憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

後見人の着服ー問われる家裁  過失を認定ー賠償判決も 消えた4000万円ー不審点伝えたのに

 1月25日付朝日新聞朝刊3面に、成年後見人の選任・監督責任を問われて、家庭裁判所が訴えられていることが,載った。裁判所が被告になる裁判、これって、新作の「ブラックジョーク」になりそうな話題だ。
 今日はこの記事を学習することにした。
 まず記事は、「成年後見人らが財産を着服する事例が多発する中、後見人を選び、監督する家庭裁判所の責任を問う国家賠償請求訴訟が相次いで起こされている。法務省によると、2014年以降、少なくとも6件提訴されて係争中。家裁の過失を認める判決も、未成年後見人の事例を含め、すでに2件出ている。
 宮崎地裁は14年、家裁の過失を認定し、国に2500万円の賠償を命じた。
 訴えていたのは、交通事故で母を失った未成年後見人の少女と、その父親。少女に支払われた保険金約6千万円を、家裁が未成年後見人に選任した祖母が横領したとして、祖母や国を提訴。
 宮崎地裁は、家裁に保険金の支払い状況や額を把握しない過失があったと認定した。国が控訴し、福岡高裁宮崎支部で和解した。
 広島高裁は12年、国に231万円の賠償を命じた。
 交通事故で障害を負った男性が国を訴えた。高裁は、家裁支部の調査官が後見人の姪と面談し、使途不明金があると知ったのに、解任までの約7か月間に新たな被害を防ぐ手段を取らなかったと判断した。
 東京地裁では、後見人と家裁の責任を問い、賠償を求める訴訟が係争中だ。訴状によると、原告の高齢女性2人は、後見人だった元弁護士の渡部直樹被告(48)=業務上横領で公判中=に現金計9千万円を横領されたとしている。
 原告の一人は「2回も解任申し立てをしたのに、家裁が放置した。」と指摘。渡部被告と国は請求棄却を、求めている。」と教えてくれる。
 つづけて記事は、「<中略> 「あれだけ言ったのに揚げ句の果てがこれですか!」。
母親(96)が渡部被告と国を訴えている東海地方の女性(71)は一昨年の秋、電話口に向かって東京家裁の職員に怒鳴り声を上げた。
 女性が渡部被告と初めて会ったのは、11年6月。母親は認知症が進んでおり、東京家裁が渡部被告を後見人として選んでいた。
 「明るめの茶髪で、こんな弁護士もいるんだと思った」 
 母親は都内の老人ホームに入っており、入所費用は月30万円。3年ごとの更新に700万円かかるため、母親の自宅を5千万円で売って費用を工面した。
 女性は渡部被告に不審を抱いたことが何度もあった。母親の口座の取引履歴を確認したい、と求めても返事がない。資産についての報告は1回だけで、老人ホームの入所費用は滞納・・・・。
 家裁にこうした状況を何度も伝え、事態を改善するよう求めた。だが家裁の職員は「本人に伝えておきます」というだけだった。、と女性は言う。
 渡部被告は1昨年10月、警察に自首。女性の母親の財産から約3年間で4千万円超を着服したとして、昨年7月にに逮捕された。キャバクラでの遊興費などに使い込んだとされる。昨年10月の初公判では起訴内容を認めた。女性に謝罪の言葉は届いていない。
 心配をかけたくないので、母親には事件のことは言えないでいる。
 17年の1月には入所の更新料の支払い期限が来る。
 財産がなくなった今、施設の料金を払える見込みはなく、退去を迫られるかもしれない。
 女性は「家裁は後見人が弁護士だというだけで過度に信頼を置いていたように見えた。訴えに耳を傾けてほしかった」と話す。」と教えてくれる。<攻略>。
 読んで、あきれた。
 国民の人権や財産を守る、最後の砦だと思っていた「裁判所」が、結果として「国民の財産権」の侵害の幇助をしていたとは。ただ、地裁や高裁が家裁の過失を認め、原告勝訴の判決が下りたことは、せめても救いであった。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22814796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-01-25 19:32 | 朝日新聞を読んで | Trackback