憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

テレビ報道の危機

 12月27日付東京新聞27面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、法政大教授・山口二郎氏だ。今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「テレビ朝日「報道ステーション」のキャスター古舘伊知郎氏が来年3月末で辞めると発表した。
 TBS「NEWS23」のアンカー岸井成格氏も降板すると一部新聞は報じている。テレビニュースが政権に対する監視、批判機能を失っている中で、頼みの綱である二つのニュース番組から看板がいなくなることには、さびしいを通り越して、危機感を覚える。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「古舘氏が12年つづけて疲れたというのはうそではないだろう。しかし、安倍政権によるテレビへの圧力が疲労度を大きくしたこともあるのではないか。岸井氏については、放送法違反の報道を許さないという意見広告で個人攻撃が行われたことに、薄気味悪さを感じていたところである。
 ここでTBSが圧力に屈するならば、あの運動は次の標的を探すだろう。
 古舘氏は退任の弁の中で、純粋の中立はあり得ないと言った。人間はみな自分の興味、関心に沿って物事を見る。ニュースで何を取り上げるかに、製作する側の価値観が反映される。もちろん、事実の歪曲や主観の押し付けは論外である。
その上で、報道の中立、公平とは、個々のキャスターに要求するのではなく、業界全体としてバランスを確保するという意味で使うべき言葉である。」と指摘した。
 最後に筆者は、「たいこ持ちのようなニュース番組が多い今、二人の退場はテレビ報道の公正を損なう結果につながる。」として締めくくった。
 よんで、勉強になった。
 古館氏も岸井氏も、たまに見るが政権批判で「過激感」は全く受けなかった。ごく普通の人が思っていることを、当たり前に発言していると受け取ってきた。久米キャスターの時は、毎日ニュースステーションを見ていたが、古館キャスターになってからは、他チャンネルで見たいものがない時で、暇な時にだけ見てきた。だから、そんな二人が、政権の取り巻く連中から、邪魔者扱いされる「今」に、「薄気味悪さ」を感じた。
 NHKの政府ご用達にニュースは、NHKの会長が変わってから、極力見ないことにしている。ニュースを見ながら政府に見られているようで、気味が悪いから。
 ここは一番、TBSはじめテレビ会社の経営陣に「テレビの生き残り」を賭けた闘いと腹をくくって、踏ん張ってほしい、と思った。でないと、ニュースはユーチューブだと国民総体の関心が移動するような気がしてならない。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22708719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-12-27 07:41 | 東京新聞を読んで | Trackback