憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

戦争は美しいか <とんでもない!性的暴行あり、虐殺あり、部下のリンチあり、蛮行のオンパレードだ!?>

 8月16日付東京新聞朝刊25面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、ルポライター・鎌田慧氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「8.15はたいがい、どこかの集会にでかけている。今年は神戸の友人によばれた。
 空襲被害の大きい町の人々に、空襲を知らない人間が、何を言うことができるのかとも考えたりしたが。
 でも、青森県弘前市で疎開は経験済みだ。
 大都会の子どもたちのような集団疎開ではない。建物疎開。空襲にそなえて道路を拡張し、防火帯をつくる。
 そのための線引きに従って家を取り壊す。いま安倍内閣が考えている「緊急事態時」の強権発動だった。
 だから、8月15日は疎開先の山村で迎えた。
 国民学校1年生だった。
 友達はいない。
 神社の境内でひとり遊んで、間借り先に帰ると、両親が円筒形のちさなラジオの前に正座。4つの足裏が見えた。泣いていた。」と切り出した。
 つづけて筆者は「それから71年。日本政府の不思議は、平和のためと言いつつ、米国の戦争に参加する法律を強行採決、防衛予算を増やし、戦闘機やミサイルを増強していることだ。
 沖縄辺野古や島に、軍事基地建設を強行している。
 戦争は政府の命令で始められる人殺し作戦である。
 殺すのは敵兵ばかりではない。
 敵国の女性を性的暴行し、虐殺し、人肉を食らい、部下をリンチで半殺しにし、気に食わない上官は殺害した。
 日本兵が体験した蛮行だ。
 政府が「平和のための戦争」といいだすのを防ぎ、戦争を絶対させない運動を強めたい。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 筆者が、「青森県弘前市で「建物疎開」を経験し、8月15日は疎開先の山村で迎え、国民学校1年生だった」ことを知った。その日、私は2歳4か月だった、戦争の記憶は全くない。
 筆者は「戦争は政府の命令で始められる人殺し作戦である。殺すのは敵兵ばかりではない。
 敵国の女性を性的暴行し、虐殺し、人肉を食らい、部下をリンチで半殺しにし、気に食わない上官は殺害した。日本兵が体験した蛮行だ」との指摘はその通りだと思った。
 そして、戦争をしなくてすむ方法は、71年続いた「日々の日本の姿」にあり、その礎となったのが「日本国憲法」であり、その「守り人」は日本国民総体でないか。政府が戦争しないという憲法を持ち、それを守る政府と、守らせる「国民とメディア」の存在の相乗効果ではなかったか。
 この平和憲法を世界に未来に拡げることが、日本人・日本国家が世界平和へに貢献できる一つの道ではないか、と思っている。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23419540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-08-19 06:08 | 東京新聞を読んで | Trackback