憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

高浜原発停止 「安全優先」は本当か

 3月3日付東京新聞社説に、高浜原発停止にかかる記事が載った。
 今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「再稼働に伴う気掛かりなトラブルが相次いで、関西電力高浜原発4号機はすぐに停止を余儀なくされた。安全は最優先されたのか。それを確かめない限り、原発再稼働などありえないということだ。
 拙速だ。
 急ぎすぎていた。
 拙速には危険がつきまとう。
 先月20日、4号機の原子炉補助建屋の配管から、放射性物質を含む冷却水が漏れだした。
 配管の弁のナットの緩みが原因だった。外部への影響はなかったが、原子炉を冷やす冷却水の漏出は、重大事故につながりかねない“事件”である。
 関電は起動試験を1日遅らせて同種の弁を再点検したものの、当初の予定通り26日に再稼働。
 スケジュールを堅持した。
 それから3日、タービンを回し、発想伝を始めた直後に、発電機や変圧器の異常を知らせる警報気が鳴り響き、原子炉は緊急停止した。詳しい原因は分かっていない、」と教えてくれる。
 つづけて社説は、「政府が“世界一厳しい”自画自賛する原子力規制委員会の審査に通っただけに、住民の不安と疑念はなお募る。
 関電幹部らが繰り返す「安全最優先」のかけ声は、むなしく響き、規制委員会の権威や信用もまた傷ついた。
 関電の「スケジュール優先」を不安視する声は上がっていた。
 規制委の審査のスピードを、海外の規制当局者は「想像を絶する速さとと驚いているという。
 なぜそんなに急ぐのか。原発ゼロで過ごした約二年、日々の暮らしに大きな支障はなかった。
 原発依存度の高いまま、自由化の波にさらされる電力会社の台所への配慮だろうか。
 高浜原発3.4号機はプルサーマル発電による再稼働。プルトニウム含む使用済み燃料が使われる。核兵器の材料になるプルトニウムの保有を減らしたい政府の意向をくんでのことか。
 4号機のトラブルは、スケジュールではなく「安全優先」の姿勢こそ堅持せよとの継承ではないだろうか。」と指摘した。
 最後に筆者は、「トラブルの原因究明だけではない。避難対策、免震施設、隣接自治体の同意権、ケーブルの防火対策や原子炉内部の老朽化チェック・・・など。
 とりあえず再稼働ありきで先送り、あるいは切り捨ててきたとしか思えないものなどにも「安全優先」の物差しを当て直し、再検討すべきだ。
 住民の不安や疑念が晴れないままの再稼働は危険である。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「再稼働に伴う気掛かりなトラブルが相次いで、関西電力高浜原発4号機はすぐに停止を余儀なくされた」との指摘、
 「政府が“世界一厳しい”と自画自賛する原子力規制委員会の審査に通ったあとだけに、住民の不安と疑念はなお募る。」との指摘、
 「「関電幹部他が繰り返す「安全優先」の掛け声は、むなしく響き、規制委の権威や信用もまた傷ついた。」との指摘、
 「規制委の審査のスピードを、海外の規制当局者は「想像を絶する速さ」と驚いている」とのこと、
 等を社説を読んで知ることができた。
 当事者の東電も、規制の規制委も、行政も、事故続発の原発再稼働を止めることができない現実は、恐ろしくもあり、情けなくもあり、やるせない気持ちでいっぱいだ。
 そんなところに、先日、大津地裁の仮処分決定が、稼働中の原発を止めた、そのニュースを聴いて、思わず、バンザイ、バンザイ!!
まだ、日本の民主主義と日本国憲法に絶望しなくていい、とひとまず安どした。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22967897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-03-11 13:35 | 東京新聞を読んで | Trackback