憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

夜郎自大意識を排す <安倍総理のことらしい!連合よ目を覚ませと、筆者はほえる!>

 8月30日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」と言う欄がある。筆者は、ルポライター・鎌田慧氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことににした。
 まず筆者は、「このひとの尊大ぶった態度をテレビで見るだけだが、ますます鼻に着くようになった。
 アジア、中東などへの原発輸出行脚の後は「最後の巨大市場」アフリカ開発。
 官民挙げて3兆円を投資すると安倍首相は厳命した。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「日本が目指すアフリカは「産業化した強靭なアフリカ」という。
 進出で先んじている中国の向こうを張るつもりのようだが、「強靭なアフリカ」など、日本産業界の期待ではあっても、ほんとうにアフリカ住民の幸せになるのか、立ち止まって考えてもらいたい。 
 原発輸出や兵器輸出と、安倍政権は平和国家の矜持を捨てて、遮二無二、死の商人に成り果てようとしている。それに対し、兵器工場や原発工場のなかから、なんの声も上がってこない。
 労働者たちは、すでに「秘密保護法」でがんじがらめだとしても、自分たちが作り出す生産物が、他国の人たちの命を脅かし、不幸を与える、ということを想像できないのだろうか。生活のため、という屈服を政府が国民に強いるのは悪政というべきだ。」と、指摘した。
 最後に筆者は、「原発の再稼働、兵器輸出も、自衛隊が発砲するアフリカへの「駆けつけ警護」について、大企業の労働組合は何ら発言しない。
 それが安倍政権の「夜郎自大」の大国主義と傲慢さを支えている。連合よ目を覚ませ!」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 夜郎自大という言葉を、ネットで調べたら、「自分の力量を知らずに威張ること」とあった。
 言葉の由来も知ってみると、筆者が安倍首相を指している意味が分かった。
 確かに、筆者の指摘通り、「原発の再稼働、兵器輸出も、自衛隊が発砲するアフリカへの「駆けつけ警護」派遣について、大企業の労働組合は何ら発言していない。」のが、「安倍政権の「夜郎自大」の大国主義と傲慢さを支えている」、との指摘は当たっていると思う。が、その原因は、経営者にあるのか、労働者にあるのか、労働組合にあるのか、法の不備にあるのか、自分かわいさの「人間の性」にあるのか、考えてみたくなった。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23448510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-09-01 05:51 | 東京新聞を読んで | Trackback