憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

憲法記念日を前に、  < 制定後の自民党の押し付け論も、制定時の共産党の反対論も、超えて!>

 5月2日付東京新聞社説に、公布の日から今年で70年の日本国憲法のことが載った。今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「日本国憲法の公布から今年で70年。改憲論者は占領下に押し付けられたことを改正が必要な根拠に上げますが、本当に押し付けだったのでしょうか。
 今月下旬に開催される主要7カ国首脳会議(伊勢志摩サミット)に向けて欧州各国を歴訪中のの安倍晋三首相にとって、夏の参院選は負けられない戦いでしょう。
 憲法改正の発議に必要な三分の二以上の議席を、衆院に加えて参院でも確保して改正発議に道を開くというのが、首相の改憲シナリオです。
 参院選は、その道を開くかどうかの分岐点になります。」と切り出した。
 つづけて社説は、「安倍首相が率いる自民党は1955年(昭和30)年の結党以来、「現行憲法の自主的改正」を党是に掲げて来ました。自民党が「改憲政党」と言われる所以です。
 敗戦と占領の記憶が生々しい当時、いわゆる「保守」政治家にとって日本国憲法は、連合国軍総司令部(GHQ)に強いられたものであり、自らの手で作り替えたいとの思いが強かったのでしょう。
 結党時に採択された「政綱」には「現行憲法の自主的改正をはかり、または占領諸法制を再検討し、国情に即してこれが改廃を行う」と明記されています。
 しかし、憲法改正はこれまで必ずしも最優先課題ではありませんでした。
 「国民政党」を自任する自民党内には、憲法改正に慎重な人たちもいましたし、幅広い支持を得るためには、経済政策や社会保障を優先させなければならない事情もあったからです。
 一変するのは2006年、「戦後レジュームからの脱却」を掲げる安倍首相の登場です。
 憲法改正を目指しながら、日米安全保障条約の改定後、志半ばで退陣した、祖父岸信介元首相の「遺志」を受け継ぎたいとの思いがあったのでしょう。」と指摘した。
 さらに社説は、「首相が憲法改正を必要とする理由の一つに挙げているのが、その制定過程。憲法はGHQに押し付けられたとの味方です。
 首相は国会で、次のように述べています。
 「日本が占領下にある当時、日本政府といえどもGHQの意向に逆らえない中、この憲法が短い期間につくられた」
 今の日本国憲法は、明治期に欽定された(天皇が制定した)大日本帝国憲法を改正したものです。
 憲法改正案は首相の指摘通り、終戦後、マッカーサー最高司令官率いるGHQの強い影響下で作成されたことは事実でしょう。
 しかし、改正案を作成した日本政府が、GHQ案をそのまま受け入れたわけではありませんし、改正案を審議した当時の帝国議会では、衆議、貴族両院で修正するなど、活発に議論されました。
 例えば、憲法九条です。戦争放棄はGHQの指示ではなく、当時の幣原喜重郎首相の発意だったとの説が有力です。
 第一項の冒頭にある「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」という部分や、第二項冒頭に「前項の目的を達するため」との文言を加え、自衛権を保持しうることを明確にしたとされる「芦田(均)修正」はいずれも、衆院での修正です。
 貴族院の修正では、公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する、ことなどを盛り込みました。前文は、両院で修正され、文言が練られています。
 GHQが押しつけたものを、唯々諾々とそのまま受け入れたわけではありません。むしろ圧力を利用して旧弊を一掃し、新生日本にふさわしい憲法を自らの手で作り上げたのです。
 「斯クノ如キ良イ憲法」
 「憲政の神様」と呼ばれる尾崎行雄衆議院議員は改正案を審議する本会議で新憲法を高く評価し、実行する大切さを説きました。
 何より重要なことは、公布後70年もの長きにわたり、主権者たる国民自身が憲法改正という政治選択をしなかったことです。
 憲法に耐えがたい不都合があるのなら、賢明なる先人は憲法を改正する道を選んだはずです。」と指摘した。
 最後に社説は、「憲法の理念である国民主権や平和主義、基本的人権の尊重は、公布70年を経て日本国民の血肉と化しました。戦後日本の経済的繁栄と国際的信頼の礎です。
 改正手続きが明記されている以上、現行憲法は改正が許されない「不磨の大典」ではありません。
 議論を勧め、必要なら国民に堂々と問いかければいい。
 しかし、改正を求める意見が国民から彷彿と湧き上がっている政治状況とは、とても言えません。
 にもかかわらず、改正を強引に進めるとしたら、内容よりも改正自体が目的になっていないか。誤った「押し付け憲法論」は乗り越えなければならないのです。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「改正案を作成した日本政府が、GHQ案をそのまま受け入れたわけではありませんし、改正案を審議した当時の帝国議会では、衆議、貴族両院で修正するなど、活発に議論された」とのこと、
そして「何より重要なことは、公布後70年もの長きにわたり、主権者たる国民自身が憲法改正という政治選択をしなかった」こと、
 「憲法の理念である国民主権や平和主義、基本的人権の尊重は、公布70年を経て日本国民の血肉と化しました。戦後日本の経済繁栄と国際的信頼の礎だ」とのこと、等等は社説の指摘の通りだと思った。
 また、ネットで日本国憲法法案の採決状況をしらべたら、「衆議院で反対したのは、共産党の全議員6名と、新政会の穂積七郎、無所属クラブの細迫兼光の8票で、賛成は421票」であったことを知った。
 賛成した側も、いまさら賛成したのはGHQの圧力だったなどと卑怯未練なことを言わずに、また反対した共産党にも過去を問わず、今みんなで憲法を生かして「国家国民の繁栄と平和づくり」にまいしんできないものだろうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23115275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-05-03 20:17 | 東京新聞を読んで | Trackback