憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

日韓の核保有容認 在日米軍の撤退<トランプ氏、本気かね?>

 3月28日付東京新聞朝刊3面に、またまた共和党トランプ氏の過激発言が記事に載った(ワシントン=青木睦)。
 今日はこの記事を学習し、じっくり考えてみることにした。
 まず記事は、「米大統領選の共和党指名争いで首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)は26日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)とのインタビューで、日本と韓国が核保有することを容認する考えを示唆した。
 また日本が在日米軍の駐留経費の負担を大幅に増やさなければ、在日米軍を撤退させるとも表明した。」と切り出した。
 続けて記事は、「同紙によると、トランプ氏は米国の「核の傘」に入る日韓について「(米国の国力が衰退すれば)日韓は核を持ちたがるだろう」と主張。
 中国や北朝鮮に対抗するため、核保有を認めることを示唆して「日本が核兵器を保有しても、米国にとっては悪いことではない」と述べた。
 さらに、トランプ氏は日米安全保障条約について「米国が攻撃されても日本は何もしないが、日本が攻撃されれば米国は助けないといえない。不公平だ」とその片務性をあらためて問題視し、日本側と再交渉をする意向を示した。
 トランプ氏は「米国には日本防衛のために巨額のカネを費やす余裕はない」とも発言。
 同紙は「日本はどの国よりも駐留経費を負担している」と指摘したが、「我々のコストよりはるかに少ない」と反論した。
 「日本や韓国が負担を大幅にふやさなければ、米軍を撤退させるのかとの質問には「気が進まないが、そうするだろう。答えは[イエス]だ」と応じた。」と教えてくれる。
 最後に記事は、「日韓だけでなく北大西洋条約機構(NATO)やサウジアラビアをはじめとしたアラブ諸国との関係も見直す考えを表明。
 NATOについては「米国は金を出し過ぎている」と指摘。
 アラブ諸国については、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に地上軍を投入しなければ、原油の輸入を止めると警告した。」として締めくくった。
 読んで考えさせられた。
 トランプ氏が、日韓、NATOに米軍の費用負担増を声高に主張した。これは、アメリカが財政上の理由から、軍縮が余儀なくなったということを意味しているのかも知れない、と思った。
 しかも、欧州も日韓も、国が借金を山ほど抱え、アメリカ軍に金を出せる状態ではなさそうな気がする。
 とすると、NATOや韓国・日本からアメリカ軍が撤退することになるのかもしれない、とおもった。
 又、トランプ氏が日韓の核兵器保有を容認したからと言って、日韓の為政者にその準備と覚悟は無いように思えるが。
 仮に、トランプ大統領が誕生して、アメリカ軍が日本から撤退するかもしれないとしたら、ただいま今日「辺野古での新基地建設」に税金を使うことの全くの無駄、そのことで国と沖縄県の激突もあほらしい、と政府の関係者は、思わないのだろうか、とつい考えた。
 さらに、トランプ大統領が誕生した後の「世界」は、まさに未知数であるらしい。
 ただ、平和憲法を持つ日本は、未知であり、無現の広がりの時の流れる世界の中で、平和と普通の日常を送れることを目指したいものだ、と思った。。  
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/23019698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-03-29 06:48 | 東京新聞を読んで | Trackback