憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

安倍首相へ あなたの憲法なのか

 3月4日付朝日新聞社説に、安倍首相の憲法改正の発言がのった。
 今日はこの社説に学ぶことにした。
 まず社説は、「安倍首相が、憲法改正で踏み込んだ発言を続けている。
 改憲案を国民投票にかけるのに必要な3分の2以上の議席確保を目指す考えに続き、先の参院予算委員会で「私の在任中に成し遂げたいと考えている」と、期限までしめした。
 政治家だから、自らの政治目標を語ることは一般的にはあるだろう。しかし、憲法への首相の態度はあべこべである。」と切り出した。
 つづけて社説は、「一つは改憲の進め方だ。首相は先ず3分の2の勢力を集めたいという。では憲法のどこをどう変えるかと問われると、「各党が(案を)だして、(国会)の憲法調査会で議論していくことが求められている」と繰り返す。
 何でもいいから変えたい、やりやすいところからやりたい。こう言っているに等しい。
 背景には、米国に「押し付けられた」憲法を、自らの手で制定したいとの思いがあるのだろう。戦後の憲法論争が「変える」「変えない」を焦点にしてきたのも確かだ。
 憲法のここが不都合だから,こう正したい、そんな議論ならわかる。だが、「とにかく変える」ことが何よりも先だというなら、順序がさかさまだ。」と指摘した。
 さらに社説は、「一方、首相は改憲への意欲に比べ、憲法を守ることにはこだわりがないようだ。もうひとつのあべこべである。
 憲法を改正しなければ集団的自衛権の行使はできないとの歴代内閣の解釈を、内部の議論だけで覆してしまう。最高裁から定数配分を見直し、投票価値の平等を実現するよう繰り返し求められても、先送りをはかる。
 最近は、高市総務相が放送法などをたてにテレビ局の電波停止の可能性に触れ、首相もこれを容認した。
 これには樋口陽一・東大名誉教授らが、「政治的公平」などを定めた放送法の文言だけを根拠に処分を行うのは違憲だとの見解を表明している。
 樋口氏は「何人も自分自身が関わっている事柄について裁判官となってはならない」と批判する。
 何が政治的公平かを政治家が判断することはおかしい、との指摘である。」と教えてくれる。
 最後に社説は、「憲法は、表現の自由など国民の権利が侵されないよう、権力に様々な制約を課している。
 ところが安倍政権は、こうした制約を乗り越えてしまうことに、あまりにためらいがない。
 憲法を軽んじる姿勢が、中身はともかく改憲をという態度につながっているのではないか。
 安倍首相は憲法によって縛られている側にいる。憲法は権力者たるあなたのものではない。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「安倍首相、憲法改正で踏み込んだ発言を続けている。・・・・・・先の参院予算員会では「私の在任中に成し遂げたいと考えている」と、期限までしめした」、と指摘、
 では憲法のどこをどう変えるかと問われると、首相は「各党が(案を)出して、(国会の)憲法審査会で議論していくことが求められている」と繰り返す」と指摘、等を知った。
 安倍首相は、自民党の総裁で、自民党は憲法改正案を持っている。
 だから、質問する側は具体的に「自民党案の条項」を取り上げ、安倍首相の考えを正すべきだし、答える安倍首相は自党の憲法改正案を堂々と国会の場で説明しなければ、国民は訳の分からない「国会審議」・「大根役者の舞台」、をテレビで見せられていて、実につまらない思いをしているはずだ。
 また、樋口陽一氏の「何人も自分自身が関わっている事柄について裁判官となってはならない」と指摘は、その通りだと思った。
 しかし、議員の身分にかかわる「法律」でも、それを国会で決なければならないという「大矛盾」が、存在している。これの解決には、直接民主主義を取り入れるしかないと思うが?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22954628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-03-07 06:30 | 朝日新聞を読んで | Trackback