憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

いのちの価値 <日本政府とマスメディアの「命へのダブルスタンダード」、怒るよ沖縄人は!!>

 6月10日付東京新聞朝刊29面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、作家で元外務省主任分析官・佐藤優氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「東京の政治エリート(国会議員、官僚)は、米軍嘉手納基地に勤務する米軍属ケネス容疑者による「殺人」女性遺棄事件に関して、沖縄人が何を怒っているのかが全く理解できていない。ここで問題となっているのは、左や右というイデオロギーや安全保障政策の問題ではない。「日本人は、沖縄人と日本人に命を同等と考えていない」という命の価値を巡る問題だ。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「午後8時にウオーキングをしていただけなのに、20歳の沖縄人女性は、乱暴され、刺され、森に遺棄され、白骨で発見された。米軍属の欲望の道具とされ、全てを奪われてしなったのである。
 東京にも日本人が立ち入ることのできない米軍の基地や施設がある。
 午後8時に広尾や西麻布をウオーキングしていた女性が、東京の米軍基地か施設に勤務する米軍属に乱暴され、刺され、スーツケースに詰められて、都内の森に遺棄され、白骨で発見される事件が起きた場合、日本の国会議員、マスメディア、世論はどう反応しただろうか。またそれが、オバマ米大統領の訪日直前だったならば、訪日が円滑に進んだであろうか。」と指摘した。
 最後に筆者は、「圧倒的多数の沖縄人が中央政府とマスメディアは、沖縄での「殺人」女性遺棄事件について、ダブルスタンダードの対応をしていると認識している。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 沖縄での米撃軍属による「殺人」女性遺棄事件が「広尾」や「西麻布」で起き場合「日本の国会議員、マスメディア、世論はどのように反応したであろうか」との筆者の指摘、
 「またそれが、オバマ大統領の訪日直前だったならば、訪日が円滑に進んだであろうか」との筆者に指摘、等等は沖縄人の怒りの意味が、よく分かった。アメリカ軍と犯人、政府とマスメディアへの怒りが。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23215318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-06-12 06:19 | 東京新聞を読んで | Trackback