憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

普恩寺の普慈和尚の書、天皇に書を差し上げた和尚とのこと

d0049909_17142417.jpg

 

  中国と日本が、がきわめて友好な関係であった頃、小雪の舞う西安を歩き回ったことがある。空海、最澄、小野妹子ら当時の日本の天才たちが歩き回った「西安の街」を歩き回りたくて、西安へ行った。その時泊まったホテルの近所に、三蔵法師が天竺から持ってきた経巻を収めたというお寺があった。そこを訪れたとき、宝物堂書かれた「売店?」に連れて行かれ、入口の上の方に、海部総理(当時)が訪れた写真、天皇が皇太子の頃美智子皇后と一緒に訪れたときの写真が、飾ってあった。その時の説明では、和尚が自分で書いた書を「天皇」にお土産に差し上げたとの話を聞いた。和尚が亡くなったのち、和尚の書いた書を売って、寺の賄の足しにするようにとの遺言があったとのこと。
 いろいろあった掛け軸の中で、「和」、「夢」、「福」、の一文字の掛け軸が目に入り、「福」という字が実に福々しかったので、「和」すすめられたのだが、「福」を買ってきた。
 日本へ持ってきてすぐに、事務所の入り口のドアを開けると「右側」の壁に下げてある。来所者の皆様に「福」が来るように。取得の由来を、話すと何人かは、写真を撮って帰った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22876878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-02-13 17:37 | 今日の感動 | Trackback