憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

公文書管理法 霞が関をもっと透明に

 12月27日付朝日新聞社説に、「霞が関をもっと透明に」との見出しで、公文書管理法のことが載った。
今日はこの社説を学習することにした。
先ず社説は、「政府などの文書管理ルールを定めた公文書管理法の見直しに向け、有識者でつくる内閣府の公文書管理委員会が検討進める。
 2011年に施行されたこの法は、「「霞が関の透明化」に一定の役割を果たしてきた。一方、14年施行の特定秘密保護法によって、政府が秘密だと指定した情報の管理は格段と強まった。情報の保全と公開のバランスをとり戻すためにも、国民の知る権利に資する方向での見直しは不可欠だ。
 公文書管理法は、意思決定に至る過程が検証できるように行政機関に文書作成を義務付け、各省バラバラだった保存や管理のルールを統一した。各省の判断では文書を廃棄できなくなり、歴史的価値のある文書は公開に向け国立公文書館に移すことを定めた。」と教えてくれる。
 つづけて社説は、「ただ、法の趣旨が浸透しているとはとても思えない事例が最近も明るみに出ている。
 内閣法制局は、集団的自衛権の行使を認めた憲法9条の解釈変更までの内部協議の過程を文書に残していなかった。
 原子力規制委員会は12年発足から3年間、作成が義務付けられている文書リストを作っていなかった。
 いずれも「現在および将来の国民に説明する責務が全うされるようにする」との法の目的に反している。
 一方、法制定時から指摘されていた文書管理体制の弱さもあまり改善されていない。
 政府全体で年間200万件以上の文書が保存期間を終えるが、公文書館への移管か廃棄の判断をしているのは内閣府と公文書館20人ほどの職員だ。
 職員は少しずつ増えてはいるが、フランスのように各省に文書管理の専門家が配置されているようなレベルにはない。」と教えてくれる。
 最後に社説は、「こうした現状を受け、日本アーカイブ学会などが公文書管理委に見直すべき点を提言している。
 公文書管理は国民の知る権利や記録遺産形成のためであることを明確化△公文書館の権限強化と組織拡充△専門職員資格制度の構築などだ。
 いずれもうなずける内容だ。
 一朝一夕には実現できないものもあるが、その方向への道筋を明確にすべきだ。
 公文書管理は単なる役所の内部ルールではない。政策がどのように決定され、そう実施されたかを国民が検証できるようにするための取り決めだ。
 来年3月までにまとめられる見直し案が、行政ではなく国民の利益を高める内容となるよう求めたい。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。アメリカで公開された公文書の中から、日本政府のウソが発見されたりすることがある。その時にアメリカの民主主義の素晴らしさを感じてきた。この点は、アメリカに学ぶべきところで、公文書管理法がその基だということを、あらためて教えてもらった。
 また、「公文書管理は単なる役所の内部ルールではない。政策がどのように決定され、どう実施されたかを国民が検証できるようにするための取り決めだ」との社説の指摘は納得。
 そして、それは、当事者の過去の過ちを将来の国民が知り、同じ過ちを繰り返さない戒めとなり、次の発展への礎となることに、歴史的意味があるのだろうと、思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22755629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2016-01-09 10:48 | 朝日新聞を読んで | Trackback