憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

メルトダウン これで原発回帰とは

 3月1日付東京新聞社説に、「原発非常事態のマニュアルの存在」の事がのった。
 今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「原発非常事態のマニュアルの存在に、5年もの間誰も気が付かなかったとはーーー。
 いずれにしても、ずさんとか不注意とかではすまされない。安全と人命の軽視、原発回帰を考え直させる重大事である。
 故意にせよ、不注意にせよ、なぜ“隠し事”が続くのか。
 福島原発事故では当初から、核燃料が溶け落ちる、炉心溶融(メルトダウン)の恐れが指摘されていた。
 東京電力の「原子力災害対策マニュアル」では、核燃料の損傷割合が5%を超えれば、炉心溶融と判定することになっていた。
 3.11から3日後の14日には格納容器の中の放射線量を測定する装置が回復し、その日から翌15日にかけて、1号機から3号機まで、それぞれ55%から30%の損傷が推定される状態だった。
 東電は「明確な定義がない」として、5月までメルトダウンを認めなかった。」と切り出した。
 つづけて社説は、「ところが定義はあった。
 同じ東電柏崎刈羽原発を有する新潟県に求められ、探したら、見つかったという説明だ。5年は長い。「気づかなかった」で済まされる話ではないだろう。
 メルトダウンが進むと、溶け落ちた核燃料が格納容器壁を破り原子炉の外にあふれ出るメルトスルーに至り、重大な核汚染を招く。
 すぐに強い警告を発していれば、対策や避難の仕方も変わっていたにちがいない。
 爆発事故の過小評価は、安全の、生命の過小評価にほかならない。
 東京電力だけではない。福島原発事故の前、中部電力浜岡原発や東北電力女川原発でも、定期検査で見つかった損傷の報告を怠ったことがある。
 北陸電力志賀原発で1999年に発生した臨界事故は、長い間、明るみに出なかった。
 高速増殖原型炉もんじゅのナトリウム漏れ事故の際、旧動燃は、現場を撮影したビデオの一部を故意に公開しなかった。」と教えてくれる。
 最後に社説は、「原子力業界は、何を恐れて情報を出し渋るのか。
 再稼働直前に水漏れ事故を起こした関西電力高浜原発4号機に、福井県の西川一誠知事は「安全を最優先に情報公開を徹底し・・・」と注文を付けた。
 当然のことをそこで言わねばならないところに、原発問題の根っこの一つはある。
 情報公開の徹底なくして、原発再稼働はあり得ないはずなのだ。」として締めくくった。
 読んで、これは何なんだ、なんでこうなるの、原子力ムラの組織・構成団体・構成する人々、の思想は、倫理は、宗教心はどうなっているんだろうと、気味が悪くなった。気持ち悪いね、って感じだ。
 しかもそれらがすべて「国民の税金と電気料金」で生きながらえていると思うと、やりきれない気持ちでいっぱいだ。
 「原子力ムラ」全体が、ハンナ・アーレントの言う「凡庸な悪」の塊のように見えてきた。そして、福島第一原発の過酷事故は、原子力ムラの人々にとっては、失敗でも敗戦状態でなんでもなかったということなのかもしれない、ともおもった。
 幸いこの度、(3月4日の東京新聞朝刊の「こちら特報部」によれば)元東電会長らが、強制起訴された。裁判を通して、原発導入から、事故の発生と原因、廃炉処理、被災者の救済、等々の刑事責任、民事責任、道徳的責任、などの人間としての取り方が、徹底的に明らかになることを、祈らざるを得ない。

 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22953452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-03-06 19:34 | 東京新聞を読んで | Trackback