憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

首相と憲法 何のための改正なのか

 1月13日付朝日新聞社説に、「首相と憲法 何のための改正なのか」という見出しで、憲法改正についての動きが載った。今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「自民、公明だけでなく、憲法改正に前向きなおおさか維新などとともに、「3分の2」を構成していきたいーー。
 夏の参院選に向け、安倍首相が先日のNHKの番組でこんな考えを明らかにした。改憲を目指す勢力を幅広く結集することで、憲法改正の国会発議に必要な3分の2の議席を確保する狙いを明確にしたものだ。
 憲法改正は安倍氏の悲願である。与党が衆院で3分の2をこえる議席を持ついま、参院でも3分の2の賛成を得られる見通しがつけば、実現に向け前進する。そのためには次の参院選が大きなチャンスだと首相は見ているのだろう。これで改憲の是非が参院選の大きな争点になるのは間違いない。
 では、憲法のどこを改正しようというのだろうか。」と切り出した。
 つづけて社説は、「自民党内では、大災害などにそなえるための「緊急事態条項」の新設が検討されており、首相も「大切な課題だ」と、その必要性にたびたび触れている。ただ、首相は先の番組では「どの条項かということについては、これから議論が深まっていくんだろう」と述べるにとどめ、どこを変えるのかははっきりさせていない。
 これは憲法改正に向けた正しい筋道とは言い難い。
 社会的、国際的環境の変化に応じて改正が必要だというのなら、まずその根拠と改正内容を具体的に示す。そのうえで多数のお国会議員や国民が納得できるまで議論を深めていく。そんなプロセスは欠かせない。」と指摘した。
 さらに社説は、「しかし、首相はとにかく「憲法を変える」と目標を掲げて賛同者を集める点に重きを置いている。憲法論議のありようとしてまっとうではない。
 首相発言に対し、公明党の山口代表は「国会の数合わせだけでは済まない問題だ」と述べた。当然の指摘である。
 緊急事態条項を議論するにしても、災害対策基本法などに緊急事態の規定はすでにある。憲法に新たに書き込む必要性がどれだけあるのかは疑問だ。
 むしろ、これを突破口に次は9条改正などに進んでいこうというのが自民党の戦略だ。その狙いがある限り、緊急事態条項の是非だけで素直に論じることは難しい。」と指摘した。
 最後に社説は、「安倍政権は、閣議決定による憲法解釈の変更によって9条を変質させてしまった。53条に基づく野党からの臨時国会召集の要求も無視した。憲法軽視は目にあまる。
 改憲ありきで数を集めようという首相の姿勢は、危ういと言わざるを得ない。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 社説は、憲法改正に向けた正しい道筋は、「社会的、国際的環境の変化に応じて改正が必要だというのなら、先ずその根拠と改正内容を具体的に示す。そのうえで多数の国会議員や国民が納得できるまで議論を進めて行く。」そんなプロセスをかかせない、と主張している。その主張は、至極もっともだ。
 だが、安倍晋三氏が総裁の自由民主党は、既に憲法改正案を公表しているのであるから、真っ先に、政権党の自民党の憲法改正案について、国民的議論をしなければならないような気がする。
 朝日新聞をはじめマスメデアは、自民党の憲法改正案が、その賛否の如何にかかわらず、国民的議論が盛り上がるようにしていただきたい。
 そして、少なくとも参議院選前には、自民党の憲法改正案に対する、国民的議論を済ませ、後は国民の審判を待つだけ、という状態で投票所に向かう。それなれば、良くも悪くも、参議院選挙で、憲法改正が争点となり、憲法改正が国民的審判を受けたと言えるのだはないか。ぜひとも、参院選はそんな選挙にしたいものだ、と思った。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22775137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-01-14 17:07 | 朝日新聞を読んで | Trackback