憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

首相「拍手」促す 三権分立に反しないか<安倍総理が習近平もどき?国会が全人代もどき?おらいやだー!>

 10月4日付東京新聞社説に、「首相「拍手」促す」と言う見出しで、9月26日の臨時国会の所信表明演説の様子が載った。
 今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「行政府の長である首相が、行政機関に対する称賛を、立法府である国会の場で議員に促すことは適切だろうか。国会は国権の最高機関でもある。首相の振る舞いは、三権分立に反してはいないか。
 臨時国会が召集された9月26日午後、安倍晋三首相の所信表明演説が衆院本会議で行われた。
 演説終盤、首相は日本の領土、領海、領空を守り抜く決意を強調した上で、最前線で「極度の緊張感に耐えながら任務を全うする」海上保安官や自衛隊員に「今この場所から、心からの敬意を表そう」と、議場の議員らに拍手するよう促したのである。
 首相の呼びかけに応じたのだろう。自民党議員が一斉に立ち上がって拍手を続け、大島理森議長が着席を促し、ようやく収まった。」と切り出した。
 つづけて社説は、「その光景に「北朝鮮か中国共産党大会のよう」(小沢一郎生活の党共同代表)異様さを感じた人も多かったのではないか。民進、共産、日本維新の会の三党が「極めて異常な事態」と自民党側に抗議したのは当然である。
 国境警備や災害救助など危険な任務に当たる自衛隊員らに対して、国民の多くはもちろん敬意を持ち、感謝している。2015年に行われた内閣府による世論調査で、自衛隊に「良い印象を持っている」人が92%に上るのも、その証左だろう。
 かといって、首相が自衛隊などに敬意を表すよう、国会の場で議員に促すのなら話は違ってくる。
 そもそも首相は行政府の長であり、自衛隊の最高指揮官だ。その立場にあるものが国会議員に対し、自らの指揮下にある部隊や隊員らに敬意を表するよう促すのは、行き過ぎとの誹りはのがれまい。」と指摘した。
 最後に社説は、「首相は自民党の総裁であり、国会議員から首相を選ぶ議院内閣制だとしても、「行政府の長」が「立法府の長」のように振る舞うのは三権分立に反する。国会は内閣の下部組織ではない。
 自民党側は「自然発生的」と釈明しているが、首相官邸側の働きかけがあったのなら言語道断が。
 首相は、自らの振る舞いの異常さを認識すべきであろう。
 起立、拍手した議員の側にも問題があることも指摘したい。
 自民党内から「ちょっとおかしい。自然じゃない」(小泉進次郎衆議院議員)との声は漏れてくるが、「安倍一強」ともされる政治状況下、首相に過度に同調し、疑問を抱かない鈍感さがまん延しているのなら、深刻である。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 安倍総理の呼びかけで、自民党議員が一斉に立ち上がり拍手を続けた「この光景」に、北朝鮮か中国共産党大会のよう」(小沢一郎生活の党共同代表)な異様さを感じた。これは、オリンピックの問題や、豊洲の問題より、マスメディアにファシズムの「芽か花か実」問題として、大きく長くしつこく深く「その来し方行く末」を、日本の有識者を総動員してでも、報道し「深堀」し続けてほしいと思った。
 だが、報道関係者もタカをくくっているのか、メディア総体が安倍ファシズムに侵されてしまったのか、「この光景」にあっさりしすぎているような気がしてならない。
 日本は大丈夫だろうか?
 日本の民主主義はファシズムをとめることができるのだろうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23532088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-10-05 06:41 | 東京新聞を読んで | Trackback