憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

アイスランド海賊党人気急伸「支持率43%」 <パナマ文書効果?>

 4月19日付東京新聞28面に「「ニュースの追跡」という欄がある。筆者は、鈴木伸幸氏だ。
 今日はこの記事を学習することにした。
 まず記事は、「タックスヘイブン(租税回避地)を利用した金融取引をめぐる「パナマ文書」で資産隠しを疑われたシグムンドゥル・グンロイグソン首相が辞任したアイスランドで、政治の透明化を訴える左派系野党「海賊党」の人気が急上昇している。
 前回総選挙で得票率5%の同党支持率が、他党を大きく上回る43%に急伸。背景には、国民の政治に対する厳しい目と納税者意識がありそうだ。(鈴木伸幸)
 レイキャビク発のAFP通信社電に「海賊党、国家のかじ取りに準備万端」との見出しが躍った。
 海賊党は市民団体が中心になって2012年に結成された小政党だ。党首は詩人で内部告発サイト「ウィキリークス」活動家のビルギッタ・ヨンスドッティル氏。もともとは過剰な著作権保護で侵害されるネット上の表現の自由を守ることが中心的主張だった。その自由の象徴が海賊とされる。
 その海賊党が、63議席を争った13年の前回総選挙で獲得したのは、わずか3議席。中道右派の進歩党と独立党が勝って両党による連立政権が生まれた。
 だが、08年にリーマン・ブラザーズの破綻などによる金融危機の影響を受けた同国は経済危機に陥り、政治も混乱。「古い政治体制の打破」を旗印とした海賊党がジワジワと支持率を上げていた。」と教えてくれる。
 さらに筆者は、「パナマ文書が明らかになったのは今月3日。英紙ガーディアンなどによると、グンロイグソン氏は07年に英領バージン諸島のウイントリス社を妻と共同で保有。義父の遺産を利用するなどして、同社を通じてアイスランドの大手三銀行の約400万ドル(約4億4千万円)の社債を持っていた。
 09年に国会議員に選出されたが、投資の事実は無申告。金融危機で破綻した同3銀行の経営責任を追及してきた。
 これまでのところ、納税逃れや不正の蓄財の証拠は見つかっていない。グンロイングソン氏も文書の発覚後は「違法性はない」として辞任を否定し、疑惑をやり過ごそうとした。
 それに歯止めをかけたのが「信じられない」と声を上げた国民だ。国会前で 史上最大と言われる大規模な抗議デモが連発。今月上旬の世論調査で進歩党の支持率11.2%に下落し、独立党も21.6%と低迷。
 一方で、そんな中、グンロイグソン氏が首相辞任を表明し、来春に予定の総選挙を今秋に前倒しすることで与野党が合意した。」と教えてくれる。
 さらに筆者は、「海賊党のヨンスドッティル党首は英紙インデペンデントのの取材に「政治家の倫理の欠如に国民は怒っている。海賊党はすべての問題を解決できはしないが、新しい仕組みを提供できる。
 やるべきことを段階的に進めていく」と強調した。
 在日アイスランド商工会議所のポットリ・トーロッドセン会頭はアイスランドの事情について「金融危機で多くの国民は金融資産を失い、失業などの憂き目にあった。その責任が政治にあると思っている。特に若い世代は新しい政治を求め、海賊党が受け皿になっている。」と説明する。」と教えてくれる。
 さいごに筆者は、「パナマ文書には日本人約200人の名前も含まれているという。文書は1150万件あり、今後の解析で内容が明らかになるだろうが、納税意識が低いとされる日本での反発は低調だ。
 政府も積極的に対応する姿勢は見せていない。トーロッドセン会頭は「まだ、政治家の関与が明らかになっていないからだろう。それにアイスランド人の気性は激しいが、日本人はそうでもない。国民性の違いもある」と指摘する。」として締めくくった。
読んで、勉強になった。
 「パナマ文書で首相辞任」が生じ、「今月上旬の世論調査で進歩党の支持率は11.2%に下落し、独立党も21.6%と低迷。
 一方で海賊党は43%にアップ」との事を、記事を読んで知った。日本には、海賊党のような組織は良くも悪くも、残念ながら不存在だ。よくばり過ぎ、嘘つき名人の政党や議員は多いが、国民は承知で「だませれ続けて」いるのではないかと、思われる節もある。
 が、これからのパナマ文書報道で、日本の有権者が、マスメディアが、為政者が、SNSが、とんな反応するかが楽しみだ。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23094818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-04-25 19:45 | 東京新聞を読んで | Trackback