかの経済的責任を取らせたい!!>

 10月4日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」と言う欄がある。筆者は、ルポライター・鎌田慧氏だ。
 今日は、この筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「福島原発から5年半、日本には原発は無理だ、とさまざまに立証されている。やがて来るであろう大地震が、最大の恐怖だが、生活を奪われた原発被災難民の困窮はますます深まっている。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「使えば使うほど増えるという詐欺のような「夢の増殖炉」もんじゅの破綻はおおうべくもない。
 既に1兆円、原子力船「むつ」につぐ壮大なゼロ、国費の無駄遣い。
 もんじゅがだめならアストリッドと安倍首相が仏の実験炉の先物買い。
 ところが原発大推進の日本原子力学会さえ「どれだけ協力費を強いられるか疑問」と警戒。
 再処理工場の原料、との触れ込みで、青森県六ケ所村のプールには、各原発から使用済み燃料が運び込まれ、満タン状態。肝心の再処理工場は試運転さえ20数回延期で、、にっちもさっちもいかいない。」と指摘した。
 最後に筆者は、「もんじゅとともに描いた、虚構の「核燃料サイクル」である。石原宏高内閣府副大臣は、原爆6千発分までたまったプルトニウムを「着実に利用します」と国際原子力機関総会で約束したが、安倍首相の「アンダーコントロール」とおなじ、真っ赤な国際的虚言。
 東電の賠償、除染、廃炉費用は20兆円に増殖しそうだ。政府は新電力の電気料金に上乗せ、つまりは消費者に押し付ける悪巧み。原発の将来は、だれにも責任が取れない行き止まり、とよくわかった。運転やめて考えよう。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「もんじゅがダメならアストリッドと安倍首相が仏の実証炉の先物買い。ところが原発大推進の日本原子力学会さえ「どれだけ協力費を強いられるか疑問」と警戒」とのこと、
 「石原宏高内閣府副大臣は。原爆6千発分にまでたまったプルトニウムを「着実に利用します」と国際原子力機関総会で約束した」とのこと、
 「東電の賠償、除染、廃炉費用は20兆円に増殖しそうだ」とのこと、等等を知ることができた。
 たしかに、筆者の言う通り「原発の将来は、誰にも責任が取れない行き止まり」とよくわかった。
 そして筆者は「運転をやめて考えよう」と提案している。でも、全ての推進者には、政治的、経済的、社会的、道徳的、等々何らかの責任を取ってもらわないと、先に進まないような気がするが?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23541236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-10-09 16:07 | 東京新聞を読んで | Trackback