憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

今憲法を考える⑤修正重ね自らに手で <例えば、地方自治、戦争放棄の9条、公務員の選挙等々!?>

 9月2日付東京新聞社説に、「今、憲法を考える⑤」というシリーズが載っている。
 今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「「改憲」論者が憲法改正を必要とする理由の一つに挙げているのが、その制定過程。
 現行の日本国憲法は連合国軍総司令部(GHQ)に押し付けられたとの立場。「押し付け憲法論」である。
 現行憲法が終戦後、マッカーサー元帥率いるGHQの影響下で制定されことは事実だ。
 松本烝治国務大臣を委員長とする日本政府の憲法問題調査委員会(松本委員会)による憲法改正案を拒否したGHQは自ら改正草案を9日間で作成し、政府に受け入れを迫った。GUQの草案である。
 日本政府は結局、この草案にそって大日本帝国憲法の改正案を起草し、帝国議会に提出する。」と切り出した。
 つづけて社説は、「在任中の改憲を目指す安倍晋三首相が「日本が占領下にある当時、日本政府といえどもGHQの意向には逆らえない中、この憲法がつくられ、極めて短い期間につくられた」と述べるのも、こうした経緯に基づくのだろう。
 しかし、この見方は表面的だ。
 GHQの草案つくりには、日本の民間団体「憲法研究会」が作成した「憲法草案要綱」が強い影響を与えたし、日本政府が憲法改正案を作る際も、GHQの草案をそのまま受け入れたわけではなく、地方自治規定を盛り込むなど「日本化」の努力がなされていた。
 平和国家という戦後日本のあり方を規定した戦争放棄の9条が、当時首相だった幣原喜重郎氏の発案だったことも、マッカーサー元帥の著書や書簡、幣原氏の証言などから明らかになっている。
 改正案を審議した帝国議会で活発に議論され、修正を加えたことも押し付けとは言えない証左だ。
 9条2項冒頭に「前項の目的を達するため」との文言を加え、自衛権を保持しうることを明確にしたとされる「芦田修正」は衆院での修正。
 貴族院では、公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する、などの修正を加えた。
 憲法前文は、両院で修正され、文言が練られている。
 現行憲法が、押し付けられたものを唯々諾々と受け入れたわけでないことは明らかだ。
 むしろGHQの圧力を利用して旧弊を一掃し、新生日本にふさわしい憲法をを自らの手で作り上げた、といった方が適切だろう。」と指摘した。
 最後に社説は、「何よりも重要なことは、公布後70年もの長期にわたり、主権者である国民が憲法改正という政治選択をしなかった事実である。
 押し付け憲法論は、賢明なる先人に対する冒涜にもつながる。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 昔、憲法を学習していた時、松本烝治国務大臣を委員長とする日本政府の憲法問題調査委員会(松本委員会)による憲法改正案を読んだことがある。現行憲法の下で育った自分には、天皇主権から抜けられない日本支配階層の作る憲法改正案の知的限界を見た気がした。そして今日、東京新聞のこの社説シリーズを学習することで、「マッカーサー書簡」、「平野文書」、「57年につくられた憲法調査会会長高柳賢三がマッカーサーに書簡を出し、58年2月返信があった」、こと等を知ることができた。
 その結果、「押し付け憲法論」が改憲の理由にならないことに確信を持つことができた。
 だから、社説の「むしろGHQの圧力を利用して旧弊を一掃し、新生日本にふさわしい憲法を自らの手で作り上げた、といった方が適切だろう」との主張に100%同調する。
 また、社説の「何よりも重要なことは、公布後70年もの長きにわたり、主権者である国民が憲法改正という政治選択をしなかった事実である」との指摘は、戦争をしない70年余を、日本人として持続してきたことは、世界各国に対し誇りうべき「平和の歴史」ではないか。日本の為政者は、前人が守り続けてきた「平和の歴史」を続けることに「名誉と誇り」を何故もてないのがろうか? 
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23477753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-09-09 20:25 | 東京新聞を読んで | Trackback