憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

メディア革命と米大統領選

 2月20日付朝日新聞朝刊15面に、「風」という欄がある。筆者は、アメリカ総局長・山脇岳志氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「数か月前はジョークだったはずが、今は、真剣に議論されている。ここワシントン、いや世界中でもそうだろう。
 ドナルド・トランプが氏が大統領になったら、世界はどうなるのか。
 初戦のアイオア党員集会では共和党候補の中で2位。ニューハンプシャー州予備選挙で圧勝した。
 提唱する政策は極端である。
 イスラム教徒の入国禁止、
 シリア難民は本国に送還、メキシコとの国境に壁をつくる。
 中国と日本は「敵」扱いだ。
 中国や日本の通貨政策で、米国の職が奪われていると唱える。コマツの建設機械が売れるているのは円安のせいだ、と。
 主要紙やテレビがいくら批判しても支持率は高止まりしたままである。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「人気が衰えないのはなぜか。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアの隆盛と関係している、との見方がある。
 トランプ氏のツイッターは、他の大統領候補への個人攻撃の嵐である。
 「ブッシュはコミュニケーション能力はゼロ」
 「クルーズは究極の偽善者」
 「ヒラリーには、強さもスタミナもない」などきりがない。ニューヨーク・タイムズなどの伝統ある新聞やテレビ局などを敵視するのも特徴である。
 多くの伝統メディアには、トランプ批判が溢れている。
 しかし、暴論や個人攻撃だからこそ、多くの人が楽しんでいる面がある。トランプ氏のツイッターのフォロワーは620万人、フェイスブックの「いいね」獲得も580万人にのぼる。
 こうした現象を、タイム誌は、「デスインターメディエーション(仲介排除)」と表現した。候補者と有権者を仲介するメディアなどを「中抜き」し、双方が直接つながっている人たちは、伝統メディアが何と評論しようが、影響されにくい。」と指摘した。
 最後に筆者は、「民主党で最左派のバーニー・サンダース氏が躍進している。「政治革命」を唱え、金融機関を敵視する。ニューハンプシャー州の予備選で、本命のヒラリー・クリントン氏を圧倒した。
 サンダース氏のフェイスブックやツイッター、交流サイトも人気である。サンダース氏とトランプ氏の主張は大きく異なるが、既成政治、伝統メディアを攻撃する点では、相似形である。
 ニューハンプシャー州の州都・コンコード。サンダース氏の勝利宣言の会場で出会った大学生「これはソシャルメディア革命だ」と興奮して語った。
 「主流メディアは嫌いだ。だって、ヒラリーはメディア企業のタイムワーナーから献金を受けているんだよ」
 8年前、オバマ大統領はソーシャルメディアを積極的に使って、大統領選で勝利した。その後、ソーシャルメディアの影響力は飛躍的に増し、伝統メディアの地盤沈下が進む。
 大きなうねりは政治に良い変革をもたらすのか、それとも米国の分断をさらに深めるのだろうか。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「数か月前はジョークだったはずが、今は、真剣に議論されている。ここワシントン、いや世界中でもそうだろう。ドナルド・トランプ氏が米大統領になったら、世界はどうなるのか」との切り出しは、その通りだ。提唱されている「極端な政策」が実行に移されるとしたら、巨人に踏みつぶされる小人が沢山出そうだ。
 それも、アメリカ国民が選択することで、その結果は尊重するしかないはずだ。日本国および日本国民は、常に最悪の事態を想定して、備えをするしかあるまい。
 筆者は、「多くの伝統的メディアは、トランプ批判が溢れている」、 
 「トランプ氏のツイッターのフォローは620万にん、フェイスブックの「いいね」獲得も580万人にのぼる。」、
 「こうした現象を、タイム誌は「ディスインターメディエーション(仲介排除)」と表現した。」、
「サンダース氏とトランプ氏の主張は大きく異なるが、既成政治、伝統メディアを攻撃する点では、相似形である。」、と教えてくれる。
 商品流通では、かなり以前から「産直」という言葉があった。政治の場で、ようやく「中抜き」がアメリカで起きているということか?
 今の社会の「中抜き」は、まだ「議員や大統領」という中が、主権者と「国家意思決定」のに存在している。情報技術の進歩が、主権者が個人的に直接的に「国家意思の形成」に参加できる、そんな国家・社会のシステムを求めているのかもしれない、と思った。
 その点では、アメリカの大統領選挙に表われた「大きなうねり」は、政治に良い変革をもたらすのではないか、と思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22904970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-02-21 10:26 | 朝日新聞を読んで | Trackback