憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

地震と原発 やはり原点に戻ろう<大地は動いている!!>

 4月16日付東京新聞社説に、地震と原発の事が載った。今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「日本はやはり地震国。九州を襲った「震度7」に再び思い知らされた。福島第一原発事故のそもそもの原因は地震である。その原点に立ち戻り、原発の安全対策のあり方を再検討すべきだ。
 「今までの経験したことのない揺れだった」と強い余震が繰り返される中、住民は不安に戦く。
 「活断層全体が動いたにしては規模が小さい」と専門家。さらに大きな地震の恐れがあった、ということか。
 あらためて思い知らされた。
 「いつでも、どこでも、強大な地震は起り得る」
 今月6日、福岡高裁宮崎支部は、今回の地震からもさほど遠くない九州電力川内原発の運転差し止めを求める住民の訴えを退けた。
 高裁は、対策上想定される基準地振動(最大の揺れの強さ)を「極めて合理的」と判断した。
 住民側は「国内の原発ではそれを超える揺れが、2005年以降だけで5回観測されている」と観測地の過去の平均値から基準を割り出す手法に異議を唱えてきた。
 瓦や石垣が無残に崩れ落ちた熊本城の姿を見ても、同じ判断ができただろうか。」と切り出した。
 つづけて社説は、「国会の福島第一原発事故調査委員会は、原因は津波だけではなく「地震による損傷の可能性も否定できない」と指摘。「小手先の対策を集積しても、根本的な問題は解決しない」と結論付けた。
 ところが電力会社も原子力規制委員会も、地震の揺れを甘く見過ぎていないだろうか。
 その象徴がくしくも九電だ。
 九電は、川内原発の再稼働がかなうやいなや、事故対策の指揮所になる免震施設の建設をあっさりとひっこめた。それでも原子炉は止められない。
 原発は無数の機器と複雑な配管の固まりだ。見かけは正常に動いていても、強い振動がどの部位にどんなイメージをもたらすか。その積み重ねがどんな結果につながるのか、未解明のままなのだ。
 断層のずれは、想定外の地震を引き起こすーーーー。
 熊本地震の教訓だ。」と指摘した。
 最後に社説は、「規制委の審査を終えて次回再稼働候補とされる四国電力伊方原発の近くには、日本最大の断層である中央構造線が走っている。
 今回の被害を教訓に、起り得る地震の規模や影響をじっくりと検討し直すべきではないか。
 「いつでも、どこでも、強大な地震は起こる」。
 地震国日本では、これこそ社会通念であり、一般常識だからである。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 メディアで朝から晩まで、このところ熊本地震の様子が報道されている。特に、「瓦や石垣が無残に崩れ落ちた熊本城の姿」を見た時、大地は動いている、人生の時間と地球の時間に間隔の違いがあるだけだ、と気づいた。石崖は崩れても、修復は簡単だが、原発が壊れたら元の状態に戻すには、いくつもの人生の時間を必要とする。
 それを考えると、免震装置は「原子炉」にこそ必要な設備であると思った。
 だから、九電が「事故対策の指揮所になる免震施設の建設をあっさりひっこめた」ことは、論外の外の事だ、と思った。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23072874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-04-17 08:04 | 東京新聞を読んで | Trackback