憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

チェリノブイリ 原発事故の過酷な教訓

 4月27日付朝日新聞社説に、30年前の原発事故の事が載った。
今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発で史上最悪の事故が起きて30年がたった。
 人間には1世代にあたる長い歳月だが、放射性物質は今も現場周辺を汚染したままだ。
 爆発した4号機は核燃料を取り出すこともできず、コンクリートの「石棺」で覆われた。
 だが、それも老朽化し、かまぼこ型の巨大な新シェルターで石棺ごと覆う工事が進んでいる。
 子どもの甲状腺がんを始め避難民や周辺住民の健康被害は今も続く。事故は継続中だ。」と指摘した。
 つづけて、社説は、「原発の過酷事故をめぐり、チェルノブイリはさまざまな教訓を世界に示した。
 にもかかわらず、5年前には福島第一原発事故が起きた。人類はどこまで教訓をくみ取ったのだろうか。
 隣国のベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシェービッチさんは、昨年ノーベル文学賞を受けた。著書「チェルノブイリの祈り」の邦訳が出て03年に来日した際、「だらしないロシア人だからあのような事故が起きた。日本では学者たちがすべてち密に計算している。ありえない」と言われたと、朝日新聞との会見で語った。
 日本の社会は、産業界や行政、学者、メディアも含め、チェリノブイリの事故をどこか「ひとごと」のようにしてしまっていた責任を免れない。」と指摘した。
 さらに社説は、「謙虚に教訓を学び、原発は恐ろしい事故を起こすものとの前提で安全対策を一から点検していれば、福島第一の事故は避けられたかもしれない。
 生かされた教訓もあった。原発の近隣地域で放射能に汚染された飲食物の摂取と出荷を早期に禁じたことは、住民の内部被曝を防げなかったチェルノブイリの反省があってのことだ。
 だが、放射線と放射能の違いや原発事故の特徴など、基本的な知識が、周辺住民にさえ行き渡っていなかった点は同じだ。
 福島の事故から5年。日本は森林の大半を除き、周辺を除染する選択をした。とはいえ、実際には放射能を別の場所に「移染」でしかない。」と指摘した。
 最後に社説は、「地球環境意識の高まりとともに、世代も国境も超えて影響を及ぼす環境汚染が原発事故の特徴と認識されるようになった。
 遠隔地に長期避難すると、住民に帰還への思いは年齢や職業などによって分断されていく。
 たとえ帰れるようになったとしても、元通りのコミュニティーに復活はありえない。 
 事実上半永久的に人間と地球に取り返しのつかない被害をもたらす放射能汚染の理不尽さ。
 原発のそんなリスクを、チェリノブイリは語り続けている。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 生かされた教訓は、「原発の近隣地域で放射能に汚染された飲食物の摂取と出荷を早期に禁じたことは住民の内部被曝を防げなかったチェリニブイリの反省があって、」のこと。
 「放射線と放射能の違いや原発事故の特徴など、基本的な知識が、周辺住民にさえ行き渡っていない点は同じだ」とのこと。
 事実上半永久的に人間と地球に取り返しのつかない被害をもたらす「放射の汚染」、これをなくするのは、「原発も核兵器も」無くするしかないのではないか。
 一度誕生したものを根絶することは、ものすごく難しことだが。その人こそ、人類の救世主 なのかもしれない。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23109540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-05-01 15:23 | 朝日新聞を読んで | Trackback